nDiki : 2006年07月下旬

2006年7月21日 (金)

やっぱり3時間では終わらなかったすごい会議

あるソフトウェア製品開発をメンバを召集しチーム化して行うにあたり、メンバ4人が集まって「すごい会議」でミーティングを実施。

自分を含めた4人のうち、3人は社内での経験者。 1人はたしかちょびっとかじっているぐらい。

他のスケジュールなども考えてちょっと少ないけれど3時間でセッティングしたのだが、やはり足りなかった。 担当割り当てまでタイムアウト。

慣れても時間は短縮されるわけではないことを実感。

やはり最低4時間は確保して望まないと駄目のようだ。内容によってはもっと確保する必要があるかもしれない。

スポンサード リンク

ボーナス説明会

今日振り込まれるとのこと。

今年の状況と、評価に関する説明など。

[ 7月21日全て ]

2006年7月22日 (土)

鮫洲運転免許試験場下見

naney:196104737

昨日が教習所で卒業検定に合格。 来週には試験を受けたいとのことなので、時間をはかりがてら散歩がてらで試験場の前まで行ってみた。

うちからだと勝島運河脇を通るのが最短ルートなのだが、ちょっと嫌だということで鮫洲駅近くを通るコースでぷらぷら。15分ぐらいで到着。

あいかわらず殺風景なところであるが、今日は試験場がお休みなのでますますもってである。

Rubric でプライベート SBS を立てるも 0.140 では日本語に不具合

入社してから社内情報共有の一環として

といろいろ手をつけてきた。 次に狙っているのは SBS である。

Wiki社内 Blog に書くほどではないけれどメモ程度にブックマークしておきたい URL を、気軽に晒せるようにするのが目的。

はてなブックマークのような公開サービスは

  • タグ・コメント・傾向などが外に出るのはよろしくない
  • あるいは、それを気にして活用されない
  • そもそも社内リソースについてはブックマークできない

という点から、今回は利用できない。

ということで社内に SBS を設置したい考えている。

最初は Scuttle にしてみようと思ったのだが、PHP ベースであるのと MySQL を使うというところで気遅れしている。 いや SQLite でもいけそうらしいということで、実は Debian でちょっと試そうとしたのだが、テーブル作成の SQLMySQL 用で、これを修正するのが面倒なので断念。

次に Perl + SQLite で動く Rubric を試してみることにした。

Rubric 0.140

Rubric は CPAN にあがっているので CPAN.pm から install Rubric でインストールできる。 モジュールをインストールしたら、セットアップ。

  1. CGI プログラムを動かすディレクトリを決める (以下 $RUBRIC)
  2. Rubric tarball の bin/rubric.cgi を $RUBRIC/ にコピーし、必要なら #! を修正する。
  3. Rubric tarball の templates ディレクトリを $RUBRIC/ にコピーする。
  4. Rubric tarball の style/rubric.css を $RUBRIC/ にコピーする。
  5. Rubric tarball の etc/rubric.yml を $RUBRIC/ にコピーして環境に合わせて編集する。
  6. データベースを初期化する。0.140 には makedb.pl が同梱されていないので、0.13_01 の bin/makedb.pl を参考に perl -MRubric::DBI::Setup -e 'Rubric::DBI::Setup->setup_tables' で初期化する。ちなみに 0.140 付属の rubric コマンドで rubric db -s してみたが、これはうまく動かなかった。
  7. 必要に応じて .htaccess を作成・編集し rubric.cgi を CGI プログラムとして実行できるようにする。またその他アクセスされたくないファイルを deny するようにしておく。

これで OK。

rubric.cgi にアクセスしページが表示されればひとまず成功。 メニューの「register」から、ユーザ登録する。 確認用のメールが届くはずだが、面倒くさいのでこれを待たずに

 rubric user -a ユーザ名

でアクティベートする。

Rubric の HTML フォームからのブックマーキングは成功し、うまく動いているようである。 ただし、日本語の処理はどうもよくない。 title や description が化ける。 惜しい。

基本的には UTF-8 ベースでうまくいきそうなのだが、どこかで化けるようだ。 ちょっと手を入れれば直るかなと思ったが、化けるところと化けないところとがあるので逆に直す場所が多そうなので今日はやめておくことにした。

とりあえず Rubric はおいておいて、他のものも試してみることにするか。

[ 7月22日全て ]

2006年7月23日 (日)

JavaScript でのプログラミングやっぱり面倒くさい

JavaScript の勉強がてら「お互いに URL でリンクしている XML ファイルセットの簡易ブラウザ」を書き始める。

この間使い始めた Prototype を使って多少楽ではあるものの、それでもやっぱり面倒くさい。 コードを修正するたびに Web ブラウザで動作確認をするという流れが問題だな。

単体テストコードを書いて SpiderMonkey でテストできるかなと思ったが、document オブジェクトとかないし。

やはり JsUnit でテストを書くのが一番かな。

それと JavaScript (Web ブラウザ)の DOM API の情報がまとまっているものないかな。 PerlXML::DOM の気分で書くといろいろ名前が違っていてうまく動かず、切ない。

[ 7月23日全て ]

2006年7月24日 (月)

第11回 社内 Perl 勉強会

リャマ本を使用した社内 Perl 勉強会の11回目を開催。今日は7人。久しぶりにフルメンバ。

今日は「初めてのPerl 第3版」第12章「ディレクトリ操作」が範囲。

今回の反省点

練習問題は、 chdir を行ったあとそのディレクトリの内容一覧を表示するという問題。

実は自分、ファイル名のグロブを使ったのは初めてかもしれない。 ディレクトリハンドル派。

Windows では(普通だと) $ENV{HOME} が設定されていないため chdir が失敗するとのこと。 このため Windows で解答を作った人はうまく試せなかった部分あったようである。

それ以外は大きな問題はなく、さらりと終了。

[ 7月24日全て ]

2006年7月25日 (火)

Perl 用の doxygen のようなツールはないのかな

WiKickerソースコードを人に説明するのにプリントアウトして説明するのに、doxygen のようなツールが欲しいのだけれど Perl 用のものはないのかな。

  1. ソースコードを色付けした HTML に変換してくれる
  2. Pod とコード本体を混在してドキュメント化してくれる
  3. ソースツリー内のファイルをそれぞれ処理してくれて、インデックスファイルも生成してくれる。
  4. できれば識別子がリンクになってくれる

というのが希望。1 だけなら結構いろいろなツールがあり、1 + 2 なら perltidy で実現できる。 しかし 3、4 までしてくれるツールが見つけられない。

とりあえず perltidyPerl::Tidy と File::Find で再帰的にまとめて HTML に変換するスクリプトだけは書いて、一気に変換だけはできるようにしておいた。

インデックスの作成までは面倒なので未着手。

[ 7月25日全て ]

2006年7月26日 (水)

私が情報発信を勧める理由

社内 Blog」をまわりのスタッフに勧めているのだけれど、

  • 「やってみてメリットを感じている人」
  • 「とりあえず(私に)勧めらたので書いてみてくれている(のかな?)という人」
  • Blog という形態にメリットが感じられないので、やる気がしない人」

と様々だ。

話を聞いているなかで、情報発信のメリットやポイントについて自分でも整理してみたくなったので思うところを列挙してみた。

  • あなたが発信すれば、あなたにも発信してくれる。
  • 発信のための「とりまとめ」や「書き出す」という作業は、自分の中での理解を深めることにつながる。
  • 迅速に。情報の多くは時間とともに価値が下がる。
  • 送り手ではなく受け手が選別する。
  • 「受け手は知っているはずだから」と遠慮しない。実は知らないということも多い。
  • Web ページ・WikiBlog・あるいは張り出しなど、うまくメディアを選ぶ。
  • 情報発信そのものよりも、その情報でいろいろな事が良くなること(生産性の向上など)が重要。

すぐに思い受かんだ点はこんなところ。

どれもすでにいろいろな人に語られているようなものであり、やってみれば実感できるものである。

人のためのようで、一番自分のためだったりするのが情報発信


[ opinion ] [ アウトプット主義 ]

運転免許取得

naney:200953957

がめでたく合格。 オメデトウ。

HITACHI uVALUEコンベンション2006

naney:200953759

仕事がらみで、東京国際フォーラムで今日から開催されている「HITACHI uVALUEコンベンション2006」に行ってきた。

会場にいる来場者よりもスタッフの方が多い感じの展示会である。

入退場はミューチップ入りのカードで記録される。 設定のせいかどうか不明ではあるが、リーダが読み取り完了のランプが光るまで結構な時間がかかった。

プライバシー関連の説明は特になし。

[ 7月26日全て ]

2006年7月27日 (木)

CD-R ドライブが使えない

HDD 交換にともなって Debian GNU/Linux の再インストールを行うのにあたって、Debian のネットワークインストール CD イメージ (debian-31r2-i386-netinst.iso) をダウンロード。

で自宅の PC で、CD-R に焼こうと思ったら CD-R/RW DVD-ROM ドライブ (リコー MP9210A)を認識していない。 以前 Windows 98 SE から Windows 2000 にあげた時から使ってなかったから、そのせいかな。

インストール CD までは今日作成して、ThinkPad X31 + ThinkPad USB ポータブルCD-ROMドライブ (USB 接続)でブートできるところまで確認しておきたかったのだが。

残念。

ThinkPad X31 交換 HDD として Travelstar 5K100 (80GB 9.5mm) を購入

naney:200953793

メインで使っている ThinkPad X31 (2672-PHJ) の HDD がかなりヤバイ。 というか hdparm -t で 25.00kB/sec ってどういうことよ。 読み書きできているだけまだ幸せという状態。

今のタイミングで HDD を交換して OS の再セットアップは時間的に辛いのだが、クラッシュしたらしたでもっと辛いので、週末にでも交換することにしよう。

今はいっているのが 4200rpm の 40GB。 次は 80GB から 120GB ぐらいにするか。

会社帰りに秋葉原へ。財布と相談した結果 Travelstar 5K100 に決定。

モデルHTS541080G9AT00
インタフェースATA (ATA-6)
記憶容量80GB
ディスク回転数5400rpm
[ 7月27日全て ]

2006年7月28日 (金)

ノート PCHDD 交換用に USB 外付け 2.5インチ HDD ケース

naney:200953914

ノート PCHDD 交換用に USB 外付け HDD ケースを用意しておく。 今の内蔵 HDD が死にかけており、転送してしまえばもうポータブル HDD として使うことは考えていないので、普通に転送できれば十分。

見た目と値段で玄人志向のケースを選択。 Y 字 USB ケーブルではなく、必要に応じて別途 USB 給電ケーブルを使うタイプ。

ヨドバシカメラのゴールドポイントカードを忘れた

+3%期間だというのに。

 「ポイントカードお持ちですか?」
 「ありません。忘れました。」
 「新しくお作りいたしますか? 後で合算できます。」
 「(小額だし時間がないので)いえ結構です。」
 「これからは忘れないように財布に入れておいてくださいね。」

……今日は財布ごと家に忘れてきたんですが。


[ 製品レポート ]

PerlCR/LF/CRLF 全対応の1行毎読み込み処理

Perl プログラムでテキストファイル処理を 改行コード CR/LF/CRLF 全対応にしようと思ったが、書こうとするとこれが結構面倒臭いことに気がつく。

$/ に正規表現が設定できないため、<FILEHANDLE> で単純に3パターン対応ができない (LFCRLF に対応とかならすぐできる)。

小さいファイルと仮定して良いなら全部読み込んで自前で行分割、大きいファイルならまじめにバッファリングして改行コードをスキャンして行処理するのが正攻法かな。 多少効率悪くなりそうだけれど。

Pod::Html (1.0504) の場合

Perl 5.8.8 の Pod::Html (1.0504) だと pod2html の中で $/ = "" と設定して、パラグラフ単位で読み込んでそのあと処理している。

PerlIO レイヤー

最近の Perl であれば PerlIO::crlf、 PerlIO::eol あたりが使えそうである。

もちろん Perl 5.005_03 だと NG。

[ 7月28日全て ]

2006年7月29日 (土)

ThinkPad X31 (2672-PHJ) の HDD 交換

naney:200953879

いよいよ ThinkPad X31HDD を交換。 物理的な交換は簡単。

まずは ThinkPad をひっくり返して、ネジを外してひっぱって HDD を取り出す。

次に側面の4本のネジを外してシャーシと黒いカバーを外し、新しい HDD をつけて逆順に戻せば交換終了。

新しく装着した HITACHI の Travelstar 5K100 は、最初に入っていた富士通の MHT2040AT に比べて、スゥーっという回転音はちょっと大きい感じ。 4200rpm と 5400rpm の違いか?

naney:200953840

 hdparm -t /dev/hda
 /dev/hda:
  Timing buffered disk reads:  100 MB in  3.00 seconds =  33.33 MB/sec

やっと不調超低速 HDD から開放された。

あとは昨日購入した USB 外付け HDD ケース経由でデータを吸い出すまで生きていてもらわねば。

あ、そういえば Disk to Disk (D2D) 領域も一応吸い出しておきたいんだよね。 これは新しい HDD 上に OS が入って一段落してからか。

Debian GNU/Linux sid 環境を新 HDD

朝から ThinkPad X31HDD 新しく入れ替えて Debian GNU/Linux sidインストールを開始。

Debian GNU/Linuxインストール

今日は sarge のネットワークインストール CD イメージからブートしてインストール。 今回はブートドライブにできる「ThinkPad USB ポータブルCD-ROMドライブ」があり、またこのイメージで起動して e1000 が認識できるので楽勝である。

(第1回目USB FDD + PC カード NIC でインストール第2回目HDD 上のインストーラから GRUB からの起動によるインストールだった)

最低限のものを入れたらすぐ sidアップグレード

HDD からのコピー

ヤバイ状態の旧 HDDUSB 外付け HDD ケースに詰めて

  • /home 全部
  • /usr/local で必要なもの
  • 参照用に /etc の複製
  • /var/www、/var/spool

を新しい HDD にコピー。

次に環境の復旧。 以下備忘録。

MADWIFI

以前作った Linux kernel 2.6.15 deb パッケージをインストールした後 module-assistant で madwifi をインストールするも、ビルドした GCC のバージョンが違ってロードできず。 kernel は GCC 4.0 の時にビルドしたもので、madwifi は現在のバージョンである GCC 4.1 によるビルドであることが問題。

まずは前にビルドした 2.6.15 のソースディレクトリでカーネルパッケージを GCC 4.1 で作りなおしてインストールし、あらためて module-assistant。

 module-assistant prepare
 module-assistant auto-install madwifi

で /etc/network/interfaces を書き戻す。

SMTP サーバを Postfix

ここずっと使っていた qmail をこの機会にやめることにした。 Postfix へ。

全体の設定はインストーラに従って設定。

個人設定は、

~/.qmail

 | preline /usr/bin/procmail

として procmail を使っていたので、~/.forward を作って同様に procmail に流すようにする。

 "|IFS='' && exec /usr/bin/procmail -f- || exit 75 #naney"

~/.procmailrc は以前のまま。ClamAVbsfilter でふるいにかけた後、Maildir へ。

bsfilter は deb のものに

以前入れた時は deb が古かったので /usr/local に自前でインストールした。 まずはこれを古い HDD から戻して動作確認後 deb のものに切り替え。

.mew.el の中も

 (load "/usr/share/doc/bsfilter/examples/mua/mew4/mew.el")

に変更。

Samba

/etc/samba/smb.conf を書き戻す。smbpasswd でパスワード再設定。

X

とりあえずインストール時の設定で xorg.conf を作る。

 Load "freetype"

をコメントアウトして、

 Load "xtt"

に変更。

KDE

sid は現在 3.5.3 と 3.5.4 混在状態になっているため、依存関係の問題で簡単にはインストールできずてこずった。 kdebase-data と kdelibs-data の 3.5.3 を http://snapshot.debian.net/ からとってきて hold して 3.5.3 系 KDE として各種パッケージをインストール

フレッシュリーダー

以前インスールした状態に復旧

  1. libapache2-mod-suphp php5-cli をインストール
  2. /var/www/freshreader、/etc/apache2/sites-available/freshreader を戻す
  3. a2ensite freshreader
  4. /etc/init.d/apache2 reload
  5. /etc/hosts に freshreader を追加

cpufreqd

  1. cpufreqdインストール
  2. /etc/cpufreqd.conf を戻す
  3. /etc/init.d/cpufreqd restart

Skype

skype-beta-1.3.0.30-1_i386.deb をインストール

cron

一般ユーザ naney の crontab ファイルを再登録。

Perl モジュール

足りないと気がついた時点で順次インストール

autofs + smbfs (2006年8月3日)

/etc/auto.master、/etc/auto.misc を書き戻して /etc/init.d/autofs restart。

mt-daapd (2006年8月22日)

deb パッケージを公式サイトからダウンロードし、/etc/mt-daapd.conf を書き戻して /etc/init.d/mt-daapd restart

隅田川花火大会に村井一氏がいない?

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?

今年もテレビで。

日本煙火協会の村井一氏が今年は出ていなくて寂しい。

[ 7月29日全て ]

2006年7月30日 (日)

普段買わないもの三昧

ニューバランス M703JW トレッキングシューズ (丸井)

日常生活用。過去2足はコロンビアだったのだが、今回はニューバランスに。 今履いているのを買ったのが、2003年8月17日なので、気がつけば3年ぶり。

Y シャツ (丸井)

最近スーツを着る機会が増えた割には、手持ちが少なくハードローテーション気味なので。 40-80 が丁度いいのだが 39 か 42 しかない。 セールなので我慢して 39 (首まわりがキツメが嫌いなだけで、着れないわけではない)。

謎ジャケット (ユニクロ)

どうよ。

[ 7月30日全て ]

2006年7月31日 (月)

PACKMAN は 5,500円で満腹

naney:204526616

今年の誕生日zakwa さんから貯金箱をもらったので、会社の机に置いて1日100円ずつ「ぱっくん」させてみた(百円玉が無いときをのぞいて)。

中身がいっぱいになるにつれ口腔内の動きが悪くなり、そろそろ満杯状態。 ちょうど月末だし開けてみることにした。

約3カ月で貯まった金額は、5.500円。 ちょっとしたお買い物ができそうな額だが、全部百円玉でちと重い。

第12回 社内 Perl 勉強会

リャマ本を使用した社内 Perl 勉強会の12回目を開催。今日も7人でフルメンバ。

今日は「初めてのPerl 第3版」第13章「ファイルとディレクトリの取り扱い」が範囲。

ある文化では「13」という数字を極めて不吉なものと考えます。われわれ著者は、この題材を意図的に13章に配置しました。なぜなら、もしコードにバグが潜んでいたら、かなり危険なこと(例えば、問い合わせをせずにファイルを消してしまう)を行ってしまう可能性があるからです。-- 初めてのPerl 第3版 p.209

こわーい。

今回の反省点

i ノードの話やハードリンク・シンボリックリンクの話など、いつにも増して UNIXOS の話に関連の深い話が多い章である。 Windows 中心で使っている人にはあまり馴染みのない話であるが、知っておいて損はない話である。

欲を言えば Windows ではどうなっているかの話も載っていると嬉しかった。 NTFS なら ハードリンクを使えるよという話とか。

自分自身も Perl からハードリンク・シンボリックリンクの作成なんてしたことなかったな。 これからもそうそうしない処理だと思うけれど、いい勉強になった。

2穴メガネプラグ用電源タップ メネガレット

naney:204526725

ノート PCAC アダプタの多くで採用されている2穴メガネプラグのところに2つコンセントを追加できる「マルチコンセント メネガレット Moenegallet MNG11」を購入してみた。ThinkPad X31AC アダプタでも問題なく使う事ができる。

ミーティングの時や旅先などで、コンセントを増設できる便利アイテム。

薄型で AC の刃も出ていないので持ち運ぶときもほとんど邪魔にならないところが良い。

naney:204526673

最初うろ覚えで「メガネレット」だと思っていた。

[ 7月31日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.047844s / load averages: 0.24, 0.49, 0.56
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker