nDiki

2016年6月10日 (金)

チケット ID でやりとりする

みんなで大小様々なプロジェクト(企画開発やタスク)を同時に進めている場合は、常に全てを頭で把握しておくことは困難ですしまたナンセンスです。その代わりに各プロジェクトの情報を知りたいと思った時には、あちこち探しまわることなくさっと手に入る状態にしておくべきです。

そのためには、まず前提として必要な事柄が書き出されてオープンに情報共有できている状態にある必要があります。

そしてそれらに簡単にたどりつけるようにするために各プロジェクトやタスクに ID (番号やキー)を発行し、チケット/タスクカードやドキュメント、コミットログなどに明記するのが、現実的に一番取扱いやすいです。

JIRA のようなユニークなチケット ID がチケットに発番され、かつそのチケットに permalink のあるチケット管理ツールを中央に据え、その ID を活用することでぐっと情報が共有しやすくなります。ここで ID 形式がさっと人が読んだり手書き・手入力したりできるものであることが大切です。

そういう点で言うと Trello は permalink しかないのでセンターを取れないなと思っています(Trello アーカイブ性も弱いという点もあります)。

[ 6月10日全て ]

About

Process Time: 0.036378s / load averages: 0.45, 0.56, 0.50