nDiki

2014年11月30日 (日)

ぼっち Slack チームでチャネルをタイムライン型ノートにしよう

最近チャットツールとしてよく使われるようになったチームコミュニケーションプラットフォーム Slack なんだけれど、時系列的なパーソナルノートとしても便利なので一人 Slack チームを作って使っている。ぼっちつぶやき用。

以前からプライベートで使える Twitter のようなタイムライン型のツール/サービスが無いかなと思っていたのだけれど Slack がいい感じになりそうだ。

一人 Slack チームのやり方

naney:15724707820

(画像は https://slack.com/ より。)

  • slack.com (この URL からサインアップすると $100 分のクレジット付きサインアップできます。)

上のリンク先で「Email Address」に自分のメールアドレスを、「Company Name」に新しく作りたいチーム名(自分のニックネームなどでも大丈夫。あとで変更可能。)を入力して「Sign up for Free」を押す。

(今だとボタンを押した後にチーム規模などをについての質問アンケートが表示されるのだけれど、これをやっておくと $100分のクレジットもられるのでやっておくと良い。)

入力したメールアドレスに招待メールが届くので指示に従って Slack チームを作成する。ログインしたら #notebook といったノート用のチャネルを作る。

また、もし Twitter をやっているなら

  • https://<myteam.slack.com>/services/new/twitter (<myteam.slack.com> はチームで設定した URL のもの)

から Twitter 連携を設定しておくとよい。「Auto-post Tweets in Slack」で「Post tweets sent FROM this account」をチェックすると指定したアカウントの Tweet を Slack のチャネルに自動的にポストしてくれるようになるので、#notebook に流すようにしておけば公開で書いたものと Slack に自分用のみなものとして書いたものとを同じ時系列上に一元管理できるので便利。

設定ができたら、あとは Web ブラウザからサインインして書いたり、Android デバイスや iOS デバイスに公式アプリをインストールして使えば OK。

どんどん書き溜めていっても良いし、デイリーなどでふりかえりをして日誌や記事などにまとめなおしても良い。

チャネルは複数作ってトピック別に使い分けることもできるけれど、後で整理したくなって投稿をチャネル間で移動といったことは困難なので、あまり分けない方が良いと思う。

一人 Slack チームを使うことの良いところ

  • デバイス
    • PC からもスマートフォンのアプリから簡単に書き込める。
  • 公開範囲
    • プライベートなタイムライン型のノート(あるいはライフログ的記録)ができる。
    • 先に書いたように Twitter 連携で公開しているつぶやきも一緒に記録しておける。
  • 編集
    • 再編集ができるので、投稿を後で整理できる(ただし投稿日時の変更はできないので、順序の入れ替えや挿入はできない)。
  • 閲覧
    • 指定した投稿の前後を簡単に見られる。
    • 日にちを指定して見られる。
    • きちんと検索できる。
  • その他
    • 他に所属しているチームで Slack を使っていても PC・アプリではチームを切り替えて使えるので問題なし。

既に開発チームなどで Slack を使っている場合その Slack チームで自分だけが属するプライベートグループを作ってやる方法もある。自分以外しか入れないのでチームオーナーにも見られることはない。ただし、Slack Plus 以上ならチームオーナーが自分が入っていないプライベートグループに対して Compliance Export を実行できるので、それが気になるなら一人 Slack チームを作って使った方が気がねなくて良い。

無料のライトプランだと 最新の10,000メッセージまでしかアクセスできないのだけれど、これはが多いか少ないかは使い方次第なのでなんとも言えないところ。自分だと数年は問題ないかな(日記/日誌にまとめたものは消しても良いし)。

スポンサード リンク

[ 11月30日全て ]

Related term

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS の企画開発を行うグループのマネージャーをしています。CS 向上・コミュニティマネジメント・ユーザーサポート・健全化などにも取り組んでいます。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス

Process Time: 0.315148s / load averages: 1.04, 0.85, 0.74
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker