nDiki : 2017年01月17日

2017年1月17日 (火)

第11回 エッセンシャル スクラムを読む会

エッセンシャル スクラム: アジャイル開発に関わるすべての人のための完全攻略ガイド

社内で「エッセンシャル スクラム」を読みたい人が集まる勉強会11回目。今日は第11章 開発チーム。

ここまでの章で様々な視点でスクラムの説明がされてきたので、開発チームの章は比較的おさらないな感じで読めました。

開発チームのスキル

開発チームは設計・開発・統合・テストなど必要な作業を全て行うので、必要なスキルをチームは全て備えている必要があります。

このために

マネージャーは、今いる人たちでT型スキルのチームを作るべきである。

マネージャーは、学習や実験の時間がうまく作れるように、チームメンバーを支援する必要がある。

と書かれています。他のメンバと互いに専門分野を教え合いながらできる仕事を増やしていくのがまずは近道でしょうか。ただこの方法だと浅く広く学習は進むと思うのですが、 T 型の縦の部分、専門分野の部分を深めていくのは(機能別のチームで学び合うのに比べて)難しくなるのではと感じました。

「専門分野については個人で学ぶ方法を獲得していて自力で学べるのでは」という意見が勉強会では出ました。

開発チームの構成

チーム構成の話では小さいチームの方が

としています。一方

  • チームのもつスキル
  • 議論の多様性
  • 学習

などを考えるとある程度の人数も必要でこのあたりのバランスが重要そうです。本章では

一般的には5〜9人のチームが最適とされている。

ビジネス価値を迅速に届けるスイートスポットは5〜7人のチームである。

と述べられていました。そういう意味では今の私のいるところのスクラムチームは人数がちょっと少なすぎるかなと感じました。

掛け持ち

掛け持ちに対する問題は承知しているものの、現実的にせざるを得ない場合が発生します。

複数のプロダクト(またはプロジェクト)や複数のチームに関わると生産性が低下する

3つ以上のプロジェクトの仕事を同時に行うのは経済的ではない

とありこれに従うとすると仕方なく兼務にするにしても2つまでにすべきということですね。そういった状況が発生するのは

多くの組織では、同時に開始するプロジェクトが多すぎる

ということで組織体制の工夫以前にプロジェクトの見直しをすべきなのでしょう。

チームの寿命

長寿のチームはできたてのグループよりも生産性が高い

については完全同意。今までもチーム殺しをしないように意識はしてきました。特にスクラムではチームとして見積もりやベロシティの履歴が蓄積されることで正確性が向上していくところがあるので、チームを維持していくことがより大切に感じられます。

スポンサード リンク
[ 1月17日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィの SNS の企画開発を行うグループでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。CS 向上・ユーザーサポート・健全化などにも取り組んでいます。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.051599s / load averages: 0.59, 0.51, 0.46
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker