nDiki : 2013年11月15日

2013年11月15日 (金)

GitHub トレーニングチームから学ぶ Git の内部構造 #githubjp に行ってきた

naney:10867844766

GitHub 主催の「GitHub トレーニングチームから学ぶ Git の内部構造」に行ってきた。会場は Yahoo! JAPAN のある東京ミッドタウン。

内容的には「入門Git」の始めの方で説明されている Git のデータ構造(もはやファイルシステム)について。「Git の内部: グラフ、ハッシュ、圧縮」というのがトピックとのことだったので、漠然と Gitソースコードレベルでの話題になるのかなと思っていたのだけれど、そうでなかった。

新しく知った事:

  • ./git/objects/<..>/<filename> の<..> の2文字はオブジェクト ID の最初の2文字(大量ファイルのディレクトリ分割のためというのはわかっていたけれど、ああ単純に最初の2文字だったんだ)。
  • git fsck でリポジトリの不整合が見つかっても復旧はできない。復旧バックアップからすること。
  • pack という処理がある。詳しくは後で調べる。

オブジェクトが不変でかつ同じ内容ならオブジェクト ID が必ず同一になることを利用して、オブジェクトファイルを共用していることを発表中「ハードリンク」と言ってしまったけれど、多くの人がファイルシステムのハードリンクで実現されていることと勘違いしていた模様。質問を受けて説明しなおしていたけど。

ちなみに実際にファイルシステム上でハードリンクになるのは、ローカルリポジトリを指定して clone した時。大きなリポジトリでもローカル内で clone する分にはストレージ容量的にはあまり気にしなくて大丈夫。

スポンサード リンク

コールセンター/CRM デモ&コンファレンス2013 in 東京 (第14回) に行ってきた

naney:10878380993

サンシャインシティ・コンベンションセンターで昨日と今日の2日間開催された「コールセンター/CRM デモ&コンファレンス2013 in 東京 (第14回)」に行ってきた。 行くのは2011年の回以来2年ぶり2回目。

2年前に来た時よりコンパニオンが多い気がするのは気のせいか、それとも業界の景気が変わったのか。あと2年前に比べてアクティブサポート系のソリューション出展は激減した印象。そのかわりどこもかしこもクラウド・クラウド。 ユーザー(センターの人)から見ると「クラウド型」かどうかではなくて課題が解決できるかどうかが大切なのだけどね、やっぱり機能/構成ベースでの紹介になりがちだよねぇ。

ワークショップは1本「テクニカルセンターが売上を創出するようになるまで~富士通パソコンFMVコンタクトセンター運営ノウハウ~」を聞いた。センターとしてコストダウンするだけではなく、改善により捻出したリソースを売り上げ/付加価値創造につなげ、コストを相殺としようという話。わりに自分達が取り組んでいるのと考え方的に近い部分があった。

問い合わせて課題解決につなげるだけでなく、新しい購買につなげていくのを1つの部署で進めているというのはサイクルとして確かにいいな。ここは参考にしたい。 売上貢献額をどう算出するかというのはあるね。

1点気になったのは「会社からは常にコストカットを求められる」など、何か会社 vs. センター的な構図な言い回しだったこと。発表中ではいろいろ協力したり相互理解したりとか出ているので実際にはそうではないとは思うんだけれどちょっと気になった。「会社からは」の会社って経営陣ということなのかな、センターだって会社の一部だしね。一心同体的な意識はもっとあった方がいい気がした。

今日のさえずり: 尻に入るノートを調達

2013年11月15日

[ 11月15日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.046492s / load averages: 0.54, 0.37, 0.27
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker