nDiki

2008年11月8日 (土)

PIXUS MP980写真用紙は光沢 ゴールドで

キヤノン PIXUS MP980 で常用するL判写真用紙をチョイスするのに、「キヤノン写真用紙・光沢 プロフェッショナル L判」を買ってきて、「キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド L判」と簡単に比較してみた。 結果としては光沢 ゴールドの勝ち。

比較

FinePix F10 から PictBridge 経由で直接印刷。 光沢 プロフェッショナルと、光沢ゴールドでそれぞれプリンタで用紙選択をし、画質を「標準」と「きれい」で印刷した。 使った画像は、6M F (2848x2136) ISO 100 で撮られた曇天下の集合写真

どちらの用紙も「標準」より「きれい」の方が黒に締まりがるしっかりとした出力となった。用紙による印刷品質の違いはほとんどない。 光沢 プロフェッショナルの方が、光沢 ゴールドより若干ナチュラルというか地味めな色見になる以外はよくみなければわからない感じ。

印象的には光沢 ゴールドのきれい設定が一番良かった。

用紙そのものとしては光沢感はほとんど同じ。手触りでは光沢 プロフェッショナルのちょっと厚紙っぽい(仕様的には光沢 プロフェッショナルの方が薄い)。

耐久性の違いは不明。

PC からの印刷だとかわってくるのかもしれないけれど、常用するには価格が半分で印刷品質的にも満足度の高い光沢 ゴールドが良さそうだ。 まとめ買いするかな。


[ 製品レポート ]

スポンサード リンク
[ 11月8日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.167554s / load averages: 0.43, 0.42, 0.46
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker