nDiki

2006年1月21日 (土)

Linux ノート PCiTunes サーバにしてみる

せっかく iTunes で遊んでみているので、次は Debian GNU/Linux sid ノート PCiTunes 用音楽共有サーバにしてみる。

mt-daapd が良さそうだ。

インストール

公式サイトから mt-daapd_0.2.3-1_sarge_i386.deb をダウンロードしてインストール

 dpkg --install mt-daapd_0.2.3-1_sarge_i386.deb

次に /etc/mt-daapd.conf を設定する。設定するところは

  admin_pw   password                <-- 管理者パスワード
  mp3_dir    /home/naney/share/music <-- 音楽ファイルのあるディレクトリ
  servername sebastian               <-- サーバ名

あたり。音楽共有にパスワードをかける場合には password も設定しておく。で、mt-daapd をリスタート。

 /etc/init.d/mt-daapd restart

これで mp3_dir で指定したディレクトリ(とそのサブディレクトリ)にあるファイルが共有される。iTunes 6 で CDから取り込んだ AAC ファイルを放り込む。

iTunes からアクセスしてみる。

同じローカルネットワークにある Windows 上で iTunes 6 を起動。 環境設定の[共有]で[共有されている音楽を検索]にチェックをしておくと、Linux 上のサーバ名がちゃんと表示され、曲リストにアクセス・再生することができた。

素晴しい。

これでノート PC に音楽をつめこんでおける。 あ、HDDの容量がもうあまりないんだっけ。

web

スポンサード リンク
[ 1月21日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.226709s / load averages: 0.30, 0.26, 0.26
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker