nDiki : 2007年12月23日

2007年12月23日 (日)

Debian Linux kernel 2.6.23 をビルドする。

ThinkPad X31 に入れている Debian GNU/Linux sidLinux kernel を随分アップデートしていなかった(2.6.17 を使用中)。 今日 aufs を入れついでに、一緒に最新(2.6.23)をビルドすることにした。 Debian kernel パッケージ構築は去年の8月以来。

今回は linux-patch-aufs を入れておいて、aufs 用のパッチを当てる。

 #apt-get build-dep linux-image-2.6.23-1-686
 #apt-get install linux-source-2.6.23 linux-patch-aufs
 #exit
 $mkdir -p /usr/local/src/linux
 $cd /usr/local/src/linux

 $tar jxvf /usr/src/linux-source-2.6.23.tar.bz2
 $cd linux-source-2.6.23
 $make menuconfig
 $make-kpkg clean

 $fakeroot make-kpkg --added-patches put_filp,lhash,splice,ksize,sysfs_get_dentry --revision=sebastian.1.0 kernel_image
 $cd ..
 $su
 #dpkg -i linux-image-2.6.23_sebastian.1.0_i386.deb

パッチが一部 2.6.22 用で 2.6.23 には当たらなかったが、よしとしておく。 ここで再起動。次に MADWIFIaufsインストール

 module-assistant prepare
 module-assistant auto-install madwifi
 module-assistant auto-install aufs

いつも入れている shfs も同様に入れようと思ったがこちらはコンパイルエラー。 頻繁に使うわけではないので、とりあえずほっておくことにする。

コンパイルが面倒なのでそろそろ Debian 公式のを使おうかと思ったが、試してみたところ

ということ NG。 やはり自前でビルドしなければならないことを再確認。

スポンサード リンク

aufs を使って Web サイトのドラフト作成する

この nDiki はローカル PC 上で Emacs で記事ファイルを書き、出来上がったら UnisonWeb サーバと同期させる形でアップロード・公開している。

この方法で一つ問題なのは「書きかけの記事ファイル」の扱いが面倒なこと。 書きかけの記事ファイルがある状態で Web サーバと同期するとそれが公開されてしまうのでまずい。しかし完成している記事ファイルがあるならばそちらは同期して順次公開したい。 同期する時には書きかけの記事ファイルを退避させればいいのだが、思いっきり面倒。

ということで手元で公開用 (Web サーバ と同期用)のディレクトリツリーと、ドラフト用(ローカルの Web サーバでのレビュー用)のディレクトリツリーを分けられるようにすることにした。 この2つのディレクトリツリーの差分となる草稿・更新ファイルは aufs を使うことで簡単に管理することができる。

aufs

aufs は stackable unification filesystem の一つ。 同様なものとしては UnionFS がある。 UnionFS よりも aufs の方が評判が良いようなので今回は aufs を使うことにした。

aufs では複数のディレクトリ(ブランチと呼ぶ)をオーバーレイさせて、1つのディレクトリとして扱うことができる。 公開用ディレクトリツリーに、ドラフト用ディレクトリツリーをオーバーレイさせることで、元のディレクトリには変更を加えることなく透過的に変更できる仮想的なディレクトリツリーを作ることができる。

aufsインストール

Debian GNU/Linux sid へはkernel 再構築とあわせて module-assistant でインストールした。

マウント

以下のように3つのディレクトリを作ってマウントする。

/home/naney/www.naney.org
公開用ディレクトリツリー。本番モノ。公開サーバと同期する。
/home/naney/draft.naney.org
草稿や修正されたファイルが書き込まれるディレクトリツリー。
/home/naney/next.naney.org
公開用ディレクトリツリーに、草稿や修正されたファイルが仮想的にオーバーレイされたディレクトリツリー。プレビュー用。
 mount -v -t aufs -o br:/home/naney/draft.naney.org=rw:/home/naney/www.naney.org=ro none /home/naney/next.naney.org

公開ディレクトリツリーは read only に、草稿用のディレクトリツリーは read - write になるように指定する。

これで /home/naney/www.naney.org 以下はいじらないまま、/home/naney/next.naney.org 上で草稿を書いたりファイルを編集したりすることができる。 /home/naney/next.naney.org 以下で追加したファイルや、変更したファイルは aufs が /home/naney/draft.naney.org 上に保存してくれる。

完成したものを /home/naney/draft.naney.org から /home/naney/www.naney.org に順次反映させ(移動し)、公開サーバへ同期することで公開していくことができる。

手元ではいろいろ書き散らせておけるのは、これは便利。

マウントオプションは他にいろいろあるようなので、こまかい設定は見直すかも。

その他

ファイルシステムレベルの処理なので、アプリケーション側では何も手を加えなくてもよいのが良い。

今回は公開用とドラフト用としたが、公開用と未公開用をローカルでミックスして表示するようにしたり、複数ユーザのコンテンツディレクトリを仮想的に1つにまとめたりと、いろいろ面白い使い方ができそうだ。

[ 12月23日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.053694s / load averages: 0.20, 0.31, 0.45
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker