nDiki

2006年3月8日 (水)

Mule-UCS の設定

reStructuredText では表を作る時は文字数で桁揃えして、表セルを表現していく。 ASCII 文字などフォント幅がいわゆる半角幅であるものだけならば、良いのだが全角幅の文字がある場合はちょっと厄介である。

文字数的には1文字なのだが、テキストファイル上では2文字分の幅を取るので見た目上桁が揃わなくなってしまう。 というかそれを忘れて桁を揃えておくと、パーサに怒られる。

このためにパッチがあったり、Docutil 0.4 ではこの対策がほどこされたりしている(不完全であるが)。

さらに厄介なのが Unicode 変換がからむところで、 Emacs + Mule-UCS ではいくつかの(いわゆる)全角文字は UTF-8 で保存すると違う文字に変換されてしまい、これまた Docutils のパーサに、桁があっていないと怒られることになる。

できるだけ全角文字はそのままにしておくということで、以下の設定を追加しておいた。

 (require 'un-define)
 (un-define-change-charset-order
  (append '(ascii japanese-jisx0208)
          unicode-basic-translation-charset-order-list))

またバックスラシュと円記号の方も混乱が少ないように

 (require 'un-supple)
 (un-supple-enable 'windows)

を追加してく。

スポンサード リンク
[ 3月8日全て ]

About Me

Naney Naney

Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

About nDiki

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

#nNote タグがついている記事は他の記事に比べて、より断片的・未整理・不完全なちょっとしたノートです。まだ結論に至っていない考えなども含まれます。頻繁/大幅に更新したり削除したりすることがあります。

※本サイトの内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

Other Notes

ナレッジベースアプリケーション Obsidian で書いているノートの一部を notes.naney.org で 公開しています。

月別インデックス
Process Time: 0.116019s / load averages: 0.39, 0.34, 0.32
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker