nDiki : 2010年09月20日

2010年9月20日 (月)

スタジオは写真選びを捨てた

モテ写 キレイに見せるポージング

某スタジオで写真撮られてきた。

デジタルカメラによる撮影で、撮影後数十カット撮った中からプリントする画像を自分で選ぶスタイルだ。 オペレータの人はソフトウェアを操作して写真を順番に見せてくれて、その中から自分で絞り込んでいく作業を行う。

基本的にはオペレータは写真選びについてはノータッチ・コメント無し。 自分で選ぶのは楽しいけど、ほとんど同じようなカットが残ると選択に悩むんだよね。 今日選んでプリント注文しなかったデータは消去され、後日プリントしてもらったり一定期間後に CD-R で受け取れるデータにもならないので、選ぶ方も真剣。

良い悪いではないんだけれど、スタジオは写真を選ぶサービスとスキルを捨てたんだな。 まあ今回撮ったのがチェーン展開しているスタジオなので全てではそうではないはずだけれど。 昔の写真屋はフィルム撮影し現像して選択の上プリントとして仕上げてくれたわけだが、今は選択の工程を手放した。

とまあ考える点はあったが、衣裳選び・撮影・写真と仕上げ選びなど思った以上に楽しい数時間であった。リピートしている人の気持ちもわかるな。

以下メモ:

  • 持ち込み機材による静止画撮影は NG だが、ビデオ撮影は OK。ビデオで撮ってもたいして面白くないんじゃないかと思ったが、撮影中に Xperia でちょこっと撮った動画を後で観てみたら、結構楽しかった。ビデオで撮っておくと楽しさ倍増かも。
  • 四切と六切はびっくりするほどには大きさが違わないので、大勢の集合写真でなければ予算を考えると六切でいいかな。今回は六切にした。
  • 次点はハーフキャビネでリーズナブルな価格でプリントしておいた。後でスキャンして複製しようかと。
  • 何だかんだいって予定していた枚数よりは増えて、予算よりは高い出費。スタジオがプリントするしないは別に色々なバリエーションで撮ってくれるので、欲しくなってしまうという罠。その辺りの考えて予算を考えておいた方がいいかも。
スポンサード リンク
[ 9月20日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.045442s / load averages: 0.34, 0.47, 0.54
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker