nDiki : 2006年01月中旬

2006年1月11日 (水)

X.Org X server 6.9.0 の ATI ドライバは駄目?

昨日の夜 X が上がらなくなってしまった。 さすがに X が上がらないと、仕事でも困る。

昨年9月に同じPCで/var が壊れたということもあり、HDD関連の問題で関連ファイルが壊れることによる問題であるとしたらかなりマズい。 とりあえずバックアップ

で、Webで情報を漁りながらいろいろと確認。 去年末あたりから sidX.Org X server 関連の deb パッケージが 6.9 系にあがっているのだが、どうもこのバージョンの ATI ドライバで不具合にあたっている人がいるようだ。

使っている ThinkPad X31 (2672-PHJ) は ATI MOBILITY RADEON (AGP 4X) で、まさに ATI ドライバを使っている。 これかな?

とりあえず VESA ドライバにして起動したところ、X が立ち上がった。 ふう。まずはとりあえず一安心。VESA ドライバのままだと遅いのだが、起動しないよりはずっとマシだ。 しばらくはこれで様子見しよう。

ちなみに昨日の dvipdfmx の方は /etc/texmf/dvipdfm/dvipdfmx.cfg に

 f jis-cjk.map

の行を追加して横書きのフォント処理が通るように。 縦書きの方はどうすればいいのかな。

スポンサード リンク
[ 1月11日全て ]

2006年1月12日 (木)

Windows でも Linux でも動くタスク管理ツール Task Coach

仕事をもらさず、先送りせず進めていくには

  1. タスクを書き出して
  2. 実行可能な小アクションに分割

するのがひとつのポイントである。

Palm (To Do / DateBk5 / Progect) であったり、裏紙であったり、方眼ノートであったりに、To Do リストを書き出して終わるとチェックしていく。

Palm を使う場合は繰り返し機能やアラームが使えるが、入力が面倒。電池問題あり。 紙を使うとリストアップが速く、常時表示が可能。しかし階層化書きしていくのが面倒。 それぞれ長所・短所がある。

PC用のツールだとどうだろう。タスクをサブタスクにブレークダウンしていけるもので、WindowsLinux で動くものを探してみた。

rimage:http://www.naney.org/img/2006/screenshot/TaskCoach-2006-01-12-0001-240.png Task Coach が良さそうなので、これを Debian GNU/Linux sidインストールしてみる。

Python 2.4 用 wxPython のインストール

Task Coach 0.54 は Python 2.4.1 以上、および wxWidgets のための wxPython 2.5.5.1-unicode 以上が必要である。 sid の wxPython は Python 2.3 用なので Python 2.4 だとそのままでは使えない。

ということで、まずは Python 2.4 用の wxPython パッケージを作成してインストールするところから。 wxPython2.6-2.6.2.1-1.src.rpm から deb パッケージにする。

一旦 Python 2.4 用の RPMパッケージ

  • wxPython-common-gtk2-unicode-2.6.2.1-1.i386.rpm
  • wxPython2.6-2.6.2.1-1.src.rpm
  • wxPython2.6-devel-gtk2-unicode-2.6.2.1-1.i386.rpm
  • wxPython2.6-gtk2-unicode-2.6.2.1-1.i386.rpm

ビルドし、その後 deb パッケージ

  • wxpython-common-gtk2-unicode_2.6.2.1-2_i386.deb
  • wxpython2.6-devel-gtk2-unicode_2.6.2.1-2_i386.deb
  • wxpython2.6-gtk2-unicode_2.6.2.1-2_i386.deb

に変換してインストールする。

 apt-get install libgtk2.0-dev freeglut3-dev python2.4-dev
 rpmbuild --rebuild --define 'pyver 2.4' wxPython2.6-2.6.2.1-1.src.rpm
 cp /usr/src/rpm/RPMS/i386/wxPython* .
 fakeroot alien *.i386.rpm
 dpkg --purge python-wxtools
 dpkg --insstall *.deb

このままだと共有ライブラリが認識されないので、ld.so.conf を修正。

 echo /usr/lib/wxPython-2.6.2.1-gtk2-unicode/lib > /etc/ld.so.conf
 /sbin/ldconfig

これでいけるかと思ったらなぜかロードできない。なぜ?

確認したらライブラリディレクトリの権限が 700 になっていた。

 chmod 755 /usr/lib/wxPython-2.6.2.1-gtk2-unicode
 chmod 755 /usr/lib/wxPython-2.6.2.1-gtk2-unicode/lib

これでOK。

Task Coachインストール

tarball を展開

 tar zxvf TaskCoach-0.54.tar.gz

以上。

 python2.4 TaskCoach-0.54/taskcoach.py

で実行できる。

Windows へのインストールの場合

TaskCoach-0.54-win32.exe がインストーラなので、実行するだけ。簡単。

使い勝手

基本的な機能はほぼそろっている感じだ。

リスト表示とツリー表示をタブで簡単に切り換えられるのが良い。

「ツリー表示の方でタスクをブレークダウン」していきそれぞれに期日を設定すると、「リスト表示の方で期日順に並べて表示して上から実行」していくことができる。

Task Coach の特徴として、各タスク毎のストップウォッチ機能がある。 これを使うとどのタスクがどれぐらい時間がかかったかを記録しておけるので、今後同じようなタスクを作成するときの時間見積もりに役立てることができる。

手元の環境だと uim との相性が良くないのか、途中で日本語入力ができなくなることがあるのが今のところ問題。その場合は Task Coach を起動しなおすことになる。

それ以外はなかなかいい感じ。

デスクワークはガンガンこれに突っ込んでアクションに分割していき、淡々とこなしてみますか。

これがソニッケアーの威力なのか?

9月の始めに前回の治療を終えてから、約4カ月。

ソニッケアーも使うようになったし、(さすがに毎日はできていないのだが)2日に1回ぐらいのフロスによる掃除も続いている。 朝晩の歯磨き後にはリステリンでのうがいもするようにした。 これでまた虫歯ができていたら、いったいどうしろというのだ?

歯の定期健診

18:30 - 19:05。歯医者

予約の時間から20分ぐらい待った後、新しくできた健診用(?)の部屋へ通される。 完全個室でまるでエステ部屋の様だ(エステにはいったことないが)。 うがいをするには、なんといちいち席を立たなければならないというデザイン重視・機能無視のすばらしい造り。

歯石取りを中心にクリーニング。 10分強ぐらいで終わって「では、次回着色等をきれいにします。」

あれ、肝心の健診の結果はどうよ?

虫歯とかは特にありませんか?」「そうですね」

歯石取りした後ぐるっと見てまわっていたので、一応チェックしていたみたいなんだけれど言うところはきちんと言ってくれないとなぁ。

まあ、何はともあれ虫歯はないということで。 次回のクリーニングで「実はありました」何て言われるかもしれないが、とりあえず一安心。 今回は前回のクリーニングで落ちていなかったところも随分綺麗になった感じだし、ちょっと満足。

オーラルケアは、今のパターンでいいってことかな。

[ 1月12日全て ]

2006年1月13日 (金)

何はともあれ、「おめでとう」 -- 高橋秀実

先週の R25 の「結論はまた来週」第五十回は、「何はともあれ、『おめでとう』」。

本居宣長の「大口訣」を紹介し、以下のように述べている。

例えば、歌を詠もうと花を見る。通常、人は花を見てまず感動し、その感動を言葉にしようとする。だから行き詰まるのだ。(中略)そこで宣長は、感情より先に言葉を求めよとアドバイスする。感動していなくても「いと面白き」と詠んでしまえ、と。本心ではないかもしれないが、「面白き」と思いたい気持ちは本心だと、半ば無理やり感情を引き出すのである。

さらに次のように続く。

物事に当たってはまず、「それは面白い!」と声に出せばよい。不思議なことだが、そう口にすると本当に面白いか否かは別として、どう面白いのか述べずにはおられらない。「面白い!」という言葉が続く言葉を呼び寄せるのだ。

そうそう。そうなんだ。「悲しいから泣くのではない。泣くから悲しいのだ。*1

すごい会議」でも、まず最初に「うまくいっていること」をそれぞれが言葉にする。 本当にきっかけにすぎない言葉が、その後の全てを支配することがようやく最近わかってきた気がする。

*1ハンス・セリエ。マーフィー名言集より。

[ 1月13日全て ]

2006年1月14日 (土)

はじめての iTunes

実家が「iPod が欲しい」と言っているのだが、PCの方が使える状態なのか不明である。 里子に出している DynaBook SS 3440 で使えそうなのかチェックしてみることに。

かくいう自分も iTunes を使うのも初めてだったりする。 iTunes 6 をインストールしてから、リッピングのテスト。

手持ちの東芝製の PC カード接続24倍速 CD-ROM ドライブ(PA2673UJ)で問題なくリッピングできることを確認。 おお、簡単。 特にマニュアル等を読まなくても、適当にボタンを押せばできてしまった。 iTunesインタフェースが良くできているということか。

iPod との接続についてだがこのノート PCUSB 1.1 なんだよね。さすがにこれでは辛いか。 と思ったら IEEE 1394 があったんだっけ。 使った事ないのでちょっと不安だが、これで一応使えるわけだね。

ということで、いけそう判定。

[ 1月14日全て ]

2006年1月15日 (日)

イオン品川シーサイドショッピングセンターは24時間営業ではなくなっていた

遠出をするほどではないけれど、いつもと同じ駅前で買い物を済ますだけではつまらない。 ということで気分を変えて、品川シーサイドフォレストへ行ってみようということになった。

2003年4月27日2003年8月31日、から2年以上ぶり。

りんかい線品川シーサイドで降りて、オーバルガーデンへ出るとミニステージでビンゴ大会をやっていた。 ジャスコにくると「まだまだ子供もいるもんだな」と感じる。

昼下りだったので遅めの昼食をとってから、イオン品川シーサイドショッピングセンターをぶらぶら。 そういえばはオープン当初は24時間営業だったはずだが、今は終夜営業しなくなってしまっていた。 やはり無理があったようだ。

ぐるっとまわったけどめぼしい物や欲しかった物もなく、そのまま退散。

[ 1月15日全て ]

2006年1月16日 (月)

USB HDD 上に ext3 ファイルシステムを作ろうとしたらフリーズ

[HD-H300U2 会社で使っている Linux サーバ (DELL PowerEdge 2600)内のファイルについて、バックアップをとっていないのがずっと不安であった。 なので、まずは外付け HDD を接続して pdumpfsバックアップしておくことにした。

以下の実作業は松下君が行ってくれたもの。

電源内蔵の HDD BUFFALO HD-H300U2 を購入。 比較的人気なのか、市場では品薄の様子。

購入時は FAT32 で1パーティションでフォーマットされている。 なんかいろいろソフトが入っているみたいだけれど、まあ使わないからいいや。 さっそく接続して mkfs.ext3ファイルシステムの作成。

ここでトラブル。

inode table を書き込んでいる途中で進行状況を示す数字のカウントアップがだんだん遅くなっていき最後には止まってしまった。 おかしいなと思っているうちに Linux 自体がフリーズ。 SSHWebも接続できないし、コンソールも反応なし。

一瞬「マズ。もしかして間違えて、システムの入っているパーティション指定しちゃった?」と思ったが、再起動すると問題なく立ち上がって一安心。

うーん。原因はなんだろう。いまだに Red Hat Linux 8.0 で Linux kernel も 2.4.20 のままなんだけれど、そのあたりに何かあるのだろうか。

[ 1月16日全て ]

2006年1月17日 (火)

ワイヤレスモバイルマウスが欲しくなった

ITmedia +D PCUpdate の「モバイルワイヤレスマウス新モデル3製品を試す」を読んでいたら、ノート PC 用のマウスが欲しくなってしまった。

まあ普段は TrackPoint で十分だし逆にキーボードから手を離さなくて済むのにマウスよりよっぽど良いのだが、こういう記事を読むとつい欲しくなってしまうのだ。

会社帰りに実際に触ってきてみた。

Microsoft Wireless Notebook Laser Mouse 6000 Logicool MCO-30SV コードレスミニオプティカルマウス

Microsoft Wireless Notebook Laser Mouse 6000

さすがに Microsoftマウスといった風で、持った感じも自然で良いな。 コンパクトではあるものの、ノート PC と一緒に持ち歩くにはこれでも大きいと感じるかもしれない。

コリコリ感のないこのホイールはどうなんだろう。使ったことがないので何ともいえないが、慣れると以外にいいかもしれないな。

Logicool MCO-30SV コードレスミニオプティカルマウス

機能的にはこちらでも良い。大きさも手頃だが、その分持ちやすさが気になるところ。 いや、実際には持ちやすさはそんなに問題なさそうであるが、見た目がちょっと格好悪いな。

今日は保留

店頭にいったら、そういえば以前「次に買う時はトラックボールにしたいな」と思っていたのを思い出した(その時も何かの記事見たのだが)。 利用シーンを考えてから、もう一度検討することにしよう。

ファイルシステム作成はノート PC でやっておいた

昨日のHDD問題であるが、今日再度試してみたもののやはり途中で止まってしまう。

しょうがないので自分のノート PC 上で ext3 ファイルシステムを作成してからあらためて接続。 マウントは DELL PowerEdge 2600でも問題なくできた。 cron で毎夜実行している pdumpfsバックアップ先を、USB HDD 側に変更しておく。 ちゃんと書き込めているか後で確認。

[ 1月17日全て ]

2006年1月18日 (水)

ベンチャーフェアJAPAN2006

naney:88559856

昨日から3日間東京国際フォーラムベンチャーフェアJAPAN2006が開催されていて、うちも出展。 今日は一日会場担当。

去年秋にあった(別の)展示会にはスケジュールの都合で出れなかった。 年に何度かは、直接いろいろな人の声を聞くことのできるこういう場に出ておかないと。

と思いつつも、集合予定時間に有楽町駅にまだ山手線のホームにいてあわてて会場へ。

今日の展示会ベンチャー企業対象ということで小ブースが沢山集まっているタイプ。 出展者の業種も広めということで来場者の目的も人それぞれなのだろうか、ブースへ寄ってくれる人も少なめ。

今回は出展分野(ブースエリア)のチョイスもちょっとミスった感もあり。 こういうタイプの展示会では、やはり同分野の集っているエリアの方がターゲット来場者が集まりやすいのかもしれないかなと。

しかし、むかいのブースがランプの反射笠の企業で眩しくてしょうがなかったよ。視線のやり場にちょっと困ってしまった。

さっと右に視線をやると、こちらには小型風力発電システムが。 回したくて、回したくてしょうがない。

[ 1月18日全て ]

2006年1月19日 (木)

DVD ミカンせいじんチルドレン

昼休みにお弁当を買いにセブン-イレブンへ。入店時にレジ奥の棚にブツがある事を確認。 会計の時にレジの奥を指さして

 「あのミカンせいじんのDVDください」

前作「ミカンせいじん学習帳」に続いて、1月17日に発売になったにDVDミカンせいじんチルドレン」を購入。

今回の「ミカンせいじんの30秒学習」のテーマはコレ。

  • インターネット
  • 終戦記念日
  • ウォーターゲート事件
  • 自民党
  • マンモスの絶滅
  • リニアモーターカー
  • PEA
  • ミュージカル
  • 東京オリンピック
  • 茶の湯
  • ロハス
  • ジェンダーフリー
  • 帰宅困難者
  • ネット証券
  • ボジョレー・ヌーボー
  • IQ
  • 標準語
  • 占星術

話題のキーワードもりだくさん。 今回は齋藤孝氏は登場せず。

[ 1月19日全て ]

2006年1月20日 (金)

今回の定期健診は虫歯無し

18:30 - 18:50 歯医者

歯の定期健診の2度目。15分ほどかけて、着色汚れ落としのクリーニング。 最初は機械で磨いた後、落ちなかったところを「超音波(を出す機械)」で。 歯石取りの時と同様結構ツンツンつっつかれる感じ。

「機械が届かないところの着色汚れが落ちませんでした」とのこと。 ちょっと残念だけれど、今回は随分綺麗になった。満足満足。

今日の診断でも虫歯無しとのこと。良かった良かった。 オーラルケアの励みになりますな。

次回健診は5月。

iPod 用に USB 2.0 インタフェース PC カード購入

rimage:ASIN:B0009I4QRG が一昨日 iPod を買ったらしい。MA002J/A。

えーと確認してみると。ふむふむ。第5世代のやつね。 え? これって FireWire で接続できないの? USBのみ? DynaBook SS 3440 では FireWire (IEEE 1394)でつなごうと思ってたのに。 さすがに USB 1.1 だと辛いだろうし。どうするか。

そういえば USB 2.0 インタフェース PC カードっていう手があったか。 値段的にも許せる範囲。

ということで、アイ・オー・データ機器の「USB 2.0/1.1 インターフェイスPCカード CBUS2」を購入。

DynaBook SS 3440PC カードスロットが2基あるのだが iPod を使うとなると

を取っ替え引っ替えする必要があるがいたしかたない。さらに投資して CD-ROM ドライブUSB 接続のものに換えるという手もなくはないが、ちょこちょこ買って気がつくと新しいノート PC を買った方が実は良かったなんて結果になるのも馬鹿らしいので要注意だ。


[ 製品レポート ]

完成度まだまだの GanttProject

年度末に向けて複数のプロジェクトが立て込んでくる。 あらためてチーム内での分担を整理して、無理のない計画を立てておきたい(作業量が多いのでどう割り振っても無理が出そうではあるが)。

ということで、久しぶりに GanttProject で線表を引いてみることにした。 最新の GanttProject 2.0-pre3 を試してみる。

以前のバージョンに比べて使い勝手は良くなったものの、スクロール操作などはやはりどうも違和感がある。

それと、やはりまだ印刷機能が弱いな。 印刷がうまくできないと役立ち度がかなり低い。

[ 1月20日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.043644s / load averages: 0.10, 0.24, 0.29
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker