nDiki : 2007年01月26日

2007年1月26日 (金)

EasyPG で Emacs から .gpg ファイルを透過的に読み書き

パスワードを含むアカウント情報などは今のところ、テキストファイルに書いて GnuPG暗号化して記録している。 ……のはずなのだが、面倒なので GnuPG かけてないファイルも結構あったりして実はまずい。

Emacs で EasyPG を使うと gpg 拡張子を持ったファイルは自動的に暗号化/復号化してくれるようになって便利らしい。

例えば example.gpg という名前で新しいバッファを作りテキストを入力する。 ここで保存しようとすると暗号化する相手の鍵の選択画面が出る。自分の鍵で復号できればよいのでそのまま [OK] を選ぶ。 そうすると暗号化して保存してくれる。

逆に .gpg で終わるファイルを開くとパスフレーズの入力が求めらる。 正しく入力すると復号化されたテキストがバッファに表示される。 再編集して保存する場合も先と同様に暗号化の手順が出るので、また暗号化した状態で保存することができる。

easypg-0.0.9-1 Debian パッケージインストールして使ってみた。 便利便利。

ただ emacs-snapshot 20070122-1 (22.0.92.1) だと暗号化の際 coding の処理が正しくされないのか日本語を含んでいると文字化けしたテキストが暗号化されてしまい、復号化してももはや読むことができない。 ということで、ここしばらく Emacs 22 を使っていたのだけれど、Emacs 21 に戻すことにした。

こちらでは問題なく動作。

スポンサード リンク

久しぶりに SSH の新しい鍵を作成し、複数利用できるように設定

仕事であるサーバへアクセスするのに、 SSH公開鍵を送るように頼まれた。 そういえば今までずっと同じ鍵を使い続けていたけれど、いちおうこういのは管理上分けておいた方がいいかもしれない。

ということでかなり久しぶりに鍵を作成。5年ぶりぐらい?

鍵の作成

 ssh-keygen -C <メールアドレス> -f id_rsa.hogehoge

リモートホストの authorized_keys への登録

手元のいくつかのサーバも新しい鍵を使えるように authorized_keys に追加しておく。 ssh-copy-id コマンドというものを今回初めてしった。 リモートホスト上の ~/.ssh/authorized_keys に、ローカルホストから直接公開鍵を追加することができる。こんな便利なものがあったとは。

 ssh-copy-id -i ~/.ssh/id_rsa.hogehoge naney@サーバ名

config への登録

デフォルトとは異なる新しい名前で作ったこの鍵もリモートホストへの接続に使えるようにするため、ローカルの ~/.ssh/config に設定を追加しておく。

 IdentityFile ~/.ssh/id_rsa.hogehoge

keychain への追加

それと ~/.profile の中で呼んでいる keychain の引数にも ~/.ssh/id_rsa.hogehoge を追加。

[ 花粉症 ] 2007年最初の通院

をもらいに今年1度目の通院。

今日は第3診察室の女の先生。

問診のみ。「会社で風邪がはやっているせいか鼻水が出たりするけれど、花粉アレルギーはまだ」という話をしたら「今年は鼻風邪が多いですね」とのこと。

今年も、去年の途中に変えたアレグラでいくことに。目もいつでも点せるアズレン点眼薬

今日のお:

そういえば今回から保険点数の明記された領収明細書が出るようになった。 今までは喫茶店で出てくるような印字の薄いレシートだけだったので、ようやく明朗になった感じ。

[ 1月26日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.304138s / load averages: 0.54, 0.55, 0.58
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker