nDiki : 2006年03月08日

2006年3月8日 (水)

Mule-UCS の設定

reStructuredText では表を作る時は文字数で桁揃えして、表セルを表現していく。 ASCII 文字などフォント幅がいわゆる半角幅であるものだけならば、良いのだが全角幅の文字がある場合はちょっと厄介である。

文字数的には1文字なのだが、テキストファイル上では2文字分の幅を取るので見た目上桁が揃わなくなってしまう。 というかそれを忘れて桁を揃えておくと、パーサに怒られる。

このためにパッチがあったり、Docutil 0.4 ではこの対策がほどこされたりしている(不完全であるが)。

さらに厄介なのが Unicode 変換がからむところで、 Emacs + Mule-UCS ではいくつかの(いわゆる)全角文字は UTF-8 で保存すると違う文字に変換されてしまい、これまた Docutils のパーサに、桁があっていないと怒られることになる。

できるだけ全角文字はそのままにしておくということで、以下の設定を追加しておいた。

 (require 'un-define)
 (un-define-change-charset-order
  (append '(ascii japanese-jisx0208)
          unicode-basic-translation-charset-order-list))

またバックスラシュと円記号の方も混乱が少ないように

 (require 'un-supple)
 (un-supple-enable 'windows)

を追加してく。

スポンサード リンク

DHCPIP アドレスを割り当てられているノート PCWindows BOX からいろいろな名前でアクセスする

Debian GNU/Linux ノート PC 上で動かしているフレッシュリーダーWindows BOX からアクセスできるようにしたい。

しかしそのノート PCDHCPIP アドレスを割り当てているので Windowshosts ファイルに書くのも毎回書き換えが必要で面倒。 DNS がどうのこうのという大袈裟なこともしたくない。

何かいい手はないかなと考えていたら、nmbd の事を思い出した。 もともと Windows だと NetBIOS 名で URL のホストを解決できているので、これを使う手がある。

今回は Apache の名前ベースのバーチャルホスト 'freshreader' に置いてあるフレッシュリーダーに、Windows BOX からアクセスしたいので、 Samba の 'netbios aliases' 設定を使用する。 smb.conf で 'netbios aliases' としてバーチャルホストと同じ名前の指定しておいてあげれば OK。

フレッシュリーダーブロガーライセンス取得

申請していたフレッシュリーダーのラインスが発行された。

3日前から使い始めているのだがなかなかいい調子。 なので、会社にいる時に昼休みなど Windows BOX 上の Firefox からもアクセスできるように Apache の設定を修正しておく(ローカルホストから以外の時には、Basic 認証を必要とするように設定)。 サーバ型なのでこういう使い方をするには便利。

にんにく?

naney:110250537

社長コレクションより。絵とおそろいのオブジェが出てきた。 かぼちゃらしいが、どうみてもニンニクだ。

[ 3月8日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.058315s / load averages: 1.04, 0.71, 0.61
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker