nDiki : 2007年09月中旬

2007年9月11日 (火)

Linux 上で Flex 2 SDK を使った Flash コンテンツ開発を開始

Flash コンテンツ開発については以前から興味があったんだけれど、手元 (Debian GNU/Linux BOX) で開発環境が構築できないので、ほとんど手をつけていなかった。 Ming を試してみたこともあったのだが、全然使いやすくなかったし。

しかしながらここ最近では Flex 2 SDK によって、Linux 上でも Flash コンテンツ開発できるようになった。 ということで技術調査をかねて開発環境構築と、コード書きを始めてみた。

まずはエディタとコンパイラと単体テストフレームワークがあれば開発できる。 Debian GNU/Linux sid 上で用意した環境は以下。

エディタは素直に Emacs で。単体テストフレームワークは、FlexUnit (.85) をチョイス。

今回はビルドツールを何にするか迷ったけれど Apache Ant にすることにした。最初は Makefile を使ってサンプルをビルドしていたりしたけれど、今後 Autotools 使うのもどうかなと思って。

ドキュメントについては Adobe から結構な量で提供されているのでこれを見ればたいがい足りそう。

ということでぽちぽちプロジェクト作成。とりあえず SWF ファイルと同じところにあるテキストファイルを読み込んで表示するだけの MXML ファイルを作成して、build.xml を構築。

ほとんどの時間は build.xml 書きと、Subversion リポジトリセットアップに費された。

後は別途ちょっとサンプルで試してみた FlexUnit をプロジェクトに組み込めば発進できそうだ。

スポンサード リンク
[ 9月11日全て ]

2007年9月13日 (木)

外出先でも FOMA 端末を充電できるバッテリ - FOMA 補助充電アダプタ 01

naney:1377046188

近々遠出をする予定がある。その間のバッテリ容量の少ない FOMA D703i電池が心配なので、移動中でも FOMA 端末を充電できる充電器を探してみた。

コンビニでも売っているような、使い捨てや乾電池タイプはパス。単n形の充電池についても別途充電器を持ち歩く必要が出てくるのでパス。直結タイプも端子を痛めそうでイヤ。

リチウムイオン電池内蔵タイプで探すと、NTTドコモの純正オプション「FOMA 補助充電アダプタ 01」が順当か。

AC アダプタ内蔵でコンセントに直結し充電可能」で、またそのまま「FOMA 端末 AC アダプタ」としても使える、リンケージのACL-01W にもちょっと魅かれたが、「FOMA 補助充電アダプタ 01」に比べて電池容量が少ないのと、大きさ・重量の点でちょっとためらった。 ちょうど今日、信号待ちしていた隣の人が手にしていたのを偶然見たのだがちょっと大きいな。

FOMA 補助充電アダプタ 01

ということで「FOMA 補助充電アダプタ 01」をチョイス。 サンヨーOEMKBC-L1 とほぼ同等品。

FOMAAC アダプタを使って充電しておき、外出先でこのアダプタから FOMA 端末を充電する。 「AC アダプタ」-「FOMA 補助充電アダプタ 01」-「FOMA 端末」とつなげておくと、それぞれ充電してくれるという点は便利。 説明書によると「AC アダプタ」-「FOMA 補助充電アダプタ 01」-「卓上ホルダ」-「FOMA 端末」は NG らしい。 D703i はカバーを開けにくいので、卓上ホルダと AC アダプタの間に挟んで充電しておきたいんだけれどなぁ。

サイズ的には結構コンパクト。 ストラップホールもついているけれど、しかしぶら下げておくってモノでもないな。

遠出する際チャック付きビニール袋にでも入れてバッグに放り込んでおくことにしよう。

今日のさえずり

[ 9月13日全て ]

2007年9月14日 (金)

今日のさえずり

[ 9月14日全て ]

2007年9月15日 (土)

今日のさえずり

[ 9月15日全て ]

2007年9月16日 (日)

今日のさえずり

[ 9月16日全て ]

2007年9月17日 (月)

今日のさえずり

[ 9月17日全て ]

2007年9月18日 (火)

FOMA 端末から Flickrメール写真アップロード

naney:1400311134

Flickr のメールアップロード機能を初めて試してみた。 まず事前に Flickr 上で投稿用のメールアドレスを確認する。

D703i で撮影し、メールに添付してそのメールアドレスに送信。 ほどなくして、Flickr 上に表示されるようになる。 メールの Subject: に書いた内容が、写真のタイトルに設定される。

なお D703i だと縦位置で撮ると、そのまま Flickr で見ることができる (横位置で撮った場合は、アップロードFlickr 上で回転させれば OK)。

ついでにiモードFlickr にもアクセスしてみた。

サイイイン画面がちょっと変だったけれどもログインできた。 あまりできることは多くない。 アップロードがきちんとできたか確認する程度用かな。

D703iメモリカードが挿さらないので、撮ったらバンバン Flickr に上げちゃった方が良いかもしれない。

今日のさえずり

[ 9月18日全て ]

2007年9月19日 (水)

今日のさえずり

[ 9月19日全て ]

2007年9月20日 (木)

ビジネス用電話番号をマルチナンバーで追加した

オフの時に仕事の電話がかかってくるのは嫌なので、携帯電話の番号は仕事関係ではほとんど教えてきていない。 それでも、やはり待ち合わせ等で必要に迫られて止むなく電話番号を交換することもたまにはあった。

仕事用は別途「会社支給の携帯電話」というのも理想だがなかなかそうもいかないし、そうなったらなったで管理とか端末2台持ちとか面倒である。

ちなみに番号を教えるのは全く嫌というわけではなくて、仕事関係でも親しい人や分別のある人などに教えること自体は構わない。 しかし教える教えないを毎回迷うのも疲れるものである。

そんな中、ある打ち合せで、来週社外の人と外で連絡を取りあう必要が出そうになってきた。

さてどうしよう。ということで、今の FOMA 契約電話番号を追加してみることにした。 NTTドコモでは付加番号が追加されるマルチナンバーというサービスと、2007年5月25日から 2in1 というサービスとがある。

後者は「904i シリーズから」「メールアドレスも2つ使えるが、片方は Web メール」「月額は945円」と自分にとってそれほど魅力的ではない。

ということで今回はマルチナンバーを契約することにした。

ドコモショップで申し込み

秋葉原ドコモショプで申し込み。

本人確認の後、基本契約番号を入力。 新しい番号については、下4桁3パターンが提示されてそれからチョイス。 覚えやすい番号があったので、ちょっとラッキー。 あとはプリントアウトされた注文申込書の内容を確認して、署名して終了。

研修生のバッジをしている担当してくれたネエチャンに「最近契約されたんですか?」と聞かれたので「2月です」と答えたら「最近じゃないですね。(端末が)綺麗だったので(最近だったのかと)」と言われた。

クリスタルコートの威力を見よ!

D703i で設定

申し込み完了すると、即その番号が使えるようになる。 FOMA 端末側で、マルチナンバーを有効にして付加番号の名称や番号の設定をすれば OK。 着信時、鳴り分けるように設定しておいた。

残念ながら D703i の場合、電話帳での登録別にどの番号で発信するかを設定して保存しておけない。なので付加番号の方で電話をかける時には、忘れないでメニューから選択する必要がある。 着信履歴・発信履歴を使ってかける時は、その時の番号が優先になるのでそれを活用するのが吉。

オフの時には出なくていいようにしたいのだけれど、これもピッタンコの機能はないな。オフモードの時には、付加番号着信は鳴らさずに端末の伝言メモの応答ガイダンスが流れるようになるとかできるといいんだけれど。 ま、そこまで神経質になる必要はないかな。

マルチナンバーは不要になれば解約できるし、これで今までより気楽に番号を教えられるようになると思う。

でも、それなりに気にいった番号だったので、解約することは当面ないかな。 マルチナンバーの番号は 2in1 にした時にもそのまま引き継げるということだし、意外に長く使うことになるかも。

今日のさえずり

[ 9月20日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.05356s / load averages: 0.39, 0.33, 0.40
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker