nDiki

2010年6月25日 (金)

展示会における Twitter 活用についての考察

6月23日から今日まで、東京ビッグサイトで「第21回 設計・製造ソリューション展(同時開催 第14回 機械要素技術展・第18回 3D&バーチャル リアリティ展)」が開催された。 今年もうちの会社が出展したのと、最近その公認 Twitter アカウントのなかの人をやりはじめたので、会期中いろいろウォッチし続けた。

まず昨年に比べて Twitter 利用者が増えたなあというのが全体的な印象。 Twitter で投稿している来場者も増えたが、出展者側の利用もちらほら出始めた。 比較的大手もそうだし、零細企業ブースもそう。 やはり Twitter 活用を模索しているようだ。

以下、展示会における Twitter 活用について考えてみたことを書いておこう。

来場者と Twitter

実況レベルの人はさすがに見あたらず。 調査・商談が目的としてあるなかで、Twitter ばかりやれるような人はそうそういないだろう。 明らかに注目されている製品/技術についての投稿は見かけたが、こんなの発掘しましたとかいうのは無かった。

このため口コミであのブースが面白そうだという情報は Twitter からはまだまだ得られるレベルではなかったと思われる。 もっと多くの情報がリアルタイムに流れるようになれば、展示会場内でももっとタイムラインを見たり投稿されたりするようになるのかもしれない。

また現時点では Twitter の公式検索日本語については酷いことになっていて、使えないというのも痛いところだ。現地でさっとキーワードを考えて検索して情報が見つかるという環境になっていない。主催者主導のハッシュタグもなかったので、ハッシュタグ付き tweet は主に一部の出展者を中心にぼちぼちといったところだった。

今の時点では Google で「アップデート」コンテンツ タイプに絞って検索するのがいちばんウォッチしやすいのだが、Twitter クライアントから検索をかけるのに比べてモバイル環境では手間で現地ではそう使えないだろう。

自分のタイムラインに展示会情報が流れてくれば良いが、展示会の前に関連アカウントを探して follow しておくというのは手間すぎてほとんどしないはず。 実際のところ会期が始まってようやく来場者/出展者として捕捉できたユーザも多く、事前には follow しておけないだろう。

そう考えると spam になってしまうとまずいが、出展者側からうまく @ でからんで情報を投げてあげるといいのかもしれない。

出展者と Twitter

季刊・展コミ Vol.1

出展者の Twitter アカウントについては、まだまだブース案内など無難な内容が多かった。出展内容などをいろいろなバリエーションで面白くアナンンスするようなのはなかった。 ネタがないと、どうしても小間番号XXで展示してます的なのの繰り返しになりがちなんだよね。 自分もそうだったんだけれど、Twitter 担当者は現地またはオフィスで別の業務と兼任しながらでつきっきりでできないパターンが多いのではと思われる。 このあたりは今後、会期中専任というのも増えてまた変わってくるのかもしれない。

出展者側としてはうまく来場 Twitter-ers を補足して、メッセージを届ける必要がある。 各種検索で来場者を見つけたら follow して、あわよくば気がついて follow してもらうのが基本か。follow してもらえれば展示会後もつながりとして残る可能性があるし。

展示会のお役立ち情報を流してうまく ReTweet されて注目されるようになるのも案だが難易度は高め。

それからリストを作って関係者を follow してみるというのを実際やってみた。 直接メッセージを届けるのにはあまり関係ないのだが、これは比較的濃い会場の雰囲気が感じられるで良い。 ただ来場者は会期中の一期間しかいないため、会場から離れてしまったアカウントの tweet もリストに流れてくる。このあたりはリストから外すかどうか、外すとしたらどのタイミングにするかというのも難しいところだ。

主催者と Twitter

今回は知る限り主催者による Twitter 取り組みはなかった。 やはりまずは主催者が公式アカウントを立てるのとハッシュタグを呼び掛けてくれるのが軸として欲しいところだ。

正直なところ公式アカウントの followers リストは出展者にとって美味しすぎるリストなんだよね。

あとは公式アカウントが積極的に出展者や来場者にからんだり ReTweet したりしてくれれば Twitter 上でも盛り上がること間違いなし。

とだらだら書いてみた。 来場者も出展者も主催者もみんなハッピーになれるような活用がしていけるといいね。

スポンサード リンク
[ 6月25日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.267639s / load averages: 0.37, 0.43, 0.51
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker