nDiki

2013年1月8日 (火)

Windows でローカル IMAP サーバとして立てていた hMailServer が遅いので捨てた

ちょうど1年前に、デスクトップ PC とノート PC の両方でメールを読めるようにと hMailServer で Windows にローカル IMAP サーバを立て(記事)運用してきたんだけれど、もうやめてとりあえず POP3 でおとなしくメールフェッチすることにした。

結局のところノート PC ではあまりメールを読まなかったので、あまりメリットが無かったのが理由の1つ。そしてメイン理由は「性能」。管理しているメール数が多くなるにつれて、Thunderbird 上でフォルダを開いたり既読に変更したり移動したりといった操作がストレスになるぐらい遅く感じられるようになってきた。また大きな添付ファイルのあるメールがあったりする時もかなり遅い。森本さんが「マルチスレッド的な性能が著しく低かった」とコメントくれていたのもうなずける。さっとメール処理をしたい時に仕事にならないのはちょっと困る。

あとついでにいうと、メールを送信するようなコードを書くことがよくあって、テストで自分にメールを送るわけだけど、この構成だと Thunderbird で受信を実行しても駄目で、hMailServer の POP3 フェッチ定期実行待ちをしなければならないというのも不便だったりする(hMailServer の管理ツールから強制的にフェッチを実行させることもできるけどめんどい)。

数少ない Windows 上で動くフリーの IMAP サーバだっただけに性能問題は残念。hMailServer 自体はバックエンドで MySQL を使えたりする(デフォルトでは組み込まれている Microsoft SQL Server)ので、きちんと設定すればもうちょっと速くなるのかもしれない。そこまで手間かけたくないけど。

スポンサード リンク
[ 1月8日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.210057s / load averages: 0.74, 0.44, 0.35
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker