nDiki : 2006年01月13日

2006年1月13日 (金)

何はともあれ、「おめでとう」 -- 高橋秀実

先週の R25 の「結論はまた来週」第五十回は、「何はともあれ、『おめでとう』」。

本居宣長の「大口訣」を紹介し、以下のように述べている。

例えば、歌を詠もうと花を見る。通常、人は花を見てまず感動し、その感動を言葉にしようとする。だから行き詰まるのだ。(中略)そこで宣長は、感情より先に言葉を求めよとアドバイスする。感動していなくても「いと面白き」と詠んでしまえ、と。本心ではないかもしれないが、「面白き」と思いたい気持ちは本心だと、半ば無理やり感情を引き出すのである。

さらに次のように続く。

物事に当たってはまず、「それは面白い!」と声に出せばよい。不思議なことだが、そう口にすると本当に面白いか否かは別として、どう面白いのか述べずにはおられらない。「面白い!」という言葉が続く言葉を呼び寄せるのだ。

そうそう。そうなんだ。「悲しいから泣くのではない。泣くから悲しいのだ。*1

すごい会議」でも、まず最初に「うまくいっていること」をそれぞれが言葉にする。 本当にきっかけにすぎない言葉が、その後の全てを支配することがようやく最近わかってきた気がする。

*1ハンス・セリエ。マーフィー名言集より。

スポンサード リンク
[ 1月13日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.045907s / load averages: 0.63, 0.42, 0.46
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker