nDiki : オンラインコミュニティ

オンラインコミュニティ (online community)

インターネットなどのネットワークを上でのやりとりが中心のコミュニティのこと。

2018年8月8日 (水)

偏愛しているものについて話す機会を提供する #nNote

偏愛しているものについて話すのテンションが上がるもの。

偏愛していることを聞いてもらう場を提供する

偏愛していることを投稿しそれに対して「相手の偏愛を否定しない」ルールでコメントできるコミュニケーションスペースを提供する。

同じ偏愛をもつ人をみつけるきっかけにもなる。

同じ偏愛をもつもの同士で話せる場を提供する

関連

[ consideration ] [ オンラインコミュニティ ]

スポンサード リンク
[ 8月8日全て ]

2018年8月9日 (木)

ユーザーがオンラインコミュニティに求めるもの #nNote

コミュニケーションの場

  • コミュニケーション自体を楽しみたい。
    • 雑談したい。
    • 暇をつぶしたい。
  • 注目を浴びたい(何かを宣伝したいを含む)。
  • 役にたちたい。

情報収集の場

  • 自らは発信しないがいろいろ役立てたい。
    • 楽しみたい。
    • 暇をつぶしたい。
    • 情報を役立てたい。

帰属意識を得る場

  • 一員でいたい。

出会いの場

  • 同じ興味・関心を持つ人と知り合いたい。
  • 趣味・関心に関係なく人と知り合いたい。

連絡の場

  • 関係ある人に一斉に伝えたい。

[ consideration ] [ オンラインコミュニティ ]

[ 8月9日全て ]

2018年8月23日 (木)

オンラインコミュニティでの活動モデル #nNote

既存のオンラインコミュニティに入っていく時の流れ。

  1. コミュニティを見つける。
  2. コミュニティを知る。
  3. コミュニティに参加する。
  4. 話したい話題・話したいコミュニティメンバを探す。
  5. コミュニケーションする(投稿する・フィードバックをもらう)。
  6. 他のコミュニティメンバと知り合いになる。
  7. 知り合った関係を深める。

[ consideration ] [ オンラインコミュニティ ]

[ 8月23日全て ]

2018年8月24日 (金)

ソーシャル・テクノグラフィックスのはしご #nNote

グランズウェルでは「ソーシャル・テクノグラフィックスのはしご」(the Social Technographics Ladder)として消費者を6つのグループに分類した。

  • 創造者 (Creators): コンテンツを作り投稿する人(サイトや Blog 公開・動画や・楽曲の投稿など)
  • 批評者 (Critics): コンテンツに反応する人(コメント・レビューオンラインフォーラムで発言など)
  • 収集者 (Collectors): ソーシャルブックマーキング・タグ付け・投票をする人
  • 加入者 (Joiners): SNS プロフィールを更新している人
  • 観察者 (Spectators): 他者のコンテンツを利用する人
  • 不参加者 (Inactives): いずれの活動もしていない人

(グランズウェル〜ソーシャルテクノロジーによる企業戦略 pp.59 - 61)

その後改定され「会話者 (Conversationalists)」が追加された。

  • 創造者 (Creators):
  • 会話者 (Conversationalists): SNS でステータスを更新したり Twitter にポストしたりする人
  • 批評者 (Critics):
  • 収集者 (Collectors):
  • 加入者 (Joiners):
  • 観察者 (Spectators):
  • 不参加者 (Inactives):

[ オンラインコミュニティ ]

オンラインコミュニティでは他のユーザーの投稿から勝手にルールを解釈する

コミュニティメンバはトピックのルールによってよりも、直近の投稿を遡ってみて「このトピックはこういう投稿をする場なんだな」と解釈する傾向がある。

トピックに合わないコメントの削除(や非表示)をきちんとしているコミュニティは、趣旨にあった投稿がされるようになる。逆にトピックの趣旨と異なる投稿(例えば自己紹介や無関係なつぶやきなど)が残って散見されると、続く人たちもそういう投稿をする場なんだな(あるいはしていい場なんだな)と解釈する。

[ 8月24日全て ]

2018年8月28日 (火)

オンラインコミュニティで意識すること #nNote

常連メンバの割合

常連メンバ(古参メンバ)の割合が多いと新人メンバが入りづらく、コミュニティの衰退につながる。

サポーターを募る・育てる

オンラインコミュニティを作成する時に考えること

[ consideration ] [ オンラインコミュニティ ]

[ 8月28日全て ]

2018年8月29日 (水)

2018年08月29日(水)の #nNote

PROF

株式会社VAZが2016年3月27日に提供を開始したコミュニティアプリ。投稿した「なう」は3時間で消える(コメント・ハートにより延長される)。

2018年08月29日現在既にアプリの公開は終了している。

[ オンラインコミュニティ ]

[ 8月29日全て ]

About Me

Naney Naney

Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

About nDiki

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

#nNote タグがついている記事は他の記事に比べて、より断片的・未整理・不完全なちょっとしたノートです。まだ結論に至っていない考えなども含まれます。頻繁/大幅に更新したり削除したりすることがあります。

※本サイトの内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

Other Notes

ナレッジベースアプリケーション Obsidian で書いているノートの一部を notes.naney.org で 公開しています。

最近検索されている記事

月別インデックス
Process Time: 0.114143s / load averages: 0.07, 0.18, 0.22
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker