nDiki

2006年6月29日 (木)

SubversionSSH port forwarding 経由での svn+ssh

普段プライベートネットワーク内で、svn+ssh で接続している Subversion リポジトリSSH 経由で port fowarding して接続するようにする。

 [ノート PC] -- [ゲートウェイ] -- [リポジトリのあるサーバ]
                gw.example.com    192.168.0.x

ポートフォワーディング用 SSH ラッパー

例えば svn-gw-ssh という名前で以下のファイルを作成:

 #!/bin/sh
 HOST_NAME=$1
 shift 1
 ssh -f -L 8023:$HOST_NAME:22 gw.example.com sleep 10
 ssh -p 8023 -o HostKeyAlias=$HOST_NAME localhost $@

svn 用ラッパーも書いておく

例えば svn-gw という名前で以下のファイルを作成:

 #!/bin/sh
 SVN_SSH=svn-gw-ssh svn $@

使う

これで例えば svn+ssh://192.168.0.x/var/repos でチェックアウトした作業ディレクトリ上をプライベートネットワーク内外で、更新したりコミットしたりできるようになる。

プライベートネットワーク内からは今まで通り。

 svn update

プライベートネットワーク外からは

 svn-gw update

のようにする。

これで

と合わせて随分外部で作業できるようになった。 それだけ、外部でもやれる仕事が増えたということでもあるが。

スポンサード リンク
[ 6月29日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.07042s / load averages: 0.44, 0.41, 0.53
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker