nDiki

2011年10月29日 (土)

YAPC::Asia Tokyo 2011 関連 300人超 Twitter リストの作り方

rimage:/nDiki/2011/10/29/YAPC-Asia-Tokyo-2011-logo.png

YAPC::Asia Tokyo 2011 が終わってはや2週間。クロージングの時の発表だと参加者数は672人だったとか。 今回も当初から参加者・関係者らしき Twitter-ers のリストを作ってたんだけれど、最終的には300人以上を GET(すでに削除済みです)。 そのリストの作り方を以下にまとめておこう。 イベント参加時や主催時に役に立つかも。

リストを作ってまずメインをおさえる

まず公式アカウントを登録。 そして運営の中心人物のアカウントなどを登録。鉄板。

follow 推奨。

チケット発売開始ぐらいから Twitter 検索

チケット発売開始後「チケット買った」というのが Tweet されるようになる。公式ハッシュタグ #yapcasiaYAPC キーワードで定期的に

検索してピックアップ。

チケット買ったという人はほぼほぼ参加者。 ただしこの手の Tweet はそれほど多くない。 また発売直後以外は細々といった感じである。

参加者を事前にキャッチしておくのにイベント名や公式ハッシュタグ検索が有効そうな気もするが、いくつもイベント参加者収集をした経験からすると開催日前日ぐらいまではほとんど Tweet されないと思った方が良い。

個人スポンサーをチェックする

YAPC::Asia Tokyo では今年から個人でスポンサーになれるようになった。 個人スポンサーの方々は「スポンサードしたった!という名誉」ページにニックネームとアイコンが掲載される(Anonymous の方もいる)。 感謝するとともにリストに登録。

たいがいニックネームが Twitter アカウント名と一致するけど、そうでない場合は Google 検索するとかアイコンGoogle 画像検索するかでだいたい捕捉できる。

これらの方々は deep な方が多いので follow 推奨。

スピーカーが発表されたらチェックする

公式サイトでトークが確定したらスピーカーをチェック。YAPC::Asia Tokyo だとニックネームが併記(あるいはニックネームのみ)されているので、これらで Twitter アカウントを捕捉。9割以上は見つかる。鉄板。

follow 推奨。

1週間ぐらい前からこまめにハッシュタグ・キーワード検索

「開催日前日ぐらいまではほとんど Tweet されないと思った方が良い。」と先には書いたが、YAPC::Asia Tokyo に限っていえば、1週間ぐらい前からスピーカーとか遠方からの参加者を中心に Tweet が散見されるようになる。

公式タイムテーブルにのらない LT 関連の人も発表どうするかなといった Tweet が見つかる。

これらを捕捉。

ATND

参加者捕捉で最強なのは ATND。 ATND アカウントは Twitter と関連付けされている場合が多いので、勉強会などで ATND 使っていると、かなり特定分野に興味がある Twitter-er を見つけることができる。

今回は懇親会と後夜祭で ATND が使われていたので、Twitter 関連付けされているアカントで参加表明している人をどんどんリストに登録。

片っ端からの登録作業をしていると twitter.com Web サイト上で limit にかかってしまうぐらい強力。

当日

当日になると参加者がイベント名やハッシュタグ付きでガンガン投稿しはじめる。 参加者捕捉的には一番ホット。 ただし「あ今日やっているんだ」「行けなくて残念」的な投稿も相当数あるので見分けるエネルギーが必要もあったりする。

実際のところは自分もイベント会場にいてトークを聞いたり Tweet したりで忙しいのでリスト管理はほとんどできない。 当日は直接会えた人との時間を大切にしたり、検索タイムラインでリアルタイムにその場の雰囲気を共有したりするのにエネルギーを費した方が吉。

開催中の帰宅後

今回は補助的に Formulists(紹介記事) のキーワード検索結果からの自動リスト生成を補助として動かしててみてはいた。 帰宅してからこの自動リストをチェックしてリストへ追加はするなど。

ここまででルール

なおお約束としては、リストを公開リストにするならば

  • 参加表明的な投稿を public にしている
  • スピーカーなど公開情報として参加が衆知である

以外の人は、仮に参加することがわかっていてもリストに登録しない。

なんでそんなリスト作りするの?

パンフレットには「YAPC::Asia Tokyo 2011の楽しみ方」として

  • トークを楽しもう!
  • 交流しよう!
  • 企業・スポンサーの方達も!

というのが上げられている。交流できるといいよね! でも想いと行動が一致しなくて悶々としているシャイな人も多いはず(含む自分)。

事前に Twitter で follow しておくと、当日「Twitter で見たことあります」「この間 follow してくれましたよね」と言われることが結構あり話題のきっかけになる。 当日アイコン入りの名刺やカードを ID ケースに入れておくと効果あり(イベントでマイ ID ケースをさげるの有効)。 もちろん follow しておけば無敵というわけではなくて、あくまでも交流には勇気がいるわけであって勇気がないと全然足しにはならないわけではあります。

しかしながら当日交流できなかったとしても、同じ分野に興味を持つ Twitter-ers を見つけられること自体結構価値がある。

シャイな Twitter-er は勉強会イベントの前にやってみるといいよ。

スポンサード リンク
[ 10月29日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.234363s / load averages: 0.70, 0.74, 0.73
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker