nDiki : 2006年01月22日

2006年1月22日 (日)

amaroKLinux 上の iTunes 音楽データを聞く

昨日 mt-daapdLinux BOX を iTunes サーバにしたててみた。 しかしサーバにするだけではつまらない。もちろんそのPCでも再生できるようにしておきたい。

xmms で AAC形式の音楽を再生できることはできるのだが、UTF-8ファイル名のファイルの扱いがよろしくない。xmms-shell から操作すれば日本語も扱えるがあまりにも寂しすぎる。

ということでプレーヤーを物色。

プレーヤーいろいろ

  • amaroK 1.3.8: KDE 系。見た目も格好良いし、機能としては十分。
  • JuK 2.3: KDE 系。KDE 系ということで見た目は良い。しかし、試したところうまく AAC形式ファイルを指定できなかった。
  • Rhythmbox 0.9.2: GNOME 系。AAC形式 OK。日本語タグもきちんと表示する。再生機能はシンプル。
  • gtkpod 0.99.2: AAC 形式 OK。日本語タグもきちんと表示する。再生機能は xmms まかせ。

amaroK スナップショットをビルドする

この中では amaroK が一番気にいった。 しかし残念ながら安定版(1.3.8)ではまだ、AAC形式ファイルの中のタグに対応していないという問題がある。惜しい。

最新のスナップショットでは対応できているとの事なのでビルドしてしまうことにした。

/usr/local/amaroK-svn 以下にインストールすることにする。

 apt-get build-dep amarok
 svn co -N svn://anonsvn.kde.org/home/kde/trunk/extragear/multimedia
 cd multimedia
 svn co svn://anonsvn.kde.org/home/kde/branches/KDE/3.5/kde-common/admin
 svn up amarok
 make -f Makefile.cvs
 ./configure --enable-debug=full --without-akode --prefix=/usr/local/amaroK-svn
 make
 make install

aKode 関連のコードでコンパイルエラーを起こしたので --without-akode でビルド

で、起動

 KDEDIRS=/usr/local/amaroK-svn:/usr \
 PATH=/usr/local/amaroK-svn/bin:$PATH \
 /usr/local/amaroK-svn/bin/amarok

動いた動いた。iTunes 6 for Windows で取り込んだ AAC形式ファイルのタグに含まれている日本語タイトル・アーティスト等もきちんと表示された。 Amazon.co.jp からのカバーの取得もうまくいっている。

自分の環境だとなぜかトレイに入らなくなったが、それ以外は問題なし。 いいね。

追記

トレイに入らないのは amaroK スナップショットのせいではなく、KDE環境が一時的に変になっているせいであった。一旦 KDE 環境を再起動したらきちんとトレイにはいった (2006年2月23日追記)

スポンサード リンク
[ 1月22日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.04578s / load averages: 0.33, 0.29, 0.61
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker