nDiki : 2016年03月30日

2016年3月30日 (水)

Google Keep をソーシャルメディアドラフトストックツールにする

後で SNS に投稿したいなと思う事がが頭に浮かぶことがあります。以下のようなパターン。

  • 後で何かをしたタイミングで投稿したいつぶやき。
  • 日時・場所などが特定されるのを避けるため、時間を置いてから投稿したいつぶやき。
  • 時間のある時に正式用語を調べたり推敲したりしてから投稿したいつぶやき。

1つのソーシャルメディアだけを使っている場合はそのアプリの下書き機能を使えば良いのですが、mixiTwitter、あるいは SlackFacebook などに投稿しわけているとなかなかそうもいきません。

一箇所にストックしておくのに良いツールはないかとチェックしたところ 以前たまに使っていた Google Keep が良さそうなのであらためて利用することにしました。

ソーシャルメディアドラフトストックツールとして Google Keep を使う利点は

  • PC とスマートフォンのどちらでも書ける。
  • Buffer などのように直接予約投稿はできないけれど、日時・場所でリマインダーを設定しておける。
  • AndroidGoogle Keep アプリからインテント(メモを送信)を使うことで、他のアプリにテキストを渡してさっと投稿できる。

3年前に Google Keep がリリースされた時は共有した時に最後に「Google Keepから共有」余分なテキストがついてしまうのでこういった使い方には向いていなかったのですが、いつの間にかつかなくなっていたのですね。わかってらっしゃる。

Android デバイス上でのテキストの一次入力アプリとしては SupportText Pro(サポテキ)を使っていて「まずはサポテキに入力してから他のアプリに送って実際に投稿」というように今はしているのですが、デバイスローカルなサポテキに比べて Google Keep では PC からも利用できるるという利点があるので Google Keep にその座を渡そうかと思っています。


[ Android アプリレビュー ]

スポンサード リンク

今日のさえずり: 打ち上げは定番のファミレスで

2016年03月30日

[ 3月30日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.051763s / load averages: 0.53, 0.62, 0.59
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker