nDiki : 2006年06月中旬

2006年6月11日 (日)

WiKicker 0.34 リリース - 添付機能のコードを追加

2006年6月8日以来、3日ぶりのリリース。

zakwa 氏からの要望により、WikiPage のコピー直後に編集画面に移れる edit now オプションを追加。

また大きな改良として「添付機能」を追加した。 まだ最初のコードなのでエラー処理等が甘いが、それなりに動いているのでコミット。 まだ権限設定がないので、公開サーバでは使用しない方が良い。

添付ファイルのダウンロードを WiKicker 本体の CGI プログラムから行わせるか、独立の CGI プログラムにするか迷ったが、結局別物にした。

  • WiKickerURI 体系の中に、末尾にダウンロードファイル名を持ってこれる形式を作成できなかった。

というのが大きな理由。

設定方法

WiKicker のページにまだ設定方法を書いていないので、こちらへ。

attachment CGI プログラムを設置

例えば attachment というファイル名で以下のような Perl CGI プログラムを作り、Web サーバから実行できるように設定を行う。

 #!/usr/bin/perl
 use strict;
 use warniings;
 use WiKicker::WikiCGI::AttachmentController;
 WiKicker::WikiCGI::AttachmentController
   ->new(properties_file => '対応する wiki の設定ファイル名')->run;
Wiki のプロパティに設定を追加

次に Wiki の設定ファイルに以下を追加。

 param.NormalPage.attachment: enable
 param.NormalPage.attachment.uri: attachment

param.NormalPage.attachment.uri には上で作った CGI プログラムURI (相対/絶対)を指定する。

これで各ページに attachment (添付)というリンクが表示され、添付機能が使えるようになる。

WikiPage での参照の仕方
 # リンクを作成
 [[attachment:ファイル名]]
 [[attachment:ページ名/ファイル名]] <- 別のページの添付ファイル

 # 画像をインライン表示
 [[image:attachment:ファイル名]]
 [[image:attachment:ページ名/ファイル名]]
スポンサード リンク
[ 6月11日全て ]

2006年6月12日 (月)

湘南飲料はポストウォーターか?

naney:165753413

mixiコミュニティで「サークルKサンクスで関東限定で売っている『湘南飲料』がポストウォーターに激似」という情報を知った。

ポストウォーターといえば最近またキリンから発売されたのだが、こちらは初代のとは全然味が違うとの話なので、いまだ手を出していない。

ということで会社帰りにサークルKサンクスによって3本ほど買って買える。

商品は、FMヨコハマ/サークルKサンクス共同開発で、販売者は株式会社 日本サンガリア ベバレッジカンパニーになっている。 サンガリアといえば杜仲茶を思い出すな。

でさっそく夜ワールドカップを観ながら飲んでみた。

第一印象は「甘い」。 似ているといえば似ているような気がするけど、ポストウォーターはこんなに甘くなくて、(いい意味で)もっと不味かった気がする。 惜しい。買い占めるほどではないなあ。

あ、ジャズイン(JAZZIN)も復活して欲しい。

どちらも同時代。蒲田のあの友人と良く一緒に飲んだっけか。

第7回 社内 Perl 勉強会

リャマ本を使用した社内 Perl 勉強会の7回目を開催。今日は6人。

今日は「初めてのPerl 第3版」第8章「正規表現の詳細」が範囲。

今回はプログラムを書く問題は無くて、パターンを考えたり逆に与えられたたパターンが何にマッチするのかを考える問題。 「本書の中で最も難易度が高くなっています」と書かれている。

今回の反省点

さすがに今回は正答率が低かった。 問題の意図が読み取りにくいというのもあって、迷う問題も多かったようだ。 プログラミング言語のトークン関連のネタなどはプログラミング経験がある程度ないとぱっとわからないかもしれない。

時間の関係で自分もあまり準備ができなくて、不完全な解答だったのが悔まれる。

今日は追加ネタなしで、トータル50分。

[ 6月12日全て ]

2006年6月13日 (火)

ハイテックC4C 互換リフィルが10日でインク切れ

10日ほど前に使い始めたハイテックC4C 互換リフィルであるが、今日書いているうちにインクが切れた。 まとめて買ってあったものに交換。

主に RHODIA へのメモ書きや手帳の筆記に使用していたのだが、それほど大量に物書きをしたわけではない。 短い替え芯ということもあるが、予想以上に早い減りで驚いた。

メモ書き用としては切れると困るので、予備も持ち歩いた方がいいかなぁ。 しかしこの値段で頻繁に切れるとちょっと辛い。 書き味には満足しているだけに困ったものである。

[ 6月13日全て ]

2006年6月14日 (水)

ゴハンニハクサイ

今日は仕事で赤坂見附に出掛けた。

赤坂見附高校の時に銀座線で通っていた駅である。 当時はまだ溜池山王駅はなく、室内灯が途中消えるポイントがあり、まだ車両は冷房が導入されていなかった。

赤坂見附駅では銀座線は行き先に応じて階が別になっている。 浅草方面は下の階。

新橋駅で乗り換える際、階段の前で降りられるように赤坂見附ホームにはお気に入りのポジションがあった。

それが「ゴハンニハクサイ」。

線路の向こうの壁にある広告がこの乗車位置の目印だったのだが、その広告の中の電話番号の上に「ゴハンニハクサイ」と書かれていたのである。 ああ、なんと甘美な響き。 イマジネーション溢れる語呂。

1991年、東京の市内局番が4ケタ化された際に一番気になったのがこの看板。

「サーゴハンニハクサイ」!

(感涙)

今はもうこの看板を見ることができないのが残念である。

[ 6月14日全て ]

2006年6月15日 (木)

SSH port forwarding 経由での Unison を用いたファイル同期

ノート PC ととあるプライベートネットワーク上のサーバとで Unison を使って同期しているディレクトリを、プライベートネットーワークの外から SSH 経由で port forwarding して同期できるようにしたくなった。

 今
 [ノート PC] -------------------- [サーバ]
               Unison with SSH   192.168.0.x

 これから
 [ノート PC] -------------------- [サーバ]
               Unison with SSH   192.168.0.x

 [ノート PC] -- [ゲートウェイ] -- [サーバ]
               gw.example.com    192.168.0.x
               Unison with SSH

現在のノート PC 上での設定

 times = true
 root = /home/naney/somedir
 root = ssh://192.168.0.x//home/naney/somedir

 ignore = Name *~
 ignore = Name .*~
 ...

が 設定ファイル ~/.unison/server.prf の内容。

 unison server [options]

で同期している。

SSH port forwarding 経由で同期

新しくノート PC 上に設定ファイル ~/.unison/serverremote.prf を作成する

 times = true
 root = /home/naney/somedir
 root = ssh://localhost//home/naney/somedir
 rootalias = ssh://localhost//home/naney/somedir -> ssh://192.168.0.x//home/naney/somedir
 sshargs = -p 8022 -o HostKeyAlias=192.168.0.x

 ignore = Name *~
 ignore = Name .*~
 ...

SSH port forwarding を開いてから、上の設定ファイルを使って同期するシェルスクリプト unison-serverremote を書く

 #!/bin/sh
 ssh -f -L 8022:192.168.0.x:22 gw.example.com sleep 10
 unison serverremote $@

これで

 unison-serverremote

で、SSH port forwarding 経由で同期できるようになった。

[ 6月15日全て ]

2006年6月16日 (金)

PAR に関する ActivePerlライセンス

確認したら ActivePerl Community License v2.1 (ActivePerl 5.8.8.817 はこれ) には PAR (や PerlApp や Perl2Exe など) で ActivePerl に含まれているファイルをラッピングしてアプリケーションに含めることができると書いてあった (一部条件あり)。

今まで見落していたよ。

ActivePerl」 + 「The Artistic License 下な CPAN にあるモジュール」 + 「自作コード」を PAR でバイナリ化して配布しても OK ということが分ってちょっとすっきり。

[ 6月16日全て ]

2006年6月17日 (土)

[ DVD 鑑賞 ] ターミナル

ターミナル

東欧のクラコウジアからニューヨークにやってきたビクターがアメリカに入国する直前、母国が無政府状態になりターミナルから外に出ることも、母国に帰ることもできなくなってしまうというお話。

深刻な展開の話だと思っていたのだが、思ったよりも主人公が機転をきかせてうまく乗り越えていってしまう。 ちょっと出来過ぎな展開ではあるが「そこは映画だから」という風に観られるならば、楽しめる映画である。

主役のトム・ハンクスであるが、ダ・ヴィンチ・コードの変な髪型のイメージが頭にこびりついていて、ちょっとなんか変な感じ。

近所のレンタルショップを使ってみた

今住んでいる所の近くには大きなレンタルショップが無くて、2駅離れた TSUTAYA をたまに利用している。 しかし休日に「ちょっと借りたい」といった時には面倒すぎ。

ということで、うちから少し歩いたところにある小さなレンタルショップを使ってみることにした。

品揃えは決して多くないのだけれどまあメジャーどころはそこそこ揃っているし、小さいお店のおかげで「貸し出し中」率も少ないようなので、それなりにいいかもといったところ。

[ 6月17日全て ]

2006年6月18日 (日)

DBIx::Class + SQLiteWiki認証/承認データベース

利用目的に合わせて認証/承認の機能を WiKicker に組み込めるようにする作業を行っている。

典型的な認証/承認用に、ユーザデータベースSQLite で作って使えるようにするモジュールを標準で提供できるようにといろいろ試みているところ。

直接 SQL を使うのは避けたいので、DBIx::Class を使ってみることにした。 同様のモジュールとして Class::DBI があるが、DBIx::Class の方ば良いという記事をみかけたのでこちらにしてみた。

全体像を把握するにはちょっとかかりそうだ。

[ 6月18日全て ]

2006年6月19日 (月)

DBIx::Class + SQLite といえども CREATE TABLE は必要か

DBIx::Class + SQLite でお手軽に」と思ったが、考えてみればテーブルの作成は必要なんだよな。

SQLite はファイルベースのデータベースで、指定したファイルが無ければ新規に作られるんだけれど、さすがにテーブルは自分で作る必要があるわけで。

WiKicker を使うのに sqlite コマンドラインツールの用意を要求するのは避けたいので、専用の管理スクリプトを提供することにする。

なんだかんだいって工数がかかるな。

[ 6月19日全て ]

2006年6月20日 (火)

アイスクリームと精神安定剤

「あいすまんじゅう」というアイスクリームがあるのを知ったのは、30を過ぎてからだ。

なんでもは小さい頃から食べていたとのこと。 コンビニで見かけてこの間買ってきておいた奴を食べてみた。

に言わせると昔食べたものとはどうやらちょっと違うらしい(なんでも、それは地元の和菓子屋が作っていたものだそうで)。 小豆餡がはいっているもののまわりはバニラアイスなので、自分からみるとどちらにせよ「まんじゅう」という感じはしないのであるが。

さてアイスクリームというと気になるのはパッケージに書いてある「安定剤」である。 子供の頃はてっきり「冷たいアイスを食べて頭がキーンとなりすぎておかしくならないように、精神安定剤が入っている」のだと思っていた。

よく考えてみると、精神安定剤が入っていたらいたでヤバい商品だよな。


[ 菓子 ]

WiKicker 0.35 リリース - 添付機能の修正など

添付機能を有効にすると、添付ファイルが無いページに対応するディレクトリが無条件に作られてしまう問題を修正。

それから日本語ファイル名のファイルを WikiPage に添付した際、Internet Explorer でそのファイルをダウンロードして保存しようとすると URI エスケープされた文字列がデフォルトの保存ファイル名になってしまいよろしくない。 このため、Content-Disposition ヘッダをつけてレスポンスを返すためのダウンロード用のリンクも追加。

Cotent-Disposition ヘッダでファイル名を指定する際、

ファイル名シフト JIS でエンコードしてしまうようにした。

ファイル名シフト JIS で表現できない文字があるかもしれないし、Accept-Language に ja があったからといって Windowsロケール日本語になっているという保証もないので、かなりいい加減なコードである。

なにか良い方法があったら修正したい。

[ 6月20日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.047516s / load averages: 0.44, 0.52, 0.50
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker