nDiki : 2016年12月中旬

2016年12月11日 (日)

床屋と PC での読書と【日記】

午前中に床屋に行ってきました。 10:15 いつものアドバンストヘアーナカタニで。9月28日以来約2カ月半ぶり。カットしてもらったあと、染められる前の白さが切なくなってきました。いつかはカラーをやめる時がくるのですが、その時はいつなのか、床屋に来るたびに考えてしまいます。

本を読むのが近頃あまり進まないなと思ってましたが、 PC で読むのが一番読みやすくなってしまっていることに気がつきました。紙の本よりも Kindle Paperwhite よりも PC の方が性に合っているようです。

スポンサード リンク

今日のさえずり: おっぱいでてると言われたので、最近再開した筋トレをたゆまず続けます

2016年12月11日

  • 07:35 おっぱいでてると言われたので、最近再開した筋トレをたゆまず続けます。
  • 11:41 散髪した。
[ 12月11日全て ]

2016年12月12日 (月)

iPhone SE への機種変更準備

image:/nDiki/2016/12/12/2016-12-12-081113-nDiki-1200x900.jpg

明後日 iPhone 5c から iPhone SE に機種変更になるにあたり、先に iPhone SE を今日設定しておきました。

iPhone SE 用ケース

ラスタバナナ iPhoneSE/5s ケース/カバー ハード クリア ストラップホール付き アイフォンSE/5s スマホケース 2258IP6C

まずはケース。iPhone 5c と同様ストラップをつけておきたいのでケースを先日注文しました。 iPhone 5c 用に比べると圧倒的に種類が多いのですが、その分どれが良いのか迷ってしまいます。前回買ったラスタバナナで不便が無かったという理由でまたラスタバナナにしてみました。iPhone 5c 用を11カ月弱使っていますがネックストラップ部も壊れることなく使えています。

iPhone SE 用を装着してみたところジャストサイズすぎてちょいキツいかなという印象はありましたが、四隅をしっかり押してはめることできちんとはまりました。ケースはしばらくこれで。

端末とアプリを設定

アプリと設定の棚卸しも兼ねてバックアップからの復元は使わず、順番に設定していきます。もともと端末にはほぼデータを置いていないので、基本はアプリをインストールしつつ順番にサインインしたり設定をしたりです。

面倒になりがちな2段階認証まわりは、2段階認証アプリを IIJ SmartKey に変更してあるので今回はさくっといきました。IIJ SmartKey 良いです。

今日のさえずり: 会社貸与端末を雑に扱っているとわざわざ世間話で宣言する人の気持ち

2016年12月12日

  • 08:00 CS 開発のひと。 / “CS開発ってなーに? - Qiita” http://bit.ly/2gM2tLA
  • 22:06 会社貸与端末を雑に扱っているとわざわざ世間話で宣言する人の気持ちが分からなかった。
  • 24:00 iPhone の機種変更準備できた。
[ 12月12日全て ]

2016年12月13日 (火)

第8回 エッセンシャル スクラムを読む会

エッセンシャル スクラム: アジャイル開発に関わるすべての人のための完全攻略ガイド

社内で「エッセンシャル スクラム」を読みたい人が集まる勉強会8回目。今日は第8章 技術的負債。

スクラムのコアコンセプトの部でわざわざ技術的負債について1章割くというのがふーんという印象でした。ベロシティに大きな影響を与えるので避けて通れないというところでしょうか。あるいはウォーターフォールと違って返済していくチャンスがあるからでしょうか。

技術的負債

技術的負債。当初は

意図的に手抜きをしてすばやく仕上げるという意味

技術的負債を抱えるということは、今後の作業のための時間を担保にした融資を受けるということだ。

からきていて、後々返済する必要が出てくる代わりに先に経済的効果を得ているものを指しています。単純にまずい設計や実装のことまで技術的負債と世間で呼ばれていることがありますが、個人的には違和感を感じています。本書ではナイーブな技術的負債と呼んでいますね。

技術的負債ですが

大切なのは、どんなプロダクトであっても技術的負債からは逃れられないということだ。私はここで、技術的負債をなくすよう努力しましょうなどと言うつもりはない。仮にそんなことができたとしても、負債をゼロにするためには大変なコストがかかるだろう。

ということで必ずしも罪悪感を感じる必要のあるものではないことがわかります。きちんと把握してコントロールしていくことが重要です。

ただ

技術的負債の経済的意味についての適切な認識

については、正直なところなかなか正確に見積もれることがない気がします。技術的負債を生むという選択をした時にそこまで見積もる余裕がない、あるいはあっても先のことなので詳細化しきれない、そういうケースが多いのではないかと。

技術者レベルでの技術的負債の可視化

  • 方法1: 障害管理システムに記録する
  • 方法2: 技術的負債を表すプロダクトバックログアイテムを作る
  • 方法3: 技術的負債バックログを作る

サイズが大きいものは方法2の方が時間をとって返済しやすく、サイズが小さいものは方法3の方が「フィーチャーよりも優先度が低くていつまでも返済されないということがない」ので返済しやすいようです。

技術的負債の返済

  • 作業中に偶発的な技術的負債が見つかれば対応できるところまで対応する。
  • スプリントごとに既知の技術的負債のいくつかを返済対象として対応する。価値をもたらすフィーチャーの開発と関連するものを一緒に進めることで金利の高いものから勧められる。

あたりがポイント。

「技術的負債返済スプリント」だとか「リファクタリングプリント」などといった言葉がチーム内で出てきたら、危険信号だ。

ということで、技術的返済のみに注力するのは価値を提供し続けるというのに反するで望ましくないとありました。

また実際のところ利息がほとんど発生しない技術的負債もあるので、きちんと見極める必要がありますね。

今日のさえずり

2016年12月13日

  • 12:00 「自分のコンテンツを機械学習テクノロジーの適用対象から外す(監督時の人間による目視確認を含む)ことを希望される場合」 / “プライバシーポリシーの更新に関するお知らせ(2017 年 1 月) – Evernote ヘルプ&参考情報” http://bit.ly/2hmW3X7
[ 12月13日全て ]

2016年12月14日 (水)

YWTM はやっていないことを書きにくい

1つのチームのスプリントふりかえりに YWTM をやってみているのですが、この手法だとフォーマット的に「やっていないこと」をやはり書きにくいですね。

やったことをふりかえるのにはいいのですが、チームで改善サイクルをまわすには KPT(KPTA) の方がやりやすいかなと感じています。

今日のさえずり: Qiita:Team にプロダクトバックログを書いておくの、限界がきた

2016年12月14日

  • 08:12 昨晩 Solid Explorer から Macファイル共有にアクセスしようとしたけれど駄目だった。現状 SMB だと駄目っぽい。
  • 14:48 YWTM はフォーマット的にやっていないことを書きにくい。
  • 20:45 Qiita:Team にプロダクトバックログを書いておくの、限界がきた。
[ 12月14日全て ]

2016年12月15日 (木)

Year-End Party 2016

今日いつもの場所で全社全グループの Year-End Party (YEP)。

そういえば今年は CS 部門からプロダクト部門へ移り、担当範囲・役職・チームメンバなどいろいろ変わった年でした。失うものあり、学んだものあり。個人的にもきちんと1年をふりかえり来年につなげたいなと。

今日のさえずり: トラックボールといえば「テーカン ワールド カップ」しか思い浮かばない

2016年12月15日

  • 13:39 トラックボールといえば「テーカン ワールド カップ」しか思い浮かばない。
[ 12月15日全て ]

2016年12月16日 (金)

左手にもったスマートフォンで気軽に撮影できていなかった

手元にスマートフォンがあっていつでも写真を撮れるはずなのに、ちょっと億劫に感じてあまり撮っていないです。そして Cybershot U シリーズみたいなビジュアル・ブックマーク機が新しく出たらいいのになとちょくちょく思います。

でなぜ億劫なのかふりかえってみたところ「スマートフォンを左手に持っているから」なんじゃないかなと思えてきました。普段ストラップを手に巻きつつスマートフォンをホールドしているところに横位置で撮影時には右手に持ち替えることになるのですが、これが無意識のうちに面倒だったのかなと。

考えてみれば横位置でもスマートフォンを左手に持ったまま撮れるんですよね。レンズ位置が下に来るので右手が添えづらいですが慣れれば大丈夫かな。

ちなみにアップルの iPhone 7 サイトのプロモーション動画中の撮影シーンでは左右両方混在してました。Xperia のプロモーションでは右側のシャッターボタンが上になっている撮影シーンに統一されているようです(ぱっと探した範囲では逆は見つかりませんでした)。

今日のさえずり: 1週間スプリントのチームは小まめにプロセス改善のトライができるな

2016年12月16日

  • 08:34 きのうはどうも!
  • 10:54 コインゲットしている音がどこかから聞こえてくる。
  • 12:00 1週間スプリントのチームは小まめにプロセス改善のトライができるな。
  • 20:15 iPhone 5c リセット完了。
  • 21:00 9月中旬に眼鏡を変えたの、今まで会社で誰からも声をかけてもらえなかったのでついに自分からアピールすることになった師走の金曜日です。
[ 12月16日全て ]

2016年12月17日 (土)

小学生のあいさつの言葉でチームワークを考えさせられた【日記】

とあるイベントの「おわりのあいさつ」で小学生が「苦手な人などの事も考えて協力する」「全員が手を抜かないで本気でやる」といったようなことが大切と言っているのを聞いて、あらためてチームワークについて考えるきっかけになりました。

小学生でもやっているのに、大人になるとやらなくなっちゃうのってもったいないです。

今日のさえずり: ヒトシ君ボッシュートジングル聞きたい

2016年12月17日

[ 12月17日全て ]

2016年12月18日 (日)

録画失敗していた番組を Google Play ムービー& TV で【日記】

アイカツスターズ!の小春とのお別れ回がきちんと録画できていませんでした。重要回っぽいので配信を探したところいくつか有料配信しているところがありました。

どこも同額なので、ここは使い慣れている Google Play ムービー& TV で視聴。108円。

Amazonプライム・ビデオでドキュメンタル(お笑い)もちょっと観始めたけれど、時間の関係で面白くなる前にストップ。

今日のさえずり: ムシバラス、現役っぽい

2016年12月18日

  • 08:51 ムシバラス、現役っぽい。
  • 19:28 アイカツスターズ!の小春とのお別れ回が録画できていなかったので、Google Play ムービー& TV で視聴した。108円。
[ 12月18日全て ]

2016年12月19日 (月)

デイリーノートに直接 SNS 投稿下書きを書く

今はテキストファイルデイリーノート日記を書いているのですが、整理が追いつかずつい土日にまとめてになりがちです。

つい後回しにする理由の1つに「Google Keep にある投稿ドラフトのデイリーノートへの反映」があるので、これの改善のために投稿草稿は直接デイリーノートに書くことにしました。 Android デバイスだと Google Keep で書いた草稿をそのままインテントで SNS アプリに渡して投稿しているのですが、そこがコピー&ペーストする形になるのでちょっと手間ではあります。しかしトータルにはデイリーノートがたまらない方が良いかなと。

それからやはり夜に全部まとめてふりかえるのも大変なので、日中にも時間を見つけて一度書く習慣にしたいなと思ってます。

今日のさえずり

2016年12月19日

  • 21:43 RT @harakachi: 「議論」という言葉が強すぎるので、最近は「対話」とか「会話」を使ってますよ。
[ 12月19日全て ]

2016年12月20日 (火)

第9回 エッセンシャル スクラムを読む会

エッセンシャル スクラム: アジャイル開発に関わるすべての人のための完全攻略ガイド

社内で「エッセンシャル スクラム」を読みたい人が集まる勉強会9回目。今日は第9章 プロダクトオーナー。

自分がプロダクトオーナーをしていることもあり発表担当をしました。

受け入れ条件の定義と検証

受け入れ条件が満たされていることを確認することがプロダクトオーナーの主な責任の1つにあげられています。これはスプリントレビューで行うのかなと勘違いしていたのですが、プロダクトオーナーによる受け入れ条件の検証はスプリントレビューまで待たずにスプリント実施のときに行うとあり、ここは学びになりました。スプリントレビューでデモが許されているのは完成した機能だけとのことです。

ただ CSM によるとプロダクトオーナーが忙しくスプリントレビューのタイミングになっているところも多いらしいです。

誰がプロダクトオーナーになるべきか

ネットサービス開発は商用開発にあたるので「顧客の声を代弁する社員(プロダクトマネージャーなど)がなる」に相当しますね。

その他の役割と組み合わせ

プロダクトオーナーとスクラムマスターを兼任するのはよくないという点については、それぞれ違う行動指針で動くものだからと CSM がいっていました。確かに。

プロダクトオーナーとして余裕があれば複数チームを担当するのもありと本書には書かれています。私はいま3チームをみているのですが、スクラムのアクティビティにかかる時間的に3チームが限界ですね。2チームまでが適切な感触です。

プロダクトオーナーチーム

チーフプロダクトオーナーという役割が出てきますが、チーフプロダクトオーナーは直接開発チームを見ないようなのでそれってもはやプロダクトオーナーじゃないんじゃないかと思ったのですがどうなんでしょうか。

プロダクトオーナー? プロダクトマネージャー?

勉強会ではプロダクトオーナーとプロダクトマネージャーの違いについてディスカッション。個人的にはスクラムだとスクラムマスターという存在がいるので、プロダクトオーナーの方が少し楽なんじゃないかと思っています(スクラムではない体制におけるプロダクトマネージャーに比べて)。

勉強会参加者にプロダクトオーナーになりたい人はと聞いたところ、やりたい人・やりたくない人双方いました。 CSM は(決して軽視しているわけではないけれども)「プロダクト」よりも「プロセス」の方が面白いからプロダクトオーナーになりたいとは思わないとのことでした。なるほど。

今日のさえずり:

2016年12月20日

[ 12月20日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.054421s / load averages: 0.30, 0.30, 0.33
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker