nDiki

2009年2月15日 (日)

Cyber-shot ケータイ SO905iCS 発売から1年

予約して発売日買った SO905iCS、今日で使用丸1年。 Cyber-shot を冠したわりにはカメラの画質がすごい良いわけでもなかったことと、もっさり感で酷評されることが多かったケータイである。

以下1年使ってみた印象。

カメラ

半押しできるシャッターボタンがあるので結構デジカメと同じ間隔で撮影できるという点ではなかなか良い。 レスポンスが若干悪いのと、常用している 5M 設定で撮影すると保存中しばらくブラックアウトしプレビューが出るまで時間がかかるのがちょっとリズムが狂う。 撮影結果の確認でフォーカスが合っていたかズーム表示で確認することがあるのだが、このズーム表示がかなり遅いのも×。

画質だが、プリントしようという気にはならないが Web 貼り付け用としてはもちろん十分。 色見についてはちょっと赤み傾向になりやすい。

画像データにカメラの縦/横位置情報が入るので、そのまま Flickr にメールアップロードして正方向を向けさせられるのは地味に便利。 GPS による位置情報も含めさせられるので、その場で写真を公開するのに何だかんだいって便利だ。

あと気になるとすればバッテリーの持ち。 カメラ機能は電池の消耗が激しいこともあって、ケータイとして使うことも考えてついつい撮影回数も控え目になってしまう。 もう少し電池がもつと嬉しい。

メールiモード

もっさりを感じるのは、受信メールのリスト表示画面に入るとき。 結構時間がかかるので、メールチェックがちょっと時間がかかるのがつらい。 それ以外は許容範囲。

POBox Pro 2.0 による入力は日本語については快適。英単語については入力しずらい。 前ケータイである D703i の ATOK + APOT では、先頭だけ大文字・小文字を変えた候補がでてくるのであるが、SO905iCS にはそれがないため最初の1文字だけ大文字であるような単語を入力するのが不便だ。

iモードブラウザについてはぜひタブブラウザであって欲しかった。 それ以外は容量などまあケータイではこれぐらいでしょうと思っている。

通信性能

以外に諦めやすいというか繋りにくいことがあるというか、表示が正直であるというか。 通勤経路の電車内で D703i では大丈夫だったところでも SO905iCS だと圏外になってしまうことがままある。

外装

デザイン的には結構気にいっている。 塗装が弱く角が剥げてきたのと、スライドレンズカバーのスライドがプラスチックが擦れるような感蝕なのがマイナスだがそれ以外は問題なし。

総評

まあ何だかんだいってまだまだ現役でいけそうだ。

ソニー・エリクソンははたして Cyber-shot ケータイの後継機を今後出すのだろうか。出たとしても FOMA 端末が出るかどうかという話もあるな。 大切に使っていこう。

スポンサード リンク
[ 2月15日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.394938s / load averages: 0.39, 0.29, 0.25
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker