nDiki : 2006年05月上旬

2006年5月1日 (月)

つつじ咲く根津神社と谷根千散歩

naney:139049431

いま根津神社で「文京つつじまつり」が開催されているという情報をがキャッチ。 以前から「行きたいね」という話をしていた谷中とあわせて、このゴールデンウィークにぶらぶらしにいくことにした。

今日は予報通りぐんぐん気温が上がって、汗ばむ陽気。 一度家を出たのだけれどあまりに暑いので、出直して半袖シャツに着替えて再出発。

日暮里

今回は昨日 Web で下調べをした情報をもとに、日暮里スタート。 日暮里の改札をくぐったのは初めてだ。

北口改札抜けて西口を出ると、本行寺のそばに出る。 さっそく道路沿いへ先に進むと、奥の方から賑やかそうな雰囲気がどことなく伝わってきた。

途中で左に折れて朝倉彫塑館の方へ進むつもりだったが、そのままひかれて直進。

谷中銀座商店街

日暮里駅から真っ直ぐ続く道を進むと、そのまま階段になる。 ここが「夕焼けだんだん」。

なんだか礼儀の無さそうな男がデジタル一眼レフを持って写真を撮っていた。 餌を撒いて猫寄せしたり、階段下に止まっている車に向かって大きな声で「その車いつまでかかるんですかぁ?」と何度も怒鳴ったり。 同じくカメラを下げているのが何か居心地が悪くなるような、ちょっと嫌な感じ。

気を取り直して、谷中銀座商店街へ。 惣菜屋が多く立ち並ぶ。 テレビでよく紹介されていそうな(実際「テレビで紹介されました」と貼ってあるのだけれども)揚げ物屋にはそれぞれちょっとした行列ができていた。 近所にこういう惣菜屋があると嬉しいんだけれどなぁ。

ミスタードナッツ 千駄木ショップ

谷中銀座商店街を進んで突き当たりが「よみせ通り」。 昼食場所を探しながら、ちょっと北の方へ進んでは戻って三崎まで、てくてく。

結局よみせ通りにはめぼしいお店がなかったので不忍通りへ出ることにした。 そこは千代田線千駄木駅。 交差点のところに、ちょうどミスタードーナッツを発見。 4月下旬に「そういえば最近ミスドに行ってないなぁ。今度食べたいね。」と言っていたところだったので、ここまできてナンではあるがここで昼食。

あかぢ

naney:139049474

その後は再び三崎方面へ。途中いせ辰に寄り、風呂敷を買う。 さらに、を上ると右手には立派な建物の谷中小学校。 その先の小路に入り、閑静な住宅街を進むと「あかぢ」上に出る。 近くの大名時計博物館をちらりとのぞき(犬にワンワン吠えられた)、あかぢを下る。

そのまま藍染通り抜けて、再び不忍通りまでくると人が賑わう交差点

ここから先へ進むと根津神社。

根津神社

境内はつつじ見物にやってきた観光客で大賑わい。 つつじは既にピークを過ぎていた感じではあるが、遅咲きの花が大輪を開いていた。

ぐるりと回ったあと、思わず出店で缶ビールをゴクリ。

夏目漱石旧居跡記念碑

入ってきたところとは逆の入口から根津神社を出る。 日本医科大学の前を進み、次の道を入って少し行くと夏目漱石旧居跡。 記念碑があるだけではあるが、ここに「猫の家」があったのかと妙に感心。 「我輩は猫である」は最初の方しか読んだことがないのだけれども。

根津

このあと一回りして日暮里に戻るコースを最初は考えていたのだけれど、暑いなか結構歩いたし今日はこのへんでリタイアしようかということで、根津駅で千代田線に。

今日の谷根千散歩はこれにて終了。

まだまだ見どころはありそうだし、また足を運んでみたい。

スポンサード リンク

いせ辰の風呂敷

naney:139049510

最近は IKEA が船橋に上陸するなど欧米スタイルが人気だ。 そんななかもっと和を重視したい(というのは無理矢理なこじつけ的ありがちイントロ)。

いや特に和洋のこだわりはなくて、バッグIKEA と同じスウェーデンBOBLBE-E を使っていたりするわけである。

そんな中、いろいろな使い方ができて便利だという風呂敷にも以前からちょっと興味を持っていた。 まぁ四角い布なだけであるから「いかようにも使えるよ」というだけの事だったりもするわけだが、そういうの結構好きである。

このゴールデンウィークに1枚買ってみようと思っていたところ、ちょうど谷中のいせ辰で良いデザインのものを発見。 90cm 四方のものを購入してみた。

早速包み方を覚えたい。 たたんでおけば嵩張らないので、荷物が急に増えた時に備えてバッグの中に忍ばせておくのにもよさそうだ。

リラックマトートバッグ

naney:139049526

今年はヤマザキ春のパンまつりだけではなく、ローソンリラックマトートバッグプレゼントのシールも集めてみた。 会社の近くにはローソンがないので、だらだらとシール集め。

有給休暇 - ゴールデンウィーク連結

今年3回目。

(計算が当っていれば)残24日 (去年分10日 + 今年分14日)。

今日と明日は有給休暇をとって、ゴールデンウィーク9連休化。

[ 5月1日全て ]

2006年5月2日 (火)

イッパイイッパイになりながら結婚式に必要なアイテムを調達

昨年義兄がめでたく結婚され、今月中旬に結婚式披露宴が行われる。 参列にあたり、そろそろ着る物を揃えておかなければならない。

ベースはどうしようかと思ったが、結局今回はブラックスーツにすることにした。 ちょっと面白みがないしどうかとも思うが、親類としての出席だしよしとしよう。

シャツ・タイ・チーフは適当なものが無いので、こちらは追加投資。 スーツ自体もともとあまり着ないものだから、こういう買い物は勝手がわからなくてオドオドものである。

昨日とは打って変って雨が降ったり止んだりするなか、買い物へ出発。 シャツは量販店でオーソドックスな白のものを。

お次はタイ。 量販店だと「いかにも」というものばかりで、陰鬱な気分になる。 結局丸井で、シルバーグレーの結び下げをチョイス。チーフもセットで。

そうそう、スーツ用のベルトもボロボロだったんだ。 今使っているのは、学生時代にディスカウントショップで買った嘘臭いやつ。 たまに TC-1 とかを腰につけたりしたりしたもんだから、その部分とか擦れてしまって白くなってしまっている。なんで白? 合皮? まさか紙?

いや、そもそもそれ以前に悲しいかなお腹が出てきて長さが足りなくなってきているのであった。

ということで、エイヤと今回合わせて調達。もちろん(って普通に選べばになるでしょ)。

これで着るものは OK。 ふう。これで気が楽になった。 ゴールデンウィークの後半を楽しく過ごせそうだ。

やっと Suica電子マネー対応カードに交換

naney:139049548

「まあ必要もないし」ということで、ずっと買い物には使えない旧型の Suica 定期券を使っていたのだが、今日は緑の窓口に行く用事があったので、ついでに交換してもらった。

お金に困ったらこれを使おう。

有給休暇 - ゴールデンウィーク中の2日の平日の後の方。

今年4回目。

(計算が当っていれば)残23日 (去年分9日 + 今年分14日)。

今年のゴールデンウィークはこの間の年末年始の休みより長い。 素晴しい。

[ 5月2日全て ]

2006年5月3日 (水)

イ・ビョンホン in TOKYO DOME

naney:139780397

3月下旬にがうちにきてファンクラブ入会手続きとファンイベント申し込みをしていったのだが、どうやらめでたくチケットを2枚入手できたらしい。

しかし結局一緒に行く相手がみつからなかったということで、が一緒に観にいくことになった。 私も冷やかしがてら、会場入口まで見にいくことにした。

会場は東京ドーム三田線水道橋に向かったのだが、すでに電車の中にはそれらしいオバチャンがちらほら。 思ったとおり、水道橋で一緒に下車。

naney:139780474 naney:139780744 naney:139780509 naney:139780549 naney:139780632

Lee Byung Hun in TOKYO DOME

naney:139780602

東京ドームについてまず驚いたのが、場外グッズ売場の行列。 テントの前に大行列ができていた。 この手のイベント/コンサートには来たことがなかったのでビックリである。

イ・ビョンホンのシャツを着た人なども何人かいたけれども、それ以外はまあ普通の格好の中高年女性が中心だ。 みんなお行儀が良いので、近くにいても特に恐怖心とかおきない。

開場の時間になったので(結局遅れての開場になったそうだが)、自分は二人とわかれて写真散歩に出発。 しかしなんだろう、この名残惜しさは? わくわく感をもって集ってきている人たちから、ひとり抜けだす寂しさなのか。 もちろん直接俳優には興味はないのだけれども。

さてイベントであるが、

「俳優のイベントって何やるんだろうねぇ? すごい短いんじゃない? もしかして、過去の作品の名場面集とか1時間見させられたりするんじゃない?」

なんて冗談で言っていたんだけれど(いやしかし半分本気でそう予想していたり)、実際のところトークありチェ・ジウがトークに参加したり、Zero が歌を歌ったりとなかなか盛沢山の3時間だったらしい。

なお、女子トイレにカモフラされた男子トイレが要注意。 女子トイレの列に並ぶと、そこは臨時に女子用になっていた男子トイレという罠。 男子トイレは個室の数が少ないから、列の進みも遅いのではないかと。

ゴールデンウィークで混み混みの秋葉原

naney:139780790 naney:139780825 naney:139780850

水道橋からほとんど人気のない神田川沿いの外堀通り写真を撮りながらぶらぶら散歩。 昌平橋まででると急に人が増える。

ゴールデンウィーク秋葉原は人人人。 わざわざゴールデンウィーク秋葉原にこなくても(という自分も)。

ショッピング

ThinkPad X31HDD が手狭になってきたし異音がする気もするので、買い換えようと思ってちょっと物色するも、お店が混んでいて買う気にもならず。 まあ、昨日散財したこともあって財布の紐がかたくなっているというのもあるが。

結局、メイド服の売り子がいたヨドバシカメラ マルチメディア Akiba のソフトウェア売場で、Norton AntiVirus 2006 を買って撤収。

[ 5月3日全て ]

2006年5月4日 (木)

DiKicker のスタイルを若干修正

昨日の夜に DiKicker のコードをちょっといじって、表示形式を変更。

  • 記事先頭に ■で示していた permalink を、明示的に記事下部に表示。
  • 旬別カレンダーの位置をフッタの下の方へ移動。記事処理コードの中から、フッタ処理コードの中へ移動し配置場所の自由度を上げた。
  • くっつき BBS へのリンクを削除 (コメントスパム攻撃以来書き込み停止してしまっていたこともあるので)。
[ 5月4日全て ]

2006年5月5日 (金)

ビジネスメールガイドライン案

以前メールによる社内コミュニケーションの問題について書いて以来、いろいろと考えてみている。

そんな中、東洋経済新報社の「Think! SPRING 2006 No.17 超ロジカルシンキング」の中に参考になる記事を発見。 照屋華子氏の「ロジカル・ライティング - 論理的に考え、伝えるための3つの鍵を身につける」という記事だ。

すべてのビジネス・コミュニケーションは「伝え手」「受け手」「テーマ」「答え」「期待する反応」という5つの基本要素で成り立っている。-- Think! SPRING 2006 No.17 p.43

おお、ちょうどこういう切り口を探していたところだったんだ。 電子メールによるコミュニケーションも全く同じ枠組みである。 記事の中ではロジカル・シンキングをコミュニケーションで生かすという話題を中心に展開しているが、十分メール書き方に通じるものがある。

SEの実力を磨く究極仕事術

この記事と、さらにちょっと前に買った「SEの実力を磨く究極仕事術」のメール術の章を参考にガイドライン案のスケルトンを作ってみた。

感情論は今回は置いておいて、情報共有・課題共有・リクエストの明確化・処理促進をポイントに列挙。 それから署名その他、一般的な話もいまのところ省略。

ポイントを列挙しただけなので、他人にもわかる形にはなっていない。

まずは自分自身に適用して、整理していってみることにする。

1. 考える

  • 【伝え手】伝え手は誰? (自分)
  • 【受け手】受け手は誰?
  • 【テーマ】テーマは何? 問いの形で。メールのテーマは1つに絞られているか?
  • 【答え】 テーマに対する答え(テーマに対する説明)は何?
  • 【期待する反応】受け手に期待する反応は何?
    • 誰に、いつまでに、何をどうして欲しい?
  • コミュニケーション手段としてメールは適切?

2. メールを書く

 ○○様へ                     # 受け手

 △△の××(自分)です。       # 伝え手

 テーマ
 ******
 コミュニケーション設定

 ○○の結論                   # 答え (結論)
 ==========
 ...

 (ここまででポイントを言いきる。)

 具体的な内容                 # 答え (詳細)
 ============

 項目1
 -----
 ....

 - リスト項目
 - リスト項目

 項目2
 -----
 ...

 - リスト項目
 - リスト項目
サブジェクトを書く
  • 見ただけでわかるようにする
    • □ 具体的に書く
導入部を書く

コミュニケーション設定を行う。

  • □ 冒頭に宛先【受け手】を明記する。(誰に読んで欲しいのか? 他に誰に送られているのか?)
  • □ 次に発信者【伝え手】を明記する。(From: フィールドに頼らず書く → 印刷・コピー用)
  • □ 【テーマ】を書く。
  • □ (オプション)【テーマ】の経緯・背景を書く。(「なぜこのテーマのメールがくるの?」)
  • □ (オプション)なぜこの【伝え手】からなのかを書く。(←「なぜあなたからリクエストされるの?」)
  • □ 【期待する反応】を明記する。
    • □ 「誰が」「何を」「いつまでに」「どのような品質で」して欲しいのかを書く? (← 「で何をして欲しいの?」)
    • □ 反応のメリットを書く (←「なぜこの反応をとらなければならないの?」)
    • NG 「ご意見があればお願いします」 → ない場合は?
    • NG 「どちらが良いと思いますか?」 → 意見として? 決定として?
    • NG 「ご検討ください」→ 検討した後どうして欲しいのか?
  • □ (オプション)なぜこの【受け手】に読んでもらいたいのかを書く (←「何で自分なの?」)
  • □ 特記事項があれば書く
    • □ 答えの情報源など
答え (結論)

結論を書く。

  • □ 詳細まで読まなくても済むようにする。
    • NG 「以下のように……」 → 要旨を書く
    • NG 「添付ファイルの通り」 → 要旨を書く
答え (詳細)

根拠・資料などを書く。

  • □ 受け手から見て必要十分な情報を書く
    • NG 「添付ファイルの通り」 → 要旨を書く
  • □ 受け手が読みやすいように書く
    • □ リスト化する
全般
  • □ 具体的に
    • NG 「来週までに……」 → 「×月×日までに……」
    • NG 「先日の……」 → 「×月×日の……」
    • NG 「この間の……」 → 「×月×日の……」
    • 説明は肯定形で書く (否定形だと具体的に何なのかわからない)
  • □ 論理的に
    • □ 構造化する
    • □ リスト化する (箇条書き化する)
  • □ 受け手が読みやすいように

3. 送信する

  • □ 送信する前に見直す
    • □ typo チェック
    • □ スペルチェッカ通す

A. メールを受信した時

まず返信する

どれか

  • リクエストを「受ける」 / 返信で処理する (意思決定を返すなど)
  • リクエストを「断わる」
  • 「別の提案をする」
  • 明確化の質問をする

メールでは不適当と思ったらコミュニケーション手段を 直接 / 電話に切り換える。

B. 返信する時

サブジェクト
  • □ テーマが変わったら書き換える

あまり香らなかった菖蒲湯

スーパーで菖蒲を買ってきてお風呂に入れてきたけれど、あまり匂いがしなかった。

Why?

[ 5月5日全て ]

2006年5月6日 (土)

Palm充電池が切れてた

ゴールデンウィーク中に、その気になったら一部データを GTD システムの方へ転記しておこうと思って、会社を出る時に手帳の入っている CLIE をポーチに放り込んでおいた。

ふと見たら、カバーがズレていた。 PEG-TJ25、たまにカバーが外れるんだよね。

そういえば電池どれぐらい残っているかな?

……動きません。

もしかしたら、液晶に何かがずっと触れて電源が入りっぱなしだったのかもしれない。 あちゃ。

ゴールデンウィーク明けにメモリースティック上のバックアップから復旧するか。 ここ最近電卓としてしか使ってなかったから、ロストしたデータは無いはず。

[ 5月6日全て ]

2006年5月7日 (日)

私が産まれた病院でオカンが死んだ

東京タワー

東京タワーの麓、赤羽橋の総合病院といったら多分あそこだと思う。 私はそこで産まれた (橋の下から拾われたのでなければ)。 大きな病気の時にはバスで揺られながら、そこまで通った。

病院の玄関入ってすぐの、ベンチが並ぶ待合い室の窓からはバヤリースの大きな看板が見えた。を待つ間、何度もそれをボクは見上げた。

今でもはその病院に通っている。

さて、「東京タワー」である。時々、オトンである。 何度も嗚咽しながら読み終えたからとっくの昔に順番がまわってきていて、読み始めてはいたのだけれども途中で止まってしまっていた。 ゴールデンウィーク中に後半を読み切った。

東京タワー

残念ながら自分は東京生まれの東京育ちなので、「東京に憧れた」こともないし「希望に満ちて東京にきた」こともないし「東京に絶望した」こともない。 コンクリートジャングルも、排気ガスも、昼と夜の人口の差も、それが子供の頃からの日常だった。

小学生の時に済んでいたアパートの窓からは東京タワーの一部が見えた (たしか)。 そのアパートもこの間取り壊された。

そんなんだから、すこしは冷めた目で「東京タワー」を読めたのかもしれない。

しかしね、から産まれてきたね(そうではない人はあまりいないと思うのだけれども)、たいがいの男子はね、もうグッとくるね。

どうしてだろうね。親は自分のものにお金をかけずに、息子にお金をかけてくれるのだろうね。

こみあげてくる個所が何か所もあった。 けれど泣かないことにした。 でも、泣いた方が気持ちが良いのかもしれないな。 と思いつつ、泣かないことにした。

いつか、自分にも同じような時がくる。 その時に泣けばいい。


[ 読書ノート ] [ お薦めの本 ] [ 小説 ]

[ 5月7日全て ]

2006年5月8日 (月)

アリの足音聴診機 - 誕生日プレゼント

naney:145027931

ゴールデンウィークが明けて久しぶりの出社。 机の上には、またまたラッピングされた箱が。 BIRTHDAY のハンコの押された付箋つき。

あ、これは年始にプレゼントしたハンコを作るオモチャで作った奴だな。 とするとあの人から。感謝。

中身は実験好きにはたまらない「科学のタマゴ」。 なんでもアリの足音が聞けるらしい。

そういえば、生まれてこのかた1度も蟻の足音を聞いたことがないな。 というか、聞きたいと思ったこともないか。

アリの話をするといつも、みんな残酷な人だったんだなとつくづく思ってしまう。

組み立て時間と電池がいるので、明日試してみることにしよう。

[ 5月8日全て ]

2006年5月9日 (火)

ダンゴムシの足音は宮﨑駿ワールド

naney:145027979

昨日いただいた「アリの足音聴診機」を早速組み立ててみた。 組み立て中に、同僚がアリとダンゴムシを瓶に詰めてきてくれた。

アリの足音

タカタカタカタカという感じ。はやい。

ダンゴムシの足音

ゾワゾワゾワゾワって感じ。

宮﨑駿ワールドサウンド。

最初は皆「何それ?」って感じだったが、実際聞いてもらったら納得してくれた。

[ 5月9日全て ]

2006年5月10日 (水)

今日からしばらく独り身生活

次の日曜日に行われる義兄の結婚式披露宴のために、が一足お先に帰省。 しばらく一人でだららん生活。

ついに OQO

naney:145028007

社長のニューアイテム。 かなり以前からチェックしていた OQO をついに入手された。

Windows XP Tablet PC Edition が入っていて普通にアプリケーションが動くらしい。

液晶は設定のせいかもしれないが、ちょっと暗め。 スライドさせると隠れているキーボードが出てくるが、OQO 的には液晶だけ見えている状態の方がインパクトがある。 ボディはの仕上がりの高級感と、(相対的に)大きく見えるコネクタによる武骨さの同居した、ガジェット好みの一品だ。

[ 5月10日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.054373s / load averages: 0.31, 0.33, 0.33
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker