nDiki

2013年2月27日 (水)

アイデアとシード用に再び Android/iOS ノートアプリ Catch を入れてみる

Evernoteアイデア・種用のノートブックを作ってはあるんだけれど、Evernote だと明示的にその中のノートを指定して開く形なのでなかなか見返さなくて死蔵しがち。やはりストリームの様に眺められ、かつ書き込んでいけるタイプのがいいな。

ということで昨年ちょっと使っていた Catch を再び Android 端末にインストールして使ってみることにした。巻物 UI でぐりぐり辿っていけるので、ざざっと眺めるのに便利。

iOS 版もあるので iPad 2 にも(iOS 版は Catch Notes。というかこちらは前回インストールしてからアンインストールしてなかった)。

前回しばらく使ってみた時の経験もふまえて以下のようにするつもり。

  • ストックには向かないので、そういうのは最初から Evernote に入れておく。あるいは定期的に Evernote に移す。
  • ノートEvernote と Catch に分かれてしまうとどっちにあるとかストレスになるので基本は Evernote で、アイデア系やネタ系のみ Catch に入れるようにする。
  • 一般的なテキストエディタライクな UI をもっている Ak Notepad というのがあって Catch のスペースと同期して編集することができるので、ドラフト的なちょっと長いものとかは適宜こちらで編集する。

あ、あと好きな言葉を入れておいて見返すという用途にもいいな。

なお例によって紹介プログラムがあって、紹介経由で登録すると1つスペースが多い状態で使い始められるので、身近な人で始めたい人がいれば声をかけてくださいませ。


[ Android アプリレビュー ]

スポンサード リンク
[ 2月27日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 2.241505s / load averages: 0.49, 1.08, 0.99
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker