nDiki

2022年3月22日 (火)

Logseq でワーキングノートを GitHub Pages にデプロイし公開する

公開で作業する」というコンセプトで Markdown で書いているノートを先月から MkDocs + GitHub Enterprise Server (以下 GHE) の GitHub Pages で公開してみている(記事)。

一昨日から使い始めたアウトライナー Logseq には graph (ページ群) を静的サイトとしてエクスポートする機能が標準でついている。思考中のメモを公開するのにうってつけそうだ。

MkDocs を使ったドキュメントベースの社内ノートサイトとは別に、アウトラインベースの社内ノートサイトを作ってみた。

手順1: ghp-import をインストール

MkDocs が GitHub Pages へのデプロイで使っている ghp-import をインストールする

 $ pip3 install ghp-import

MkDocs をインストールしていればすでに入っている。

手順2: GHE でリポジトリを作成

GHE 上で graph リポジトリを作成する。プライベートでも OK。

手順3: Git リポジトリをローカルに clone する

Git リポジトリを clone したあと、Logseq graph をエクスポートするディレクトリとして site/ を作っておく。

 $ git clone git@example.com:Naney/graph.git
 $ cd graph
 $ git config user.name 'WATANABE Yoshimasa'
 $ git config user.email naney@example.com
 $ mkdir site

手順4: Logseq で graph をエクスポートする

まずエクスポートするページ毎に [Make it public for publishing] しておくか、設定で [All pages public when publishing] をオンにしておく。

Logseq のメニューから [Export graph] を選び、 Export public pages を指定する。エクスポート先を選択するダイアログで前の手順で作成した site ディレクトリを選び、エクスポートする。

手順5: GitHub Pages にデプロイする

Git リポジトリディレクトリの中で以下を実行しデプロイする。

 $ ghp-import --push --force --no-jekyll site

[ 組織内公開ワーキングノートサイト ] [ 公開で作業する ]

[ 3月22日全て ]

About

Process Time: 0.052399s / load averages: 0.35, 0.34, 0.30