nDiki : 2006年06月下旬

2006年6月21日 (水)

金属へらでの楽しい風呂掃除

今いるところに住み始めてから5年が経った。 これぐらい経つと、普段の掃除では落ちない汚れが蓄積されているものである。

ここは水質のせいであろうか、白い結晶が水回りにできやすいようである。 一旦結晶化してしまうと、普通にスポンジなどでこすってもどうにもならない。

最初は何か品で落とすかなと思っていたのだが、「そうだ」と思いつきダイソーでスクレーパーを買ってきた。 清掃員がガムをこそげ落とすのに使っているヘラである。

これでプラスチックや金属にキズをつけないように、刃をあててそっとこすると軽いひっかかり感の後、結晶が白く削れてとれる。

面白い。

今まで取れなかったガンコな汚れがゴリゴリ取れる。 くせになりそうだ。

スポンサード リンク
[ 6月21日全て ]

2006年6月22日 (木)

東京 - 品川間で新幹線に乗車したい

トム・クルーズが昨日6月21日に、M:i:III の PR のため東海道新幹線のぞみを貸し切ってイベントを行った。

修学旅行による団体列車は見かけるが、貸し切るとなるとどれぐらいかかるのだろう。ニュース記事によるとチャーター費は約1,500万円とのこと。 高っ。

しかし、あれだな。 東京-品川間だけなら何とか全席押えられるのではないか?

この区間なら乗車券は160円だ。

さて、のぞみ指定席特急料金(通常期)はと。2,390円か……。 ひかり・こだまでも 2,190円。 思ったよりするなぁ。

全席押えるとはもちろん言わないまでも、ネタとして1駅乗ってみるのも悪くないと思ったのだが、財布にやさしくない。

特定特急料金(自由席)だと、840円。 これならいけそうかも。

ちなみに東北新幹線だと乗車券150円 + 自由席特急料金 840円で、東京から上野まで乗れる。

誰か一緒に乗ってくれる人いませんか。

[ 6月22日全て ]

2006年6月23日 (金)

第14回産業用バーチャル リアリティ展最終日

naney:174257187

例年通り今年も IVR に出展。 なんだかんだいって自分が参加するのも、はや6回目である。 今年は最終日の今日のみ会場担当。

今年は産業用バーチャル リアリティ展のスペースが狭くなった印象があった。実際のところどうなのだろう。 出展社数は、去年105社、今年106社とほぼ同じなのだが、それぞれコマ数を減らしてきたのかもしれない。

ブース

今年は入口から真っ直ぐ続く大きい通路沿いの右側で、入口から近い場所。 通行量からしてブース来場者が増えることを期待したのだが、現実は全く逆。

入ってすぐなので、そのままスルーしてしまう方が多い感じであった。

naney:174257208

安っぽくなった出展者バッジホルダー

今年はかなり薄っぺらいビニール製のバッジホルダー。 コスト削減か。

今年からは来場者の業種がバッジに表示されるようになった。 対応する方としてはちょっとありがたい。

まりえ

去年は会場で何度も見つめあった「まりえ」は、今年は上半身裸で寂しげだった。

naney:174257307

大学で研究室が同じだった友人と再会

今年も再会。Windows Vista β を試してみたところ、グラフィックスまわりの変更によってソフトウェアが落ちたりしているとか。 うちも試す必要があるな。

多分会うのはまた来年(毎年「来年は今の会社辞めているかも」と聞かされているけど)。

D200

社長が買ったらしい。

RHODIA カバー + 名刺入れ

展示会場にいると、やはり名刺入れの機能も持つ RHODIA No11 カバーが欲しくなるな。 また今度物色してみるか。

今日の気温

午前中はエアコンも聞いており「このまま快適かな?」と思ったが、甘かった。 思ったよりも天気が良かったこともあり、ホールも暑め。

[ 6月23日全て ]

2006年6月24日 (土)

ニコカレ 家庭編

富士通ソフトウェアテクノロジの田晶紀氏による「チームのムード、メンバーの気持ちやヤル気を見える化するツール」ニコニコカレンダーを知ったのは、TRICHORD というソフトウェアの機能紹介のなかで。 あいにく TRICHORD はまだ使っていないが、ニコカレはすごい楽しそうなのでオフィスで導入してみたい。

オフィスだけではもったいないので、家でも始めてみることにした。 ダイソーで黄・赤・青の14mm 丸ラベルを買ってきて、顔を書いて夫婦でそれぞれカレンダーにペタリ。 カレンダーは、毎月新聞に折り込みではいってくる奴で。

  • 黄: いい感じ、ハッピー
  • 赤: 普通、ぼちぼち
  • 青: やな感じ、どんより、憂鬱

(ニコニコカレンダーのページより)

1日をふりかえり、自分の気持ちをみつめなおすというのが新鮮。 1日の中での良かったこと悪かったことの中から、今日1日をどう捉えるか。 周囲の人にどう伝えるか。

やってみるといろいろ深い。

[ 6月24日全て ]

2006年6月25日 (日)

この週末はホットカーペットをしまったり

昨日ようやくホットカーペットをしまってカバーをクリーニングに出した。 冬物のジャケットもまだクリーニングに出したないものがいくつかあるから、そういう意味では早いほうかも。

ファンヒーターはまだしまいそびれたままだ。 暖房器具関係は「もしかしたら、また寒くなるかもしれないから」と言っているうちに、忙しくなったりして随分長い間出しっぱなしになるんだよねぇ。

[ 6月25日全て ]

2006年6月26日 (月)

ニコカレ オフィス編

naney:175400906

オフィスでも早速ニコニコカレンダーを始めてみた。

家でやるのと違いオフィスでは大勢で貼って俯瞰したいので、それにあったカレンダーが必要だ。 Web 検索でフリーのカレンダー PDF や、カレンダー作成ソフトウェアを探してみるもなかなかこれだというのが見つからず。

LaTeX で作るかなぁ、しかし面倒だなぁ」と思いながらさらに探したところ、NTT中国電話帳株式会社のサイトのダイアリーダウンロードページにあった週間カレンダーのデザインが良さそげなのでこれにしてみた。

まずはこれで始めてみることにしよう(そのうち、誰かが専用のカレンダーを作ってくれるのを期待しつつ)。

今日はハッピーな人なし。

[ 6月26日全て ]

2006年6月27日 (火)

「○○についてのお薦めの本、ありますか?」

たまに

「○○についてのお薦めの本、ありますか?」

と問われることがある。 ○○には C++ とか、C# とか Perl とかその他もろもろのコンピュータ関連キーワードが入る。

正直この質問は辛い。

コンピュータ関連の書籍は、今や大量に出版されているし陳腐化も激しいので相当マメにチェックしていないと人に紹介できるもんじゃない。

もちろん古典・定番もあることはあるが、こういう質問の時はたいがいこれには当てはまらない。 言語や開発環境なんかの本の質問はあるけれど、計算機数学とかアルゴリズムとかそういうのを求めてくる人などいないのである (大体そういうのに興味がある人は自分で探している)。

たまたま自分が詳してかつ最近リサーチをかけた分野については良書と呼べるものを知っている場合があるが、良いと思ったら自分でも買っているから既にその人に貸していたりする。

安直にコンピュータ書籍を紹介して欲しいという人は、よくわからないというのを理由に自分で探さず、しかもハズレを引いて金を払うことを非常に嫌っている。

一応質問されると Amazon.co.jp とかのぞいてみるのだが、その人のスキル・その人が求めているものまで理解していないので、結局徒労に終わるのである。 だいたいその程度なら、本人ができるはずなのだが。

ま、ようはケチらずどんどん読んで「この本はウンコだ」と言えるようになるのが一番ということだ。

で、なんかお薦めの本ありませんか?

[ 6月27日全て ]

2006年6月28日 (水)

ExtUtils::MakeMaker で prompt

Perl でy/n 入力やパス入力などを対話的に行う簡単なセットアップツールをたまに書きたくなることがある。 CPAN.pm の初期化や Module::Install で feature の選択の時に入力を求められる形のアレ。

何かいいモジュールがあるのかなと思ったら、上記の2つは ExtUtils::MakeMaker::prompt を使っていた。 灯台下暗し。 ExtUtils::MakeMaker は標準でいつでも使えるから、ちょっとしたデフォルト値付き問い合わせをするのに便利。

Perl モジュールインストール時の、対話入力をデフォルトで済ます環境変数

それから PERL_MM_USE_DEAFAULT という環境変数の使い方もチェック。

Perl モジュールインストールする際にいろいろ問い合わせに答えるのが面倒な場合 (どうせ全部デフォルトで OK な時など)、PERL_MM_USE_DEFAULT=1 としておくと ExtUtils::MakeMaker::prompt は入力を省略してくれる。

芋蔓式インストールで大量にインストールする際などに便利。

ライダー送別会

naney:177667892

オフィスに勤務しているライダーが6月で辞められることになり、送別会として昼食会。 お疲れさまでした。

[ 6月28日全て ]

2006年6月29日 (木)

SubversionSSH port forwarding 経由での svn+ssh

普段プライベートネットワーク内で、svn+ssh で接続している Subversion リポジトリSSH 経由で port fowarding して接続するようにする。

 [ノート PC] -- [ゲートウェイ] -- [リポジトリのあるサーバ]
                gw.example.com    192.168.0.x

ポートフォワーディング用 SSH ラッパー

例えば svn-gw-ssh という名前で以下のファイルを作成:

 #!/bin/sh
 HOST_NAME=$1
 shift 1
 ssh -f -L 8023:$HOST_NAME:22 gw.example.com sleep 10
 ssh -p 8023 -o HostKeyAlias=$HOST_NAME localhost $@

svn 用ラッパーも書いておく

例えば svn-gw という名前で以下のファイルを作成:

 #!/bin/sh
 SVN_SSH=svn-gw-ssh svn $@

使う

これで例えば svn+ssh://192.168.0.x/var/repos でチェックアウトした作業ディレクトリ上をプライベートネットワーク内外で、更新したりコミットしたりできるようになる。

プライベートネットワーク内からは今まで通り。

 svn update

プライベートネットワーク外からは

 svn-gw update

のようにする。

これで

と合わせて随分外部で作業できるようになった。 それだけ、外部でもやれる仕事が増えたということでもあるが。

伊東屋ハイテックCスリムス用リフィルを買いだめ

携帯と書き味が気に入っているハイテックCロットリング エスプリムーブであるが、インク切れがこわくてつい使うのをためらってしまいがちで本来の良さを発揮できていない。

しかしなかなかハイテックCスリムスのリフィルを置いてあるところがないのである。

今日は遅く帰った昨日のかわりに早く会社を出て、伊東屋に寄ることにした。 ここなら在庫が沢山あるはず。

と期待していったのだが、0.4mm のリフィル LHRF-20C4-B は3本しかなかった。 10本ぐらいまとめて買っておこうと思ったのに。

残念であるが、3本買いだめ。

[ 6月29日全て ]

2006年6月30日 (金)

いとこ会

義兄の結婚式での再会で、また東京に出てきているいとこ同士で「いとこ会」をやろうという話になった。 連絡を取り合い、いとこ夫婦と我々夫婦あわせて4人で、2002年1月26日から4年ぶりのいとこ会を開催。

「それぞれ親戚付き合いの濃い実家へ行った時に、夫はどう対応しているか」「湯船に入る前に、体をどのレベルまで流すか/洗うか」などの話で盛り上がった。

新橋で2軒ハシゴ。

第8回 社内 Perl 勉強会

リャマ本を使用した社内 Perl 勉強会の8回目を開催。今日は5人。

今日は「初めてのPerl 第3版」第9章「正規表現の利用方法」が範囲。

展示会などがあった関係で、6月19日以来しばらく間が空いての開催。

今回の反省点

ぱっと見、面白そうな練習問題に見えたがやってみると意外とあっさり風味であった。

最後の問題は、文字列の出現回数を数えるという Perl ではイディオム的なコードを欠く問題。

ハッシュを使うのが定番だが、配列に入れてソートし前から反復する(sort | uniq -c 的な)コードを書いている人が2人いて興味深かった。 たしかに C などだったらそういうコードを書いてたかもしれないな。

今回で8回目を終了。

練習問題にもう少しチャレンジャブルな問題があった方がいいなと思う今日この頃。

[ 6月30日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.052317s / load averages: 0.41, 0.55, 0.57
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker