nDiki : 2014年07月04日

2014年7月4日 (金)

Emacs で更新するたびにバッファを自動で上書き保存する設定

ノート PC 上の EmacsDropbox で共有しているファイルを編集してフタを閉じて家を出る。 スマートフォンだったり別の端末でそのファイルを参照したり続きを書こうとしたりしたら……あれさっき書いたやつは……上書き保存 (C-x C-s) し忘れたままサスペンドしてしまったか……。あるある。

結構切ないので更新するたびに自動で上書き保存するように設定しておくことにした。 この手のは kentaro 氏 の auto-save-buffers-enhanced.el が有名なようなのでそれを利用させていただく。

設定はとりあえず以下。

 (require `auto-save-buffers-enhanced)
 (setq auto-save-buffers-enhanced-interval 3)
 (setq auto-save-buffers-enhanced-include-regexps '("/howm/capture/"))
 (auto-save-buffers-enhanced t)

~/var/howm/capture/ 以下など /home/capture/ がパスに含まれるものを自動的に保存するように設定した。慣れてきたらだんだん対象を増やすつもり。

自分は開いているプログラムのソースファイルに気がついたら 'p' とかよく間違えて入力しちゃっていることがあるので、全部自動保存対象にするのはやめておく。あと保存したら即公開系のものもちょっと危険なので対象外にしておくつもり。

それとファイルの保存時に hook で delete-trailing-whitespace を呼んで行末の余分な空白文字列は除去しようとしている(プログラムを書く人ならみんなそうしているよね?)んだけれど、しょっちゅう自動保存が走ってそのたびに毎回行末の空白が消えるとちょっと困る(英単語間のために空白を入力している状態の時とか)。

Org Capture で追記する時なんかも

 - [2014-07-04 23:10:20] (←ここにスペース1コ)

を自動挿入しているのだけれど挿入した直後に上書き保存されてテンプレートの最後の空白が無くなるとがちょっと嫌。ということでインターバルは3秒に設定してみた。これぐらいなら問題ないはず。

スポンサード リンク

今日のさえずり: 昨日 TweetDeck の名前を久々に聞いたので、また使ってみている

2014年07月04日

  • 13:40 昨日 TweetDeck の名前を久々に聞いたので、また使ってみている。まだあったんだっていう感じだったけれど User Streams 対応なのでだらっと流しておくときは便利だな。
  • 14:14 “Filii -世界とつながる時代のこどもセキュリティ-” http://bit.ly/1vE05X2
  • 20:11 Emacs に auto-save-buffers-enhanced.el 入れて capture 用のファイルは更新したら勝手に保存されるようにした。
  • 20:16 delete-trailing-whitespace とちょっとだけ相性が悪い。
  • 20:22弁当屋でもらうふりかけが17個とかたまっているので持って帰ろう。
[ 7月4日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.044767s / load averages: 0.51, 0.62, 0.63
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker