nDiki : 2022年02月08日

2022年2月8日 (火)

Mkdocs Obsidian を試す

Obsidian Publishノートをインターネット公開しつつ、それとは別に組織内で「公開で作業する」というコンセプトでノートを公開したいと模索している。

Obsidian forum ではいろいろな方法が提案されている。今回は以前使ったことがある静的サイトジェネレータ MkDocs を使った静的サイト生成を試してみることにした。

インストール:

 pip3 install --upgrade pip
 pip3 install mkdocs
 pip3 install mkdocs-material
 pip3 install mkdocs-mermaid2-plugin
 pip3 install mkdocs-roamlinks-plugin
 pip3 install obs2mk
 pip3 install mkdocs-awesome-pages-plugin
 pip3 install git+git://github.com/Mara-Li/mkdocs-ezlinks-plugin
 pip3 install mdx_breakless_lists
 pip3 install git+git://github.com/Mara-Li/mkdocs-tooltipster-links-plugin#egg=mkdocs-tooltipster-links-plugin
 pip3 install mkdocs-embed-file-plugins
 pip3 install rich

次に雛形として Mkdocs Obsidian を取得する。

obs2mk コマンドを使うと Obsidian vault から MkDocs プロジェクトの docs を生成させられる。

 obs2mk --git

そこそこいい感じだけれど出来合いのだと痒いところに手が届かないと思った時にちょっと辛いかなというのが印象かな。開発が止まることもあり得るし頼らない方が良さそう。

濁点のあるノートタイトルは予想通りうまくリンクにならなかった(Unicode 正規化形式の違いのせい)。

Obsidian vault 内の一部のノートMkDocs で静的サイト化する」するのではなく「MkDocs で静的サイト化するノートObsidian vault 内に置いて一緒に編集する (それらの Markdown ファイルは Obsidian のリンク機能などは使わない)」がいい気がしてきた。

2022年03月27日 追記

Unicode 正規化形式の違いの問題は Obsidian vault を Cryptomator vault の中に置いたことによるもので、 Obsidian + MkDocs で使う上では問題無かった。

[ 組織内公開ワーキングノートサイト ] [ 公開で作業する ]

今日のさえずり: 「テンプりん。」まだ生きていたんだ

[ 2月8日全て ]

About

Process Time: 0.083189s / load averages: 0.62, 0.99, 0.78