nDiki

2007年1月26日 (金)

久しぶりに SSH の新しい鍵を作成し、複数利用できるように設定

仕事であるサーバへアクセスするのに、 SSH公開鍵を送るように頼まれた。 そういえば今までずっと同じ鍵を使い続けていたけれど、いちおうこういのは管理上分けておいた方がいいかもしれない。

ということでかなり久しぶりに鍵を作成。5年ぶりぐらい?

鍵の作成

 ssh-keygen -C <メールアドレス> -f id_rsa.hogehoge

リモートホストの authorized_keys への登録

手元のいくつかのサーバも新しい鍵を使えるように authorized_keys に追加しておく。 ssh-copy-id コマンドというものを今回初めてしった。 リモートホスト上の ~/.ssh/authorized_keys に、ローカルホストから直接公開鍵を追加することができる。こんな便利なものがあったとは。

 ssh-copy-id -i ~/.ssh/id_rsa.hogehoge naney@サーバ名

config への登録

デフォルトとは異なる新しい名前で作ったこの鍵もリモートホストへの接続に使えるようにするため、ローカルの ~/.ssh/config に設定を追加しておく。

 IdentityFile ~/.ssh/id_rsa.hogehoge

keychain への追加

それと ~/.profile の中で呼んでいる keychain の引数にも ~/.ssh/id_rsa.hogehoge を追加。

[ 1月26日全て ]

About

Process Time: 0.200173s / load averages: 0.51, 0.71, 0.70