nDiki : 2006年07月15日

2006年7月15日 (土)

Nikon F3/T を持って銀座に出掛けたら夕立

が午後銀座で用事があるので、久しぶりに Nikon F3/T を下げて一緒に出かけ、用事をしている間ぶらぶらすることにした。 数日前からの猛暑で汗がふきでる。

散歩しはじめてから30分もしないうちに、雲行きが悪くなりアレヨアレヨという間に強烈な夕立。 交通会館三省堂で雨宿り。

時間の半分は立ち読みで銀座をすごし、帰りは実家へ寄って帰宅。

スポンサード リンク

一般ユーザで Apache 2.0 を起動する最小限の httpd.conf

Perl CGI プログラムのテストの自動化には

などがある。 Apache を使うのがより実際の環境に近いテストができるのだが、通常動いている Apache を使って make test でテストできるようにするとすると「どこに配置するか」などの問題がでてくる。

となればいっその事、自分(一般ユーザ)で専用に Apache を起動した方が良さそうだ。 httpd.conf を用意するのが面倒だが、highperformance.conf 等をみる限り実はそれほど必須の設定は多くないようである。

httpd.conf を書く

ということで Debian GNU/Linux sidApache (2.0.55-4) で必要な設定は何か試してみた。少なくとも以下の設定は書いておく必要があるようだ。

 # httpd.conf for Debian GNU/Linux Apache 2.0.55-4
 Listen       9100
 ServerRoot   .
 DocumentRoot /home/naney/htdocs
 ErrorLog     error_log
 TypesConfig  /etc/mime.types
 PidFile      apache2.pid

これを httpd.conf として保存して、

 /usr/sbin/apache2ctl -f httpd.conf

で起動すればアクセスできるようになる。

 /usr/sbin/apache2ctl -f httpd.conf -k stop

で停止。

ServerRoot は起動時の -d オプションでも指定できるのだが、httpd.conf に書いておかないとうまく起動してくれなかった (-X を一緒に指定してデバッグモードにする場合は ServerRoot 無しに -d 指定だけでも動く)。

CGI プログラムを動くようにする。

CGI プログラムを動くようにするとすると例えば次のような感じ。

 # httpd.conf for Debian GNU/Linux Apache 2.0.55-4
 Listen       9100
 ServerRoot .
 DocumentRoot /home/naney/htdocs
 ErrorLog     error_log
 TypesConfig  /etc/mime.types
 PidFile      apache2.pid

 LoadModule cgi_module /usr/lib/apache2/modules/mod_cgi.so
 Options +ExecCGI
 AddHandler cgi-script .cgi

make test で動くようにするには……

ディストリビューション独自のパッケージングなどに対応するように、多少泥臭く環境検出する必要があるが、なんとか make test から呼べそうだな。

最近は WWW::Mechanize::CGIお気に入りなのだが、2つ以上の CGI プログラムにまたがるようなアプリケーションのテストには向かなさそうなので、今度この方法でも試してみたい。

[ 7月15日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.047893s / load averages: 1.46, 0.85, 0.74
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker