nDiki

2012年2月21日 (火)

イケてることに敏感になる「リアル イイネ! カード」を自作した(非公式)

ANAが目指すCS」(記事)を読んだら Good Job Card が紹介されていた。

さらに、職場内で「がんばる→褒める→がんばる」とうサイクルを回していくための補強策として、「グッドジョブ・カード」という新しい仕組みを導入した。-- ANAが目指すCS p.37

「グッドジョブ・カードは、自分がスキルアップして、お客様と接したときに喜んでいただきたい。自分も褒められ、お客様も嬉しい。そういう風土にしていきたいという想いから生み出されたものです。(略)」 -- ANA が目指すCS pp.37-38

あ、これはいいな。

そういえば「行動力力」(記事)でも「感動した、と白状しろ。」で

僕はいつもさまざまなサービスを受けている。そしてときどき、とてもうれしくなってしまうようなサービスを受けることがある。彼ら、彼女らは、なにがいいかというと、なんとも雰囲気が素敵である。そんなサービスに出くわすと僕は「我々はあなたのサービスを愛している」というメッセージカードを渡すことにしている。-- 行動力力 p.128

と書かれていた。ちょっと照れくさいかもしれないけれど、いいんじゃない。2度ピンときたということはもう「すぐやる」しかないね。

ということでANA 本で Good Job Card のところを読んだ先週木曜日の夜にさっそくデザインを作成。翌日の出勤前に残っていた名刺用紙にプリント

naney:6888711977 イイネ! を提供しているところで仕事しているので「イイネ! カード」にしてみた(あくまでも非公式です)。作成はTwitter 名刺を作るのと同じ要領で。

このカードは懐に忍ばせておくだけで、他人のいいところを見つけようという力がものすごく働く。実際持ってみると理屈以上にだ。ものすごい。

ANA 本では

「何よりも、このカードを渡し合うようになってから、お互いに周囲の人の働きぶり・行動に関心を持つようになったのは大きな変化だった。-- ANAが目指すCS p.38

と言っている。

また「行動力力」では

このカードを渡すメリットは、いいサービスに敏感になれるだけじゃなく、「感動した!」という自分の価値観を、後日誰かとシェアしたくなることだ。(略) この後すぐに誰かと会い、「こんなことがあってさー」と話すと、副産物として、自分の価値観を確認できるわけだ。-- 行動力力 p.128, p.131

と自分の価値観を知ることができるといっている。

このカードを使うだけで

  • イケてる行動やサービスに敏感になる。
  • 自分の価値観を知ることができる。
  • まわりがイケてる雰囲気になる。

わけだ。使わない理由ないよね。

スポンサード リンク
[ 2月21日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.102504s / load averages: 0.28, 0.59, 0.59
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker