nDiki

2014年1月22日 (水)

必要なく output parameter 使うのやめましょう

関数で結果を返すのはできるだけ普通に返り値を使う。参照渡しされた引き数に結果をセットして呼び出し側に返すなどといった output parameter を使うような関数仕様にしないのが望ましい。

C 言語のように多値が返しにくい場合や、最適化が必要で無駄なコピーをできるだけ割けたいケースの場合は許容されるけれども基本避ける。

output parameter を使うとコードが理解しづらく読みにくくなる。引き数がそれぞれ input parameter なのか output parameter なのか input/output parameter なのかを意識しなければならなくなる。また output parameter や input/output parameter は関数合成を妨げる。


[ プログラミング ]

スポンサード リンク
[ 1月22日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.082223s / load averages: 0.58, 0.49, 0.63
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker