nDiki : 2006年01月下旬

2006年1月21日 (土)

Linux ノート PCiTunes サーバにしてみる

せっかく iTunes で遊んでみているので、次は Debian GNU/Linux sid ノート PCiTunes 用音楽共有サーバにしてみる。

mt-daapd が良さそうだ。

インストール

公式サイトから mt-daapd_0.2.3-1_sarge_i386.deb をダウンロードしてインストール

 dpkg --install mt-daapd_0.2.3-1_sarge_i386.deb

次に /etc/mt-daapd.conf を設定する。設定するところは

  admin_pw   password                <-- 管理者パスワード
  mp3_dir    /home/naney/share/music <-- 音楽ファイルのあるディレクトリ
  servername sebastian               <-- サーバ名

あたり。音楽共有にパスワードをかける場合には password も設定しておく。で、mt-daapd をリスタート。

 /etc/init.d/mt-daapd restart

これで mp3_dir で指定したディレクトリ(とそのサブディレクトリ)にあるファイルが共有される。iTunes 6 で CDから取り込んだ AAC ファイルを放り込む。

iTunes からアクセスしてみる。

同じローカルネットワークにある Windows 上で iTunes 6 を起動。 環境設定の[共有]で[共有されている音楽を検索]にチェックをしておくと、Linux 上のサーバ名がちゃんと表示され、曲リストにアクセス・再生することができた。

素晴しい。

これでノート PC に音楽をつめこんでおける。 あ、HDDの容量がもうあまりないんだっけ。

web

スポンサード リンク

SVG ドローツール Inkscape 0.43

InkscapeSodipodi からフォークしたドローツールである。 ロジック的な作図については最近もっぱら JUDE/Community を使っているが、やはりフリーハンドなドローツールも1つ使えるようにしておきたい。

以前少し使ってみた Sodipodi よりは使い勝手が良い感じ。 今度はこれを使ってみようかな。

やっぱりマウスが欲しくなってきた。

東京にもが積もりました

naney:89580309

朝、カーテンを開けると一面を白くした公園にが降り続けていた。

予想より早い時間に降。思ったより積もったようだ。 心ウキウキ。公園では子供らがさっそく泥だらけのだるまを作っている。

カメラを持っていろいろ散歩したいという思いとは裏腹に、なんというか面倒臭さというかそういう気持ちもあってなんかモヤモヤ。

昼過ぎに買い物がてら駅前へ出て、マウカメドウズのクラムチャウダーで温まってほんわか幸せ気分。

naney:89580329 naney:89580323 naney:89580530

[ 1月21日全て ]

2006年1月22日 (日)

amaroKLinux 上の iTunes 音楽データを聞く

昨日 mt-daapdLinux BOX を iTunes サーバにしたててみた。 しかしサーバにするだけではつまらない。もちろんそのPCでも再生できるようにしておきたい。

xmms で AAC形式の音楽を再生できることはできるのだが、UTF-8ファイル名のファイルの扱いがよろしくない。xmms-shell から操作すれば日本語も扱えるがあまりにも寂しすぎる。

ということでプレーヤーを物色。

プレーヤーいろいろ

  • amaroK 1.3.8: KDE 系。見た目も格好良いし、機能としては十分。
  • JuK 2.3: KDE 系。KDE 系ということで見た目は良い。しかし、試したところうまく AAC形式ファイルを指定できなかった。
  • Rhythmbox 0.9.2: GNOME 系。AAC形式 OK。日本語タグもきちんと表示する。再生機能はシンプル。
  • gtkpod 0.99.2: AAC 形式 OK。日本語タグもきちんと表示する。再生機能は xmms まかせ。

amaroK スナップショットをビルドする

この中では amaroK が一番気にいった。 しかし残念ながら安定版(1.3.8)ではまだ、AAC形式ファイルの中のタグに対応していないという問題がある。惜しい。

最新のスナップショットでは対応できているとの事なのでビルドしてしまうことにした。

/usr/local/amaroK-svn 以下にインストールすることにする。

 apt-get build-dep amarok
 svn co -N svn://anonsvn.kde.org/home/kde/trunk/extragear/multimedia
 cd multimedia
 svn co svn://anonsvn.kde.org/home/kde/branches/KDE/3.5/kde-common/admin
 svn up amarok
 make -f Makefile.cvs
 ./configure --enable-debug=full --without-akode --prefix=/usr/local/amaroK-svn
 make
 make install

aKode 関連のコードでコンパイルエラーを起こしたので --without-akode でビルド

で、起動

 KDEDIRS=/usr/local/amaroK-svn:/usr \
 PATH=/usr/local/amaroK-svn/bin:$PATH \
 /usr/local/amaroK-svn/bin/amarok

動いた動いた。iTunes 6 for Windows で取り込んだ AAC形式ファイルのタグに含まれている日本語タイトル・アーティスト等もきちんと表示された。 Amazon.co.jp からのカバーの取得もうまくいっている。

自分の環境だとなぜかトレイに入らなくなったが、それ以外は問題なし。 いいね。

追記

トレイに入らないのは amaroK スナップショットのせいではなく、KDE環境が一時的に変になっているせいであった。一旦 KDE 環境を再起動したらきちんとトレイにはいった (2006年2月23日追記)

[ 1月22日全て ]

2006年1月23日 (月)

ゼリーの思い出

ゼリーってやっぱり、食後のデザートでしょ?

学校給食の献立でたワインゼリー(グレープゼリーかな?)。 もちろん楽しみに、最後にとっておいた。

スプーンをのばしたら液だった。

私の席は窓際だった。

[ 1月23日全て ]

2006年1月24日 (火)

網棚からハゲ頭へ

目の前で何かが落ちてハゲ頭に当たった。 それはカチャカチャと音を立てなから消えた。

また何か落ちてハゲ頭に落ちた。 何だろ? 見上げると網棚の上に、自分の NEW MEGALOPOLIS があった。

今日はミーティングの帰りで、銀座線だ。 幅の狭い車内なのですぐに棚に荷物を上げた。 どうやら、チャックが開けっぱなしだったらしい。

慌てて手をのばすと、また何か落ちた。もうほとんど内容物はポケットから出て落ちかけていたところのようだっらしく、止めようとすればするほど落ちる。

結局全部落ちきってから、拾うことになってしまった。

座席の人には、それはもう平謝り。 すみませんでした。

ポケットに入っていたのはコレ。

当たり方によっては結構痛かったハズ。 反省。

[ 1月24日全て ]

2006年1月25日 (水)

USBからアクティブスピーカー用の電源を取る

naney:91403913

ノート PC に小型のアクティブスピーカーをつなげるにあたって、ネックなのが電源ケーブルである。 長々とコンセントから電源ケーブルをひっぱってくるのは嫌。

USB スピーカーならば USB バスパワーで動くのだし、実際 USB からパワーを取れるアクティブスピーカーもいくつかあるようだ (例えば Creative のポータブルスピーカーだと、TravelSound Notebook 500 (TSN500) がある)。

しかし今回購入することにした Creative TravelSound 200 (TS200) は残念ながら電池またはAC アダプタ用である。

ということで別途 USB電源ケーブルを調達することにした。

探せば安いものもあるのだろうけれど回る時間もなさそうなのでヨドバシカメラで、Arvel の USBパワーケーブル 巻取式 PWC101 を購入。 最初は同社の USBパワーケーブル PWC-100にしようと思って出掛けたのだが、巻取式の方が目についたのでこちらを。

ケーブルは細めで頼りなさそげだが、コンパクトなのでよしとする。

TravelSound 200には DC プラグが キツくて挿さらずちょっとガッカリ。 微妙に径が違うっぽい。

無理やりゆっくり押し込んだら一応挿さって、とりあえず電源供給をできることを確認。


[ 製品レポート ]

ThinkPad X31用外付けスピーカー Creative TravelSound 200 TS200-W

naney:91403926

Linux での音楽再生ソフトウェア環境の整備をここしばらくしてきていたのだが、ある程度落ち着いてきた。 次はコンテンツの充実ということで古いCDなどを出してきて、少しずつ取り込んでみている。

で取り込んだら聞いてみるわけだが、International Business Machines な PC ThinkPad X31 だと内蔵スピーカーは底面にありしかもモノラルなのでちょっと悲しい。 ということで今度はほんの少しばかりスピーカーまわりを改善したくなった。

コンポへつないで再生するのが一番良いのだがその場合はワイヤレスにしたい。 そうすると、

あたりが選択肢にあるかと思うが、Linux からの利用できるかどうかが不明だったり、予算オーバーだったり、音質が期待できなさそうだったりでどれもイマイチ。

となると USB オーディオクラスUSB スピーカーか、普通にアクティブスピーカーか。

  • 左右のスピーカーが1つの筐体に入っていること。テーブルトップで使うのに左右間のケーブルなどでごちゃごちゃするのが嫌だから。
  • そのクラスで、そこそこの音質であること。
  • 電源を USB ポートから取れること。

という条件で探してみた。 評判を見てまわったところ Creative の TravelSound 200 が予算の範囲では一番良さそうだ。 電源については、別途 USB パワーケーブルを買うことでクリア。

ファーストインプレッション

電源については Arvel の USBパワーケーブル 巻取式 PWC101 で試したところ、微妙に径が違うらしく DC プラグがかなりキツいという問題はあるものの、容量的にはまず問題なさそうでスピーカーを鳴らすことができた。

最初に接続して、amaroK から再生した時は、期待していた以上にハッとする音を聞かせてくれたので驚いた。 しばらく聞き続けてくるとやはり物足りなさが出てくるが、このクラスでこの大きさを考えるとなかなかいいんじゃないかと思う。


[ 製品レポート ]

[ 1月25日全て ]

2006年1月26日 (木)

amaroK のプレイリストを mt-daapd で共有する

amaroK のコレクション用ディレクトリと mt-daapd での音楽データディレクトリを同一にしている。

この状態でプレイリスト (.m3u) を作成し同じくこのディレクトリに保存すると、mt-daapd で問題なく公開できた。 ファイル名日本語にしておけば、プレイリスト名もきちんと日本語になる。

mt-daapdmt-daapd.playlist による動的なプレイリストも、設定ファイルを UTF-8 で書いておけば日本語のプレイリスト名も問題ないようである。

[ 1月26日全て ]

2006年1月27日 (金)

Creative TravelSound シリーズの DC ジャック

一昨日 Creative のポータブルアクティブスピーカー TravelSound 200用に、Arvel の USBパワーケーブル 巻取式 PWC101 を合わせて購入したのだが、どうも DC プラグの形状が合わない。

PW101 は EIAJ 規格準拠をうたっているので、それを信じるとすると外径 4.0mm、内径 1.7mm のはず。 TravelSound シリーズのジャックはそれより小さいことになる。

ということで千石電商へ行って、K&N の電源供給ケーブル DC-3413A を購入。 外径 3.4mm、内径 1.3mm。300円。

これを使うとすんなり入った。気持ちゆるい気もするがほとんど問題なし。外径 3.5mm、内径 1.3mm の DC-3513 でもよかったのかもしれない。

何はともあれ、これで USB からの電源供給はクリア。 これで気がねなく TravelSound 200を使い倒せる。


[ 製品レポート ]

[ 1月27日全て ]

2006年1月28日 (土)

[ 映画鑑賞 ] プルーフ・オブ・マイ・ライフ (Proof)

rimage:ISBN:4812425204

久しぶりにお台場にあるシネマ メディアージュ映画を観にいってきた。 夕方に先に軽く食事を済ます。富士山が綺麗。

プルーフ・オブ・マイ・ライフ

イカれた数学者と、その娘のイカれた数学者と、その恋人(?)のマジメな数学者のお話。 「実際のところ、誰が天才よ」という核心の部分がうまくジラされていて、結構魅き込まれる。

ウィネス・パルトロウ演じる娘数学者が壊れかかっていて、観ているこちらもも何とも言えない気分になってしまう。 ボケ介護って大変なのね。

惜しいのは「証明される理論」や「数学者がイカれた原因」がモヤっとしか描かれていない点。下手に具体的に説明してしまうと突っ込みどころになってしまうというのは分からなくはない。 しかし、漠然としすぎていてリアリティが失われてしまっている。 少し残念

[ 1月28日全て ]

2006年1月29日 (日)

Last.fm に登録してみる

Last.fm は利用者の音楽プロファイル(好み)をもとに、お薦めの曲をインターネットラジオその他の形式で紹介してくれるというサービスらしい。

様々なミュージックプレーヤー用のプラグインが提供されており、これを利用すること自分が再生したトラックの情報をサーバへ submit していってくれる。 これにより、どんどん自分の好みを設定していけるようになっている。

amaroK にはビルトインでこの機能が実装されている。 設定で Last.fm でのユーザ名とパスワードを入力し、この機能を使うように設定しておくことで再生した曲情報をサーバへ送るようにできる。

面白そうなので早速ユーザ登録し、設定してみた。

で、再生、再生。また再生。

……あれ、Last.fm の自分のユーザページを見ても Recent Tracks は「No recently played tracks to display.」のままだ。

うーん。amaroK の debug 出力をみたり、接続を Proxy 経由にしてそのログで通信状況をチェックしたりしてみたりした範囲では、通信はしているようなのだが。

ちょっと様子見。

[ 1月29日全て ]

2006年1月30日 (月)

東京湾岸でハエ大発生

と話をしていて、以前東京湾岸でハエが大発生したことを思い出した。

Web で調べてみた範囲では 1989年9月頃だったようだが、ほとんど情報が出ていないようだ。 学生時代に PRONTO でバイトをしていた頃で、確かにそのころだったかと。

結構難儀した覚えがあるのだが、もう皆忘れちゃったのかな。

[ 1月30日全て ]

2006年1月31日 (火)

[ 花粉症 ] 花粉アレルギー対策に診療所

今年1度目の通院。出社する前に寄っておく。今年は去年より遅めの出出し。

院長は休診という張り紙が貼ってあったせいか、いつもより混雑していた。 問診2、3分のためにトータル1時間。

今日は女の先生。

まずは去年と同じクラリチン1日1錠でスタートすることに。目も今までと同じ炎症をおさえるのみのアズレン点眼薬で。駄目ならホルモン入りなどにかえるとのこと。

今日のお:

去年の説明同様、眠くならないクラリチンは朝または夜のどちらでも良いということで。

いよいよ花粉の季節ですな。 喉元過ぎればなんとやらで、去年の辛かった思いはもうぼんやりとした記憶でしかないが、今年は少しは楽なのかな?

音楽再生にあわせて処理をする amaroK スクリプトを書いてみる

amaroK で聞いた音楽の情報を Last.fm に送って、最近聞いた曲を表示させてみたりアーティスト毎の集計を見てみたりしようと思っていたのだが、どうもこの機能がうまく動かない。

しょうがないので、自前でスクリプトを書いて遊んでみることにした。

書き方

amaroK のスクリプトマネージャから、スクリプトをインストールし実行するとそのスクリプトが実行される。 イベントが発生する度に amaroK からスクリプトの標準入力にイベントの内容をあらわす文字列を送られてくるので、スクリプト側では標準入力を行単位で待ち受けて処理をしていけばよい。

amaroK が終了する際やスクリプトを停止した場合には SIGTERM が送られてくるので、これをキャッチして終了処理を行うようにしておく。 データの保存などの必要がなければ、特に何もする必要無し。

簡単。

http://docs.kde.org/...

スクリプトをインストールするには、一旦 .amarokscript.tar か .amarokscript.tar.bz2 にまとめおく必要がある。 スクリプトマネージャからこのファイルをインストールすると、~/.kde/share/apps/amarok/scripts/ 以下にインストールされて使えるようになる。

自分でいろいろ試す分には一旦形式的にインストールした後、直接このディレクトリの中のファイルを編集してスクリプトを改良していくのが手っ取り早い。

ただしスクリプトの編集をした後は、もちろんスクリプトマネージャでスクリプトを起動しなおす必要がある。 自分の場合はこれも面倒なので、(今回対象としたい)trackChange イベントがきたら特定のディレクトリの下のスクリプトを run-parts で走らせる最低限の amaroK スクリプトを作ってインストールしておき、あとは run-parts で実行されるスクリプトをいじって遊ぶことにした。 これだと毎回 run-parts が呼ばれて非効率は良いが、スクリプトをトライアンドエラーするには楽チンだ。

スクリプトから情報の取得

基本的な情報は DCOP インタフェースで取得できる。例えば amaroK で曲を再生中に

 dcop amarok player title

のように dcop コマンドを実行するとタイトルを出力させることができる。 dcop で様々な情報を取得したり、また再生・停止などの操作をしたりすることが可能。

再生履歴を取得するプログラムを書いてみた

実行するたびに dcop を使って amaroK から再生中の曲情報を取得し、最後の10曲に関する情報を Storable でファイルに書き込んでおくスクリプトを作成。 あわせて、カバー画像amaroK からもらって PerlMagick で縮小して保存しておくようにした。

これであとは Web サーバを更新するようにすれば、最近聞いた曲を Web サイトに表示できるようになるはず。

[ 1月31日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.046406s / load averages: 0.61, 0.49, 0.43
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker