nDiki

2006年6月16日 (金)

PAR に関する ActivePerlライセンス

確認したら ActivePerl Community License v2.1 (ActivePerl 5.8.8.817 はこれ) には PAR (や PerlApp や Perl2Exe など) で ActivePerl に含まれているファイルをラッピングしてアプリケーションに含めることができると書いてあった (一部条件あり)。

今まで見落していたよ。

ActivePerl」 + 「The Artistic License 下な CPAN にあるモジュール」 + 「自作コード」を PAR でバイナリ化して配布しても OK ということが分ってちょっとすっきり。

[ 6月16日全て ]

About

Process Time: 0.029745s / load averages: 0.13, 0.22, 0.23