nDiki : 2009年02月中旬

2009年2月11日 (水)

ImageMagick で日付入れてドロップシャドウつけてリサイズ

ホームネットワークカメラ BL-C10 を使ったエセライブカメラだが、GIMPバージョンアップ画像加工に使っていた Script-Fu スクリプトが動かなくなったっきり放っておいたままだった。 ようやく重い腰をあげて復活。 GIMP による画像加工はやめて、普通に ImageMagick を使うことにした。

640x480 の画像ファイルに、画像下部に半透明色で四角を書いた後に文字列を書き込み、ドロップシャドウ後 320x240 にリサイズはこんな感じ。

 convert original.jpg \
         -fill '#0008' -draw 'rectangle 10,440,620,470' \
         -fill white -pointsize 25 -annotate +20+465 "$DATESTR" \
         \( +clone -background black -shadow 70x6+10+10 \) \
         +swap -background white -flatten \
         -resize 320x240 output.jpg

http://www.naney.org/var/webcam/webcam.jpg

スポンサード リンク
[ 2月11日全て ]

2009年2月12日 (木)

PC に 4GB microSDHCカードを挿しっぱなす

Transcend microSDHC カード 4GB 先週買ったバッファローコクヨサプライの超小型カードリーダ BSCRMSDC (記事)、結構気にいった。 この間買ったやつはケータイにぶら下げておくことにしたので、超小型を生かして PC に挿しぱなしとして使えるようにもう1つ買い足した。

メモリについてはあきばお~にいって、トランセンドの 4GB microSDHCカードTS4GUSDHC6 を買ってきた。いちおう Class 6。

さてあまり使い方は考えていなかったんだけれどどうするかな。 Dropbox ディレクトリと常に同期するようにしておいて、非 Dropbox インストール PC でファイルが必要な際にさっと抜いてデータ1式を持っていけるようにするとかどうかな。

[ 2月12日全て ]

2009年2月13日 (金)

ファイルを変更すると自動的に rsync してくれる lsyncd

ファイルを変更すると「何もしなくても」自動的に同期してくれる Dropbox が非常に便利で昨年9月以来ずっと使っている。 「何もしなくても」同期してくれるというのが気にいったので、Linux 上でもいいソフトウェアがないか探してみた。 で見つけたのが lsyncd (というか1年以上前に1度チェックした形跡があるが記憶にない)。

inotify でファイルの変更を検出して自動的に rsync を実行してくれるというもの。 裏で rsync を呼び出すので同期先は rsync できる場所ならローカルでもリモートでも OK。

例えば lsyncd /tmp/a/ /tmp/b/ とすると、/tmp/a/ でファイルの作成・変更・削除を行うと /tmp/b/ にもすぐ反映される。 これはいい。 一般ユーザでも実行可能。

Dropbox から USB メモリに常に同期しておくのとかに使えそうだな。

なおデフォルトでは

 -lt%r --delete {--exclude-from [FILE]} [SOURCE] [DIRECTORY]

というオプションで rsync が呼び出される (%r は lsyncd 起動時には r、それ以外は d になる)。 ここで --delete が指定されているので注意。 lsyncd.conf.xml ファイルを作成して --conf オプションでそのファイルを指定すれば、rsync の引数を変更できる。 rsync の --delete オプションを外し、また -a オプション相当を指定するならば以下のような設定ファイルを作ればよい。

 <lsyncd version="1">
   <settings>
     <callopts>
       <option text="-%rlptgoD"/>
       <exclude-file/>
       <source/>
       <destination/>
     </callopts>
   </settings>
 </lsyncd>

ただしソース側で chmod をしてもイベントを拾わないので、すぐには rsync が実行されず権限が同期先に反映されないことを理解しておく必要がある。 lsyncd ではディレクトリ単位で rsync を実行するので、同じディレクトリでファイルの変更等がおきることで副次的にそのディレクトリの他のファイルの権限変更が同期されることになる (rsync で -p オプションを指定している場合)。

Debian GNU/Linux sid では Debian パッケージになっていないようで、今回はソースからインストールした。

 tar zxvf lsyncd-1.26.tar.gz
 cd lsyncd-1.26
 dh_make --createorig
 fakeroot dpkg-buildpackage
 sudo dpkg --install ../lsyncd_1.26-1_i386.deb

今日のさえずり - 営業は乾杯の議論で忙しい

2009年02月10日

  • 09:13 久しぶりに腕時計をして外出。 [mb]
  • 09:24 京浜東北線の車内ディスプレイの内容がザッピング並みに切り替わる。 [mb]
  • 09:45 ストラップ着脱パーツ買い足し。L:秋葉原 [mb]
  • 10:25 営業は乾杯の議論で忙しい。 *P3
  • 11:42 花粉症に効果があるとは書けないので遠回しに連想させるような表現にしている食品広告がこの時期増えてイラッとする。 [mb]
  • 12:21 イマココ! L:蘇我駅 [mb]
  • 18:02 京葉線でスイートポテトパイ食べながら直帰。L:千葉みなと [mb]
  • 19:02 ロングエスカレーターの運転方向が変更になっていて違和感。L:大井町駅 [mb]
  • 25:11 楽天市場で注文したら、最後に三木谷氏の写真がババンと出てきた。どういうつもりだ。 *P3
  • 25:16 アンパンマンパンがあるということは、アンパンマンパンマンがいてもおかしくないということだ。 *P3

2009年02月11日

2009年02月13日

  • 00:13 lsyncd 面白そう。 *P3
  • 17:44 @zakwa 相変わらず眠がってるの? *P3
  • 18:01 Windows XP の WebClient が邪魔くさいので、サービス2度と起動しないようにした。 *P3
  • 18:23 掃除当番だということを思い出した。 *P3
  • 19:21 Impressive 使ってみた。スライドの遷移がちょっと重い。 *P3
  • 20:24 Windows 上の Unisonファイル名チェックに日本語ファイル名がひっかかった。やはり Windows では使いづらいな。 [mb]
  • 20:28 やっぱ今日飛散しているっぽい。くしゃみでる。 [mb]
  • 20:40 マジ? 雨きた。 [mb]
  • 25:09 Windows 上の Unison ではじかれたの、ソースコードを見るとファイル名中の「ポ」(2バイト目が |、7C)によるものだな。 *P3
[ 2月13日全て ]

2009年2月14日 (土)

Windows 上の Unison では日本語ファイル名処理に問題

今まで Windows ではそれほど Unison を使わなかったのと、自分では日本語ファイル名をつけないということで気がつかなかったんだけれど、UnisonWindows 上では日本語ファイル名処理に問題があるらしい。

Unison 2.27.57 で日本語ファイル名のファイルを同期しようとすると `The name of this Unix file is not allowed in Windows' というエラーメッセージが表示されることがある。 チェックは正規表現 "\\.*|aux|con|lpt1|prn|(.*[\000-\031\\/<>:\"|].*)" でしているらしい。 マルチバイト文字だとこれで誤認識されることがあるようだ。

パッチあててもいいけれど、Windows 上で Ocaml ビルド環境入れてとかちょっと面倒。 他のファイル同期ツール探すか、Linux 上で同期するかどちらかだな。

[ 2月14日全て ]

2009年2月15日 (日)

Cyber-shot ケータイ SO905iCS 発売から1年

予約して発売日買った SO905iCS、今日で使用丸1年。 Cyber-shot を冠したわりにはカメラの画質がすごい良いわけでもなかったことと、もっさり感で酷評されることが多かったケータイである。

以下1年使ってみた印象。

カメラ

半押しできるシャッターボタンがあるので結構デジカメと同じ間隔で撮影できるという点ではなかなか良い。 レスポンスが若干悪いのと、常用している 5M 設定で撮影すると保存中しばらくブラックアウトしプレビューが出るまで時間がかかるのがちょっとリズムが狂う。 撮影結果の確認でフォーカスが合っていたかズーム表示で確認することがあるのだが、このズーム表示がかなり遅いのも×。

画質だが、プリントしようという気にはならないが Web 貼り付け用としてはもちろん十分。 色見についてはちょっと赤み傾向になりやすい。

画像データにカメラの縦/横位置情報が入るので、そのまま Flickr にメールアップロードして正方向を向けさせられるのは地味に便利。 GPS による位置情報も含めさせられるので、その場で写真を公開するのに何だかんだいって便利だ。

あと気になるとすればバッテリーの持ち。 カメラ機能は電池の消耗が激しいこともあって、ケータイとして使うことも考えてついつい撮影回数も控え目になってしまう。 もう少し電池がもつと嬉しい。

メールiモード

もっさりを感じるのは、受信メールのリスト表示画面に入るとき。 結構時間がかかるので、メールチェックがちょっと時間がかかるのがつらい。 それ以外は許容範囲。

POBox Pro 2.0 による入力は日本語については快適。英単語については入力しずらい。 前ケータイである D703i の ATOK + APOT では、先頭だけ大文字・小文字を変えた候補がでてくるのであるが、SO905iCS にはそれがないため最初の1文字だけ大文字であるような単語を入力するのが不便だ。

iモードブラウザについてはぜひタブブラウザであって欲しかった。 それ以外は容量などまあケータイではこれぐらいでしょうと思っている。

通信性能

以外に諦めやすいというか繋りにくいことがあるというか、表示が正直であるというか。 通勤経路の電車内で D703i では大丈夫だったところでも SO905iCS だと圏外になってしまうことがままある。

外装

デザイン的には結構気にいっている。 塗装が弱く角が剥げてきたのと、スライドレンズカバーのスライドがプラスチックが擦れるような感蝕なのがマイナスだがそれ以外は問題なし。

総評

まあ何だかんだいってまだまだ現役でいけそうだ。

ソニー・エリクソンははたして Cyber-shot ケータイの後継機を今後出すのだろうか。出たとしても FOMA 端末が出るかどうかという話もあるな。 大切に使っていこう。

[ 2月15日全て ]

2009年2月16日 (月)

USB メモリファイル同期なら WinMerge

WindowsUnison が駄目そうなので代替を探したのだが、ファイル同期関連で探して試しみたもののどれも自分の使い方にあわなかった。 双方向同期で、Unison のように差分について個別に同期方向を選べるものが見つからなかった。

そんななか、仕事でディレクトリの差分を確認する必要が出てきたのでソフトウェアを探したところ、WinMerge に行きついた。 WinMerge は以前 TortoiseSVN のビューアとして設定したことがあって、ファイルの差分表示・編集のイメージが強かったのだが、ディレクトリの比較に使うのにも非常に便利だ。

で使ってみると、比較するディレクトリ間で異なるファイル/ディレクトリに対して個別に指定した方向でコピーをしたり、また削除したりすることができることを知った。 お、Unison っぽい。 タイムスタンプだけでなくファイルの内容を見て同一かどうかをチェックできるのも良い。 望むことができるではないか。

日本語化もできるし、ポータブルアプリケーション版もある。 USB メモリの同期にバッチリ。 ようやく辿りついたという感じ。

なおファイル比較のオプションの File Compare method を標準の Full Contents にしておいた場合、ファイル数が多くなると遅い USB メモリでは差分のチェックに結構時間がかかってしまう。Quick Contents にしておくのが良さそうだ。 それでも遅い場合は(信用できるならば) Modified Date and Size 等を選ぶ必要があるかもしれない。

[ 2月16日全て ]

2009年2月17日 (火)

なんと恐しい「ピーターの法則」

ピーターの法則 階層社会では、すべての人は昇進を重ね、おのおのの無能レベルに到達する。- ピーターの法則

読んでいると嫌な気分になれる本である。 そしてこれを読んでしまうと、上司や政治家やその他みんなを無能か否かという目で見がちになってしまう。

今の仕事で優れた能力を発揮している人は昇進の対象となり、昇進し、そのポジションでも優れた能力を発揮できればまた昇進、そうでなければそのポジションで無能としてどとまるというのはもっともらしい。 ただ実際のところ、能力以外の他の要因で昇進できなかったり、組織を移ってまた階層の下に移るなどで、順調に無能レベルに到達できない方が多いのではないだろうか。

それと本書では事例らしきものが沢山でてきて理解を助けてくれるのだが、どれがそのまんま実話でどれが仮名にした実話でどれが創作なのかが明確に区別できないのがもったいない。 それゆえ、主張が怪しく思えてきてしまうことがある。

それと最後の章の「無能につけるピータの特効」が失速気味なのが残念だ。 「もしかしたら最後に光明となるなにかが述べられるのか、それとも悲観論で終わるのか」ドキドキしながら読み進めたのだが、最後はなんか処世術がきて、人類についての漠然とした話がきてオシマイ。「アレアレ?」という読後感。

ただこうついこう否定的な書評になってしまうのは、本書の主張に自分が何とか反論したい、そうではないと言い聞かせたいからなのかもしれない。 どちらにしても組織の中で生きる以上、一読しておくべき1冊であることは確かだ。


[ 読書ノート ]

今日のさえずり - ずっと「黄金のたれ」だと思っていたのだが

2009年02月14日

  • 10:08 いきなりこの花粉量は反則。 *P3

2009年02月15日

  • 14:04 リザベン点眼液、昨日解禁した。 *P3
  • 19:10 ずっと「黄金のたれ」だと思っていたのだが今見たら「黄金の味」だった。 [mb]

2009年02月16日

  • 10:12盛岡から生放送! 凍てつく夜もさだまさし」、ちょうどその時間ゴタゴタしていて見られずじまい。無念。 *P3
  • 10:46 先週の金曜日に送ったメール、ことごとく Mew の +queue に残ったままだった。あちゃ。 *P3

2009年02月17日

[ 2月17日全て ]

2009年2月18日 (水)

デジカメで間違えて消したデータを DataRecovery で復旧

誤操作なのかどうかよくわからないけれど、家族がデジカメ写真データを削除してしまった。 あーこれだからデジカメは……とは言わないで(最初にフィルムカメラで巻戻し前に裏蓋を開けて光線カブリさせてしまったのは小学校卒業式の日)、復旧を試みることにした。

この手のアンデリートツールは昔 Norton の何かに入っていたなあ。 今はフリーウェアでも探せる。 今回は DataRecovery をチョイス。

手持ちのxD-ピクチャーカードのリーダに書き込み禁止スイッチがあるので、ある程度安心して作業開始。 DataRecovery を起動してドライブをスキャン。 ばっちりまだ写真データが残っていた。 リカバリ成功。素晴しい。

なおスキャン結果テーブルの右側の列にファイルの更新日時が表示されるようになっている。最初気がつかずに、見つかった削除データを全部選択してリカバリ始めたらえらい時間がかかりそうなので1度強制終了した(DataRecovery で中断できそうになかったので)。中断できるともっといいな。

DataRecovery はインストール不要なので、早速ポータブルアプリケーションディレクトリに入れておいた。 備えあれば憂いなし。

[ 2月18日全て ]

2009年2月19日 (木)

Impressive - PDF ファイルでプレゼンテーション

先週 IDEA*IDEA で紹介されていたプレゼンテーションソフトウェア「Impressive」が良さそげだったので、少しずつ触ってみている。

PDF ファイルでプレゼンテーション

PDF ファイルでプレゼンテーションできるので、PowerPoint / PowerPoint Viewer 不要。PowerPoint互換性による見えの違いも気にしなくて済む。

インストール不要

Python で書かれているが Windows 版のバイナリパッケージが用意されていて、配布されているパッケージを展開するだけで使える。ポータブルアプリケーションとして、USB メモリに入れておけばいつでも使える。

impressive.exe に PDF ファイルをドラッグ&ドロップすることで起動できるが、プレゼンテーション時にそれをやるのはちょっとスマートではない。 引数に PDF ファイルを指定して PStart あたりから起動するのがいいと思う。

Linux でも動く

ページ遷移・全スライド一覧が格好良い

ページ遷移が格好良い。OpenGL を使ったエフェクトで PowerPoint にはない一味違った表示ができる。

PDF ファイルのファイル名が slide.pdf ならば同じディレクトリに slide.pdf.info というファイル名で設定ファイルを書いておくと、実行時に一緒に読み込んでくれる。 めくる感じのエフェクトでページ遷移させるならば、以下のようなファイルを用意しておく。

 # for Impressive
 AvailableTransitions = [ PageTurn ]

また Tab キーを押すことで全スライド一覧表示に切りかわるのだが、これがズームですっと表示されるで格好良い。見れば良さを実感すること請け合い。

キー・ボタン操作のバッファリングには注意

起動すると impress!ve ロゴが表示されるのだが、その後最初のページが表示されるまで少し時間がかかる。 最初のページのロードが終わるとスライドショーが始まるのだが、自分はその前に impress!ve ロゴ画面でつい1ページ送ろうとマウスの左ボタンを押してしまった。 そうすると入力がバッファリングされていて、開始後2ページ目までに飛んでしまう。 この点については注意が必要だ。

特徴はこんな感じ。PowerPoint ラブではない*1ので、今後プレゼンテーションの際は使っていきたい。

*1とはいえ明日のプレゼンテーション資料は PowerPoint で作って PDFCreator で PDF ファイル化したのだけれども。

[ 2月19日全て ]

2009年2月20日 (金)

第1回 GP4 パートナー会議

naney:3295592750

九段会館で午後から株式会社レクサー・マトリクスの第1回 GP4 パートナー会議。 製造業をとりまく状況と、生産準備を支援するツール GP4 に関する今後の方針・事例・ロードマップの発表が行われた。

生産準備ツール GP4 による仮想ライン検討後実際に生産ラインに適用して生産性向上を実現したというユーザ事例発表では、仮想ライン上で試行錯誤することで現在のラインに対する客観的な再認識ができたり、現場から様々なアイデアが出たりしたなどの副次的な効果がでているとのことだった。 ソフトウェアを用いたカイゼン活動として非常に効果が出ている例であろう。

九段会館は今回初めて。 レトロで趣きのある建築物である。 お堀(牛ケ淵)ビューとイメージがあったのだが、今回は窓の外は内堀通り。 今度はぜひお堀側の部屋にも入ってみたい。

今日のさえずり - 乗客もっと絶望の表情になるべきだろ

2009年02月18日

  • 08:47 「おねむりピカチュウまつり」って、眠っているのに祭りだなんてとても気になる。 [mb]
  • 12:57 デジカメ上で間違えて消したデータ、DataRecovery で復旧できた。素晴しい。 *P3
  • 14:14 名刺の増刷ができてきた。社名がダブルネームになった。 *P3
  • 14:48 いじくるつくーるインストール。 *P3
  • 16:07 納期9日前に開発者から受けとったプログラムがひどい事になっている。 *P3
  • 21:40 NTTドコモ、特定サービス契約状態通知設定を「通知しない」に設定した。 *P3
  • 23:05 @zakwa ダブルネーム分給料くれればいいんだけれどねえ。今の1社名名刺貴重だからストックしておきたい。 *P3
  • 23:18 ホームエレクターのアクリル板が今日届いたので、ワイヤーシェルフの上に置いてみた。なんか不思議な感じ。すぐ傷つきそうだなあ。 *P3
  • 24:40 1日に数回 Dropbox 有料サービス申し込んじゃおうかという気持ちの波がくる。 *P3

2009年02月19日

  • 12:23 「一日機長の石川遼です」って、乗客もっと絶望の表情になるべきだろ。 *P3
  • 20:31 社長から「あれ、帰っちゃうの?」テレパシーを感じたが、会社を出た。 [mb]
  • 21:54 タイムライン見ていてたまに「あ、この人面白いな。follow しようかな」と思うことがある。follow しているから、そこに表示されているんだけれども。 *P3
  • 22:14 今日はずいぶん早い時間にアイロンがけした。 *P3
  • 22:19 まだ配布用にされないようにフッタに DRAFT と書いておいた資料がもりもり印刷されてた。「印刷しちゃイヤ」とか書いておくべきだったか。 *P3

2009年02月20日

naney:3294877232

  • 09:22 駅で足すべらせて転びかけた。スーツでシャレにならないので今日は慎重に歩く。 [mb]
  • 10:51 会社のデカ PC、マイバッグにはいらないでやんの。しょうがないので会社のコロコロつきバッグに自分の荷物と一緒に詰める。バッグインバッグ活躍。 *P3
  • 12:00 初岩本町駅。思ったより深い。えっ、都営新宿線て急行があるのか。 [mb]
  • 12:08 イマココ! L:九段下駅 [mb]
  • 15:23 イマココ! L:九段会館 [mb]
  • 15:37 もしかして社長 Twitter 見てる? [mb]
  • 16:26 ロードマップを発表した。へろへろ。 [mb]
  • 17:11 九段会館 [Flickr] http://tinyurl.com/de2ean
  • 17:48 懇親会のたぐいに弱いのが弱点。 [mb]
  • 18:47 立食パーティーの残りをスタッフでさらってる。 [mb]
  • 19:25 予想より早く帰社。 *P3
  • 19:39 @yamakiyo ZumoDrive は Linux 向けクライアントがない時点で選外。 *P3
  • 19:50 週末出社はすでに覚悟を決めている。 [mb]
  • 20:15 東京のこの間の陽気で始まった花粉飛散は雨とかでいったん落ち着いたろうと勝手に判断してマスクやめたら、じわりと鼻水・くしゃみが出始めた。 [mb]
  • 20:21 ベレビアン2月24日まで改装。 [mb]
  • 20:25 それでもイットキの快楽のためにマスクを外したくなるもんです。 [mb]
  • 26:46 寝る。 *P3
[ 2月20日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.044374s / load averages: 0.53, 0.35, 0.33
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker