nDiki

2010年5月4日 (火)

メガネの愛眼 アトレ恵比寿店の検眼良かったよ

今かけている眼鏡2000年9月に作ったものでかれこれ9年以上使っている。 デザインは気に入っているのだがレンズのコーティングが一昨年秋ぐらいから剥げてきてみっともなくなってきており、いまや「ちょっと人前に出るのに自信が持てないよこりゃ」状態。 新調していたいなと思っていたところ、の知り合いが眼鏡屋さんに勤めているとのことで、このゴールデンウィークにそこへ買いにいってみることにした。

実は今まで眼鏡は処方箋無しで作ったことがなかったので、直接眼鏡屋の検眼で作るのはこれが初めて。 眼鏡小学生の時からかけているのだが、「目は大切だから」「眼科で測ってもらって」「上から2番目のレンズで(1番上は駄目らしい)」という教えを摺り込まれているせいである。 前回も眼科にいって処方箋を作ってもらってから眼鏡を作ったのだが、安心感はあるものの実際のところお金も時間もかかるのがネックであった。

眼科医師によるのに比べて眼鏡屋の検眼だと、店や担当者によってレベルの違いがあって当たり外れがあるのではないかという不安があったが、今回は知人がやってくれるということでそれほど悪いことはないだろうと思い処方箋無し臨んでみた。

で本日、ゴールデンウィークで空いていて穴場なアトレ恵比寿の5Fにある、メガネの愛眼へ。

まずは検眼をしてくれたのだが、思ったよりもこれが丁寧でいろいろ細かく測っていただいた。 今まで眼鏡屋でここまで測ってくれたことなかったよ。 眼鏡作りの視点で検眼するので、もしかして眼科より細かくチェックしてくれるのかな。 メガネの愛眼やるな。

良く見えるようにするには今より少し度を強くする必要があるが、仕事・プライベートでいつも PC を使っているので近くを見て疲れないようにすることを考慮して結局今の眼鏡と同じ度にすることに。 利き目が左なのだが右の方が若干良く見える度らしい。一般的には利き目がよく見えた方がいいらしいが、特に違和感がないのでこのままで。 今の眼鏡同様、乱視の矯正もいれないことにした。

度が決まったのであとはフレームとレンズ選び。

フレームは今の眼鏡より若干レンズ大き目になるが同じ感じのものを。 手荒に扱うのでプラスチックフレームだと絶対折りそうで NG。 レンズ下にフレームがないのも NG だし、結局似た感じになっちゃうんだよね。気に入ったからいいんだけれど。 冒険できないなあ。

レンズは厚さとコーティング強度を考慮してプラスチックレンズの中でグレードの良いものをチョイス。 今のものよりコーティングが保つことを期待。 フレームが今の眼鏡より大きいことから端がより厚くなってしまうので、今の眼鏡と同じように面取り加工をオプションでしてもらうことにした。

しかしレンズは安くなったなあ。今の眼鏡よりちょっとお高いレンズになっちゃうなあと思ったら2枚分の値段だった。今のより逆にずいぶん安い。

1回で眼鏡が決まって満足満足。 仕上がりは1週間後。楽しみ楽しみ。

メガネの愛眼 アトレ恵比寿店良かったよ。

スポンサード リンク
[ 5月4日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.17259s / load averages: 0.54, 0.45, 0.50
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker