nDiki : 2021年08月08日

2021年8月8日 (日)

東京2020オリンピック 17日目: 閉会式

東京2020オリンピック最終日。朝食後にテレビをつけ、 7:00 にスタートした男子マラソンで服部選手が73位でフィニッシュするのを見届けた。

昼食の時にテレビをつけたら今度はバスケットボール女子で日本がアメリカと決勝戦中。銀メダルを獲得。チャンネルを変えたらNHK2020ソング 「カイト」にのせた日別のダイジェストが流されていたので、それで会期後半を振り返った。

閉会式は 20:00 から。交響曲第9番が流れて年末ぽかったり、東京音頭が流れてお盆ぽかったりといろいろミックスな感じ。2024年パリオリンピックの引き継ぎでの映像は、歴史を感じさせるパリ市街・エッフェル塔そばの広場での賑やかなイベントの様子など魅力的な開催を予感させ素晴らしかった。

直前まで開催中止の声が多かったように感じられた今回のオリンピック。目にする情報から考えるに組織運営・意思決定・発表の仕方など多々問題はたしかにあったのだろう。

一方で完璧を求める声ばかりが大きくフォーカスされがちであったとも思う。ちょっとした声がソーシャルメディアやマスメディアで増幅される時代になったことや、新型コロナウイルス感染が続くなかで不安・不満が積もってきている世の中という背景がそうさせているのだろうか。

完璧を求める社会になると何もかもが停滞していき、巡り巡って全員が生きづらい社会になってしまう。完璧ではない人間が、他者にどれだけの完璧を求めるべきなのか。

批判のあり方について考える機会にもなった大会であった。

『響け! ユーフォニアム 3 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機』

響け! ユーフォニアム 3 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機

『響け! ユーフォニアム 3 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機』をついに読み終えた。期限切れで読みきれず何度か最初から読み直したりしていたのだが、今回ようやく最後まで読めた。

響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』『響け! ユーフォニアム 2 北宇治高校吹奏楽部のいちばん熱い夏』に続く3巻目で、テレビシリーズ第2期『響け!ユーフォニアム2』の第六回以降にあたる。

コンクール前の緊張感と高揚感は映像作品のそれとはまた違ったものがあり、文章作品もまたいいものだなと改めて感じた。音楽経験の乏しい自分の場合は映像作品を先に見ているからこそイメージできた部分も多いので、アニメ版からの原作の順番で良かったと思う。

次は『響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のヒミツの話』かな?

[ 読書ノート ]

今日のさえずり: たまらない高揚感に浸っている

  • 10:31 Seibu Hyakkaten #photography #トイデジ #デジタルハリネズミ https://t.co/m001RvLhA6
  • 14:37 解説動画で F2L の動きの意味を把握した。ずっと前に解説を読んだ時の記憶が戻ってきた。 コーナーとエッジのペアを見つけるのが劇的に遅いのをなんとかしたいところ。
  • 16:56 『響け! ユーフォニアム 3 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機』を読み終えた。たまらない高揚感に浸っている。
[ 8月8日全て ]

About

Process Time: 0.052545s / load averages: 0.54, 0.45, 0.42