nDiki : アルミホイル

アルミホイル - alminum foil / alminium foil

2004年5月11日 (火)

慶應仲通り商店街お好み焼き屋が無くなっていた

久しぶりに田町慶應仲通り商店街を通ったら、レンガ敷きになっていてびっくり。 お店もだいぶ入れ替わっているな。

第一京浜側から商店街に入ってすぐ、左に曲がる角にあったお好み焼き屋(今川焼、たこ焼きなども売ってた)が無くなっていたのにはショック。 アルミホイルに包まれ、うずらか何かの卵が入っていたお好み焼き好きだったのになぁ。 最後にお店の前を行き来していた頃には携帯電話とか取り扱い始めたりして、たしかにちょっと雲行きが怪しそうではあったのだが。

どっかに姉妹店とかないのかな。

スポンサード リンク
[ 5月11日全て ]

2004年5月12日 (水)

DSC-U40IRフィルターを貼りつけ

http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-05-12-0001.jpg

昨日買ってきた粘着シートでDSC-U40IRフィルターを貼りつけてみた。 フラッシュをカバーするぐらいの大きさにIRフィルターをカットし、まずはそのまま貼りつけ。 この状態だとヒカル小町Diの反応が良くないので、フィルター部分の粘着シートをくりぬいてみた。

しかし、これでも天井バウンスをしようとヒカル小町Diを斜め上に向けてしまうと同調できない。フラッシュ光をセンサーが感知できていない感じ。 IRフィルターを外してもたいして変わらないから、そんなもんなのかな。

ということでこのままだと直射増灯にしか使えないので面白くない。

http://www.naney.org/img/2004/X/X2004-05-12-0001.jpg http://www.naney.org/img/2004/X/X2004-05-12-0002.jpg

ではとアルミホイルDSC-U40のフラッシュ光を天井方向に反射させるようにした。 これはなかなかGood。 上を向けたヒカル小町DiもきちんときちんとDSC-U40の発光を検知して、天井バウンス用に発光してくれる。

まぁDSC-U40の手軽に撮るというコンセプトから外れるのであまり意味はないかもしれないけれど、遊べるということで。

[ 5月12日全て ]

2006年6月4日 (日)

奥歯にアルミホイル

昨日昼過ぎに用事を終えたと合流して、アトレ恵比寿で食事をした。 久しぶりにつばめグリル。

つばめグリルといえば、やっぱり「つばめ風ハンブルグステーキ」。 アルミホイルにくるまっている奴。 ウマ。

ん? なんか右の奥歯に違和感が。 なんか、ジュワァーっていう感じ。

まさか。

と思ったが、どうにも取れずに食事終了。 洗面所で鏡を覗きこんだら右下の奥歯に、アレが貼りついてた。

あー気持ち悪い。

[ 6月4日全て ]

2007年7月25日 (水)

スーパーで売られている調理済みパックのウナギを美味しく食べる方法

スーパーで売られている調理済みパックのウナギ電子レンジで温めると硬くなりがち。 経験的には、特に中国産はゴムのように硬くなってしまう。

そんななか今日のためしてガッテンでは、「家庭でプロ級! うなぎ極ウマ調理術」と題して、上手な温め方が紹介されていた。

関東風のやわらかな感じに温める方法は以下とのこと。

  1. 熱湯で湯洗い (ひたひたになるくらいの量で)。
  2. キッチンペーパーで水気を取る。
  3. 酒小さじ2をふりかけて、油をひいたアルミホイルで包む(身が上)。
  4. 魚焼きグリルで3分。
  5. ホイルを開いてタレを塗り、ホイルを開いたままグリルで1分。

これなら手軽に試せそう。

今まで電子レンジで温めるだけだったので、ぜひ今度やってみよう。

しかし中国産ウナギから使用禁止の抗菌剤マラカイトグリーンの使用が見つかったり、ワシントン条約の締約会議でのヨーロッパウナギの国際取引規制決定、EU の稚魚漁獲制限、台湾の輸出禁止検討開始など、今後ウナギは安く食べられなくなりそうという話もあり、どうなることやら。


[ 料理 ] [ レシピ ]

[ 7月25日全て ]

2008年7月24日 (木)

スーパーで買ったウナギの温め方改良版

土用の丑の日ということでうちも夜は鰻。 前回の教訓を生かして手順を調整してみた。 スーパーで売られている調理済みパックのウナギを美味しく食べる方法をアレンジした手順は以下。

  1. 熱湯で湯洗い (ひたひたになるくらいの量で)。耐えられそうなら買ってきた時のパック容器でやってしまう。
  2. キッチンペーパーで「しっかりと」水気を取る。
  3. 酒小さじ2をふりかけて、油をひいたアルミホイルで包む(身が上)。油はきちんと塗りのばす。
  4. 魚焼きグリルで5分。
  5. ホイルを開いてタレを気持ち多めに塗り、ホイルを開いたままグリルで1分30秒。

前回よりしっかり味と脂がのった感じになった。 加熱時間はグリルの火加減と余熱具合によると思うが、うちではガッテン流より少し長めが良さそう。

今回吉だったのは、スーパーでタレ(タレと山椒がセットになったやつ)を2つ貰えたので、焼きの際に余裕をもって塗れたこと。 タレをきちんと塗って焼いた方がやはりいいようだ。


[ 料理 ] [ レシピ ]

[ 7月24日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.051306s / load averages: 1.06, 0.78, 0.69
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker