nDiki

2006年4月23日 (日)

Perl プリティプリンタの定番 perltidy

一昨日は時間がなかったので、Perl プログラムの色付きプリントアウト作成に Emacs の htmlize.el を使用したのだが、残念ながらこれだと Emacs を使っていない人には薦めることができない。

ということで調べたところどうやら perltidy が定番の様子。 Perl Best Practices でも紹介されているらしい。

HTML テキスト出力

ソースコードをハイライトして行番号付きの HTML テキストを生成する場合は

 perltidy -html -nnn --nohtml-entities source.pl

とする。

Emacs からの perltidy の呼び出し

perltidy の真価はソースのリフォーマットにある。 これを使用するとソースコードを統一のとれたスタイルに整えることができる。

Emacs からはリージョン選択して

 M-1 M-| perltidy

するか、http://www.emacswiki.org/.../CPerlMode で紹介されている

 (defun perltidy-region ()
   "Run perltidy on the current region."
   (interactive)
   (save-excursion
     (shell-command-on-region (point) (mark) "perltidy -q" nil t)))
 (defun perltidy-defun ()
   "Run perltidy on the current defun."
   (interactive)
   (save-excursion (mark-defun)
                   (perltidy-region)))

を .emacs などに書いておいて M-x perltidy-region することで整形することができる。

今までは CPerl mode 頼りだったけれど、これからはリポジトリにコミットする前に perltidy を通すようにしようかな。

まずは自分好みにあわせた、.perltidyrc を作成せねば。

スポンサード リンク
[ 4月23日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.147992s / load averages: 0.21, 0.39, 0.43
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker