nDiki

2008年3月13日 (木)

Skype のアバタを WSH 上の JScript スクリプトで変更する

まず Windows XP BOX に、Skype4COM 1.0.28.2 を入れる。 Skype4COM-1.0.28.2.zip をとってきて展開し、アーカイブの中の DLL を登録する。

 regsvr32 Skype4COM.dll

次に以下のスクリプトを書いて、例えば setskypeavatar.js というファイルに保存する。

 skype = WScript.CreateObject("Skype4COM.Skype");
 skype.Settings.LoadAvatarFromFile("C:\avatar.png");

で、Skype を実行してログインしている状態でコマンドプロンプトから

 start setskypeavatar.js

で実行する(あるいはエクスプローラ上から実行する)。Skype 側が「他のプログラムが Skype にアクセスしようとしています」というダイアログを表示するので連携を許可してあげると、アバタが avatar.png の画像に変更される。

細かい点気にしなけば簡単。

なお今回のように単純に Windows Script Host から API 接続すると、WScript.exe に対しての許可を与えなければならないので、その点は注意が必要。

ちなみに Skype for Linux では API にある「SET AVATAR」コマンドがまだ使えないので、同様のことが実現できなかった。

スポンサード リンク
[ 3月13日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.187443s / load averages: 0.50, 0.51, 0.63
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker