nDiki : 2010年02月06日

2010年2月6日 (土)

Debianアップデートしたら Java プログラムが通信できなくなった

昨日 Debian GNU/Linux sidノート PC で久しぶりにアップデートをかけたら、無線 LAN がつながらなくなった。こちらは新しく入った linux-image を消したり、NetworkManager のフロントエンドを knetworkmanager から nm-applet に変えたりしているうちにつながるように。

これで大丈夫かと思ったら Web ブラウザなどは問題ないのに Java プログラムである Twitter クライアント P3:PeraPeraPrv が全くつながらなくなってしまっていた。こちらは有線 LAN でも駄目なので無線 LAN 関係は関係なさそう。

困ったなと思って調べていたら、java のコマンドライン引数で -Djava.net.preferIPv4Stack=true を指定すれば良さそうということで試しに

 java -Djava.net.preferIPv4Stack=true -jar PeraPeraPrv.jar

と起動したら無事アクセスできるようになった。ふう。

そこから調べてみると netbase 4.38 (2009年12月6日)から /etc/sysctl.d/bindv6only.conf で net.ipv6.bindv6only=1 と設定されるようになったのが影響しているようだ。

こちらの設定を以前と同様にするならば 0 に変更して

 invoke-rc.d procps restart

とのこと。

スポンサード リンク

今日のさえずり - Happy家計簿2010 の冒頭ちょっと読んでみて

2010年02月06日

[ 2月6日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.045184s / load averages: 0.52, 0.74, 0.92
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker