nDiki

2006年9月8日 (金)

「他のプロジェクトへの関心が薄い」組織内における情報共有

組織内で情報共有がうまくできていない場合の理由として、「仕組みがない」か「仕組みがあっても周知されていない・使い方がわからない」か「使いにくい/手間、メリットが感じられない」ということが多いと考えてみた。

http://www.naney.org/nDiki/2006/09/information-sharing-2006-09-09-500.png

確認もかねて、「社内で情報共有についてできていないと感じる場合のその理由」について、ミーティングで聞いてみたところ自分が考えていなかった意見として次のようなものが挙がった:

  • 他のプロジェクトへの関心が薄い。
  • 情報があっても理解できないものがある。

特に前者は気になる点だ。 人数が少ない組織で、自分の関係しているプロジェクトだけで閉じてしまうと質もスキルも向上しにくいからだ。

はたして忙がしいからなのか、人間関係からか、はたまたモチベーションのレベルからか。 いや、それともそれが普通の心理なのか。

スポンサード リンク
[ 9月8日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.106516s / load averages: 0.41, 0.39, 0.38
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker