nDiki : インストール

インストール (install)

2019年2月8日 (金)

プレビュー付きテキストファイル一覧表示ができる Android ノートアプリ neutriNote

テキストファイルベースでノート管理をするのに Mac では UlyssesiA Writer を、 Android デバイス上では JotterPad を使っている。JotterPad は主にユビキタスキャプチャ用のフォルダを開いた状態にしているので、フリーノート用に使える Android アプリを別に欲しいところである。

しかしテキストエディタはいろいろ存在するのだけれど、ファイル一覧で中身をプレビュー表示できるものはほとんど無いんだよね。ノートアプリとして使うにはファイル名一覧では駄目で、中身がずらずらっと見られる必要があるのだ。例えば Google Keep の表示みたいに。

で、いろいろ探してみたところ以前から名前は知っていた neutriNote が、テキストファイルとしてデータを保存するタイプでしかも一覧表示でプレビュー表示で中身を横断的に見られそうなのでインストールしてみた。

image:/nDiki/2019/02/08/com.appmindlab.nano.png (play.google.com/store/apps/details?id=com.appmindlab.nano より)

名前なニュートリノからきているらしい。

特徴や使用感

  • Markdown に対応している。良い。
  • タイトル = ファイル名はいったんデフォルトで「New Note (n)」となる(テキストは設定で変更可能)。
  • プレビューは3行。ほとんどのアプリがファイルの先頭を表示するのに対して、末尾を表示するというのが特徴的。追記していくことを想定した UI かな。
  • フォルダ階層は提供しないポリシー。
  • ノートをシェアするとテキストにタイトルも含まれる(Twitter の下書きとして使うにはタイトルが含まれない方が嬉しい)。
  • ウィジェットでホーム画面にノートを表示できる(ただし neutriNote 以外で直接ファイルを削除する場合、ウィジェット表示しているとアプリが落ちるっぽい)。
  • (いい意味で)変態的カスタマイズができる。例えば ~neutrinote_shortcuts という設定ファイルに date|neutriNote$ date +%Y-%m-%d-%H%M%S と記述しておくと、ノート上の date という文字列を選択してテキスト展開ボタンを押すと書式指定した date コマンドを実行してその結果で置換してくれる。

同期

neutriNote はデバイス上に指定したローカルリポジトリ(フォルダ)にテキストファイルとしてデータを保存するので、DropboxGoogle ドライブで同期できる。

neutriNote にもオプションで「neutriNote Connector+」というアプリがあるのだけれど、 Dropbox のアプリフォルダ以下だけのアクセスタイプで作られているので自分の用途に合わなかった。

ので今回は以前から使っている FolderSync Pro で Dropbox と双方向同期させることにした。インスタント同期をオンにしておけば neutriNote で変更を加えたらすぐ Dropbox に同期させられる。Dropbox 側での変更を検知して同期することはできないので別途定期同期を設定しておくとともに、 Android デバイスのホーム画面に同期開始のショートカットを置いておいた。

ちなみに neutriNote ではファイル名が ~で始まるものは隠しファイルなので同期から除外。逆に Ulysses は .Ulysses で始まる隠しファイルを作るのでこれも同期対象から除外にした。

良さそげ!

テキストファイルベースのノート管理というスタイルに超ハマる Android アプリだ。 常用ノートアプリの仲間入り!

[ ノート・日記はテキストファイルに ]

スポンサード リンク
[ 2月8日全て ]

2019年2月16日 (土)

Android 版で残念な状態なので Day One Premium をやめる

Day One Premium 登録(年額2,800円)をキャンセルして次回自動更新しないようにした。

Day One 3 で Markdown 記法のテキストの扱いが不便になってしまった上に、 Android 版が5カ月経っても追従されずに iOS 版・Mac 版で作成したエントリが編集すらできないまま。対応全プラットフォーム間での無制限同期という Day One Premium の feature がずっときちんと提供されていない状況だ。もともと Android 版で Mac 版と同期するに Day One Premium を購入したのだけれどこれだと意味がない。

Day One Publish は保留

Day One Publish で公開している7エントリについては Day One Publish のサイトにログインすれば削除は可能なのでもう少し放置しておくことにした。

Mac で使っていた Day One Classic がそういえばインストールしたままになっていて Publish 済みのエントリのみ念のためそのまま残してあったので、データはそちらからサルベージしておいた。

[ サブスクリプションサービス ]

[ 2月16日全て ]

2019年2月18日 (月)

今日のさえずり: Better TweetDeck をインストールした。Tweet 時刻が絶対表示になるのメチャメチャありがたい。

2019年02月18日

[ 2月18日全て ]

2019年3月1日 (金)

一気に MacBook Pro リプレース作業をやり切った

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2014) から MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports) にリプレース。

今はデータをほぼ Google ドライブDropbox に置いているので、やるのは macOS の設定と Mac アプリケーションインストール & 設定がほとんど。今は自分でビルドしていれているものもほとんど無いので楽だ。

Mac アプリケーションは先に入れた方が捗るもの (Google ChromeGoogle 日本語入力DropboxGoogle ドライブや Karabiner-Eements・Alfred など)があるので、入れたい順序のグラフを Graphviz で書きながら進めていった。

プリンタと Chrome 拡張機能の個別設定以外は概ね移行完了。数日に分けてやる感じかなと思っていたけれど、夕方に仕事の気分切り替え的に始めたら一気にやってしまった。

Emacs まだ入れてないなー。

メモ: rumember のインストール

 $ cd ~/local
 $ git clone https://github.com/tpope/rumember.git
 $ GEM_HOME=$HOME/local/rumember gem install launchy

~/.rtm.yml は前のものをコピー。

[ 3月1日全て ]

2019年3月29日 (金)

新しい MacBook Pro にようやく Emacsインストール

3月1日にリプレースした MacBook Pro にようやく Emacsインストール

今回もありがたく @takaxp 氏の解説とパッチを利用させていただいた。感謝!

Autoconf と GnuTLS、 libxml2 が無かったので事前にインストール。個人的慣習として ~/local 以下に置いておくため --prefix=$HOME/local/emacs を configure で指定している。

 $ brew install autoconf
 $ brew install gnutls pkgconfig
 $ brew install libxml2
 $ export PKG_CONFIG_PATH="/usr/local/opt/libxml2/lib/pkgconfig"
 $ cd ~/tmp
 $ git clone git://git.sv.gnu.org/emacs.git
 $ curl -LO https://gist.githubusercontent.com/takaxp/3314a153f6d02d82ef1833638d338ecf/raw/156aaa50dc028ebb731521abaf423e751fd080de/emacs-25.2-inline.patch
 $ cd emacs
 $ git reset --hard 6217746dd6
 $ git checkout -b emacs-26
 $ git reset --hard 9ad0f1d15c
 $  patch -p1 < ../emacs-25.2-inline.patch
 $ ./autogen.sh
 $./configure CC=clang --prefix=$HOME/local/emacs --without-x --with-ns --with-modules
 $ make bootstrap -j1
 $ make install -j1
 $ cd ./nextstep
 $ open .
 # Emacs.app を /Applications に移動
[ 3月29日全て ]

2019年3月30日 (土)

今日のさえずり: 積極的に RICOH GR III動画撮影することはあまり無いと思うけど

2019年03月30日

[ 3月30日全て ]

2019年5月5日 (日)

今日のさえずり: 武者カーネルって鎌倉だけじゃないんだ

2019年05月05日

[ 5月5日全て ]

2019年6月9日 (日)

今日のさえずり: Alfred 4 for Macアップグレード

2019年06月09日

[ 6月9日全て ]

2019年6月15日 (土)

今日のさえずり: JapanTaxi アプリを初めてインストールしてみたけれど、 SMS 認証必須なのね

2019年06月15日

[ 6月15日全て ]

2019年6月19日 (水)

mermaid の CLImacOS 上で使えるようにする

6月上旬に使い始めた Markdown エディタ Typora で mermaid を使いダイアグラムを作成してみたらなかなか良かったので、 mermaid のデータから画像を単独で生成できるよう CLI を入れた。

インストールは以下。

 $ brew install yarn
 $ yarn add mermaid.cli

実行は以下のような感じ。

 ~/node_modules/.bin/mmdc -b transparent -w 1920 -i input.mmd -o output.png
[ 6月19日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.170641s / load averages: 1.22, 0.98, 0.95
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker