nDiki : オンライン

オンライン - online、on-line

  1. ネットワークにつながっている状態になっていること。

関連情報

2018年11月18日 (日)

ヨコハマハンドメイドマルシェ秋に nanohanamoon 初出店

image:/nDiki/2018/11/18/2018-11-11-113958-nDiki-1200x800.jpg

女の子の通園・通学グッズなど布小物を中心としたハンドメイドクリエイター nanohanamoonイベント初出店としてヨコハマハンドメイドマルシェ秋2日目の11月18日(日)に出店するにあたり、準備・荷物運び・ブース留守番などでお手伝いしてきた。

出店側として参加するのはやはり楽しいな。前職で東京ビッグサイトで商談イベントに出展していた時のことを思い出したよ。

ヨコハマハンドメイドマルシェ

image:/nDiki/2018/11/18/2018-11-18-100031-nDiki-1200x800.jpg

ハンドメイドのクリエイターが出店ブースで作品を展示・販売するイベントアクセサリーがとても多かった。来場者・出店者も女性が多い。女性をメインターゲットにしたイベントだ。来場者の年齢層は高めかな。

(時間のある時にちょこちょこブースを見て回ったけれど、男の自分が欲しいというのはあまりなかった。)

出店についてのふりかえり

image:/nDiki/2018/11/18/2018-11-18-104156-nDiki-1200x800.jpg

通園・通学グッズが欲しい人にターゲティングしたんだけれど、ひと目でわかるまではできてなかった。「入園・入学」と大きく看板を出しているブースがあって、あれぐらいはっきりと書いた方がいいなと感じた。

そもそもこのイベントだと通園・通学グッズを買いそうな人が多くなかった(もっと上の年代の人が多かった)ので見せ方を変えた方がもっと売れたかも。「コップ袋」ではなく「縦型巾着」とポップに書くとか。

それからこういうイベントでは「必要だから買う物」ではなく「欲しいから買う物」(で予算的・サイズ的に手を出しやすそうな物)の方が売れるんだろうなと。オンラインショップでは明確に欲しいものを検索/ブラウズで探すのだろうけど、マーケットではブースを眺めていって魅力を感じたら衝動的に買うという方が多いのではないかと。考えれば当たり前の話なのだろうけど、実際に出店してみて気がつくことも多いな。

ディスプレイについてはかもいフックのようなものでテーブルを挟んで陳列している人がいてなるほどと思った。テーブル前は低すぎてあまり見られはしないと思うけれどスペースの有効活用としてはいいのかも。

iPad で作品のイメージ映像を流しているブースがありおっと思った。アクセサリー系は見栄えするな。

ブースについてのふりかえり

イスはスツール2脚でちょうど良かった。ブースの奥行きがあまりないので、もし背もたれのあるイスにしていたら立ったり座ったりが困難だった。

Twitter での告知

image:/nDiki/2018/11/18/2018-11-18-144016-nDiki-1200x800.jpg

微力ながら宣伝しようかと自分の Twitter アカウントでクリエイター・ブース紹介 Tweet を何回かしてみた。ハンドメイドアカウントではなく、ターゲットとエンゲージメントがある訳ではないので、フォロワー向けというよりはハッシュタグつき Tweet で目にとまっていただければラッキーという程度で。

あたりで何度か Tweet してみた。クリエイターも来場者も Twitter より Instagram だと思うのでちょっと応援といった気持ちで。

ちなみに1日目の11月17日のハッシュタグ付き Tweet の動きは

  • 8:45 にいったん減る。
  • 9:30 ぐらいになると増えてくる。クリエイターの会場入り Tweet など。
  • 11:15 が Tweet 数ピーク。ブース準備が終わった 10:30 頃から増えていき、12:30 ぐらいまでは Tweet 数が多い。

という状況だったので、いったん落ち着く 12:45 以降に Tweet するのも良いのかなと考えていた。ただ、来場者は入場してしまえばブースを直接見て回ることに専念して Twitter検索して見たいところを探すということもあまりしないだろうから、ライバルが少なくても閲覧者も少ないから効果は少ないのではとも思える。開場前までに目にしてもらう方にフォーカスした方が良かったのかもしれない。

ちなみに当日、現場でスマートフォンで使ったツールは以下。

Twitterアナリティクスを見る限り、いつもの日曜日 + αあったかなーぐらい。やはりそれほどリーチしなかったかなー。

いろいろ考えて試すのが楽しかったので良しとする。

image:/nDiki/2018/11/18/2018-11-18-165953-nDiki-1200x800.jpg

image:/nDiki/2018/11/18/2018-11-24-000001-nanohanamoon.png

https://handmade-marche.jp/c/11408

スポンサード リンク
[ 11月18日全て ]

2019年1月17日 (木)

シュガー・ラッシュ:オンラインは続編だった【日記】

来週の月曜日にやることはまだ決めていないけど有給休暇とることにしている。最近映画館に行っていないので、人気らしい「シュガー・ラッシュ:オンライン」どうかなと思っていたのだけれど、コレ続編なのね。続編かー。

週末にシュガー・ラッシュを観ておくという手もあるんだけれど、そこまでしなくてもということになった。

[ 1月17日全て ]

2019年2月11日 (月)

PowerShot G9 X Mark II から Mac にクラウドシンクロ

image:/nDiki/2019/02/11/2019-02-11-121614-nDiki-1200x800.jpg

自宅にいる時にカメラで小物をさっと撮って Mac でささっと現像してソーシャルメディアに投稿したいことがある。そんな時はメモリーカードの抜き差しなどしたくない。

ソニーα6300DSC-RX0 は PlayMemories Home で Wi-Fi 転送できるのだけれど、ちょっとした撮影は PowerShot G9 X Mark II でしたいんだよね(α6300 はちょっと仰々しいしマクロレンズが無い、DSC-RX0 は 24mm で小物を撮るには向かない)。

しかし PowerShot G9 X Mark II は2年前に購入して以来ずっと転送ソフトウェアの CameraWindow DC 8 for Mac OS X が「10.11/10.12 では、Wi-Fi 接続不可」のままで、Wi-FiMac に転送できず SDHCメモリーカードカメラから抜いて Mac に挿して画像ファイルを移動するしかなかった。

クラウドシンクロ

CANON iMAGE GATEWAY 経由で Mac に転送するというクラウドシンクロを使うという手もあるのだけれど、プライベートな写真も含めて全部クラウド経由になるのは嫌だったので設定しないできた。ただソーシャルメディアに投稿する前提の写真しか無いときはまあ許容しても良いかなと。そう思って機能を見返したところ、同一ネットワーク上に転送先の Mac があり Image Transfer Utility が起動していればサーバを経由しないで直接転送されるとあるではないですか。

ということでクラウドシンクロを設定してみた。やってみたところ、実際サーバ経由をしないで転送できたよ。RAW 画像ファイルも転送される。やった。

設定についてのメモ

  • CANON iMAGE GATEWAY オンラインアルバム (Canon ID) 登録が必要。会員限定サービスサイトの CANON iMAGE GATEWAY とは別アカウントなのに同名なのが紛らわしい。
  • Image Transfer Utility では上記の Canon ID の方のメールアドレス・パスワードを入力する必要がある。

クラウドシンクロ時についてのメモ

  • 未転送の写真のみ転送される。Mac 側の転送先フォルダに写真があるかどうかは関係なく、過去転送したかどうかで判断されている。
  • 直接転送になる場合はカメラの画面に「パソコンへ直接送信」と表示される。
  • サーバ経由の場合はカメラの画面に「サーバー経由転送」と表示される。サーバ経由にしたくない時は即キャンセル。
  • 動画は転送されない。動画がある場合はクラウドシンクロ後にカメラ側で全消去をしてはいけない。

[ 2月11日全て ]

2019年5月2日 (木)

ゴールデンウィーク後半初日は銀座

ゴールデンウィーク10連休の6日目、後半1日目はユニクロ 銀座店にパーカを探しに行くため銀座へ行ってきた。

無印良品 銀座

image:/nDiki/2019/05/02/2019-05-02-114722-nDiki-800x1200.jpg

雨の銀座に着いたのは 11:00 前。ユニクロ 銀座店は 11:00 オープンなので、まずは4月4日にグランドオープンした「無印良品 銀座」へ初めて行ってみた。フロアごとにそれぞれのカテゴリの商品が並んでいるのは西武渋谷店モヴィーダ館の「無印良品 渋谷西武」に似ているかな。それほど広くない床面積の分、多くの階を占めるようにしている。広々として好きだった「無印良品 有楽町」は2018年12月2日で閉店。いろいろ契約がらみで移転せざるをえなかったのかな。

旗艦店だけあって品揃えは充実。以前から欲しいと思っていたタグツール・温湿度計 TGF-06 があったので思わず購入しちゃった。

ロイヤルホスト銀座インズ

無印良品をまわっていたら 11:30 をまわっていたので、ユニクロに行く前に昼食を済ませることに。3月21日に引換えたロイヤルグループ商品券があったので銀座インズにあるロイヤルホストへ。

席数が多いのか、すぐに席に案内された。外堀通りに面した窓際の奥の席で居心地が良くて大満足。2018年11月13日にオープンしたばかりで店内は綺麗。ホテルのレストランのような上質なデザインだし席も広めだしと普通のロイヤルホストとはちょっと違う印象だった。お値段もなんか高いなと思ったら、ハンバーグなどメイン料理は通常店より50円増し(税別)、お食事セットも割増しで銀座価格になっていた。なるほど。

銀座にきたのにファミリーレストランか」とならないファミリーレストランだったのでまた利用したい。

ユニクロ 銀座

近所のユニクロでは店舗在庫残りわずかとオンラインストアで表示されていたパーカを4月27日に見に行ったらすでに店舗にはなかった。ユニクロ 銀座店では在庫ありとなっていたので、銀座店だしさすがにあるだろうと思って今日行ってみたら何と昨日無くなったとのことだった。あちゃ。

ちなみに帰って夜にオンラインストアで再度確認してみたらまだ在庫ありになっていた。ユニクロ オンラインストアの店舗在庫確認はあまり役に立たないことが判明した。

希望していたのよりもう少し薄手のパーカが良い感じでそれを買うことができたので結果はオーライ。その他必要なものなども買い揃えた。

ロイヤルホストからユニクロに行く途中にテレビのインタビューに声をかけられるなどもあり、楽しい1日だった。

[ 5月2日全て ]

2020年2月16日 (日)

ドコモオンラインショップで家族の iPhone 11 購入

家族が新しく iPhone を使うことにしたので、新規(追加)契約手続きと端末購入を初めてドコモオンラインショップでやってみた。

購入したのは iPhone 11 128GB。音楽のオフライン再生を多用するかなと思って容量は 128GB で。

14:00 前から開始してもろもろ慎重に確認しながら入力して進めて注文完了したのが 14:50。思ったよりかかったというか、まあこれぐらいというか。店舗で不完全な説明を聞きながら流れで進めるより、落ち着いて契約できていいな。

[ 2月16日全て ]

2020年4月9日 (木)

在宅勤務中。家族は LINEオンラインワークショップ。

在宅勤務のために購入したポータブルモニタ、重宝してるけど MacBook Pro がワイヤードになり姿勢が固定されがちになるので、午前中はまず内蔵ディスプレイ1枚で仕事。午後から2画面にした。

LINE のビデオ通話でオンラインワークショップ

家族は講師の試みでハンドメイドのワークショップをオンラインで午後やっていた。数日前に Zoom の準備の相談をもらった時に、最近セキュリティ上の問題が話題になっているので他のも検討するといいかもと話をしておいた。そうしたら LINE のビデオ通話でやることにしたとのこと。

確認したら Mac 版の LINE でもビデオ通話ができたので、スマートフォンの過熱やバッテリを考慮してこちら側は MacBook Pro でやることになった。結果うまくいったみたい。

オンラインながら、おしゃべりも含めて時間を共有できて楽しかったみたいだ。外出自粛の中、人とのつながりを感じるという点でもオンラインワークショップもいいもののようだね。

[ COVID-19 ] [ WFH 2020 6回目 ]

[ 4月9日全て ]

2020年4月27日 (月)

第0回 PM Meetup by pmconf 〜リモートワーク時代のプロダクトマネジメント〜

image:/nDiki/2020/04/27/2020-04-27-000001-PM-Meetup.png

プロダクトマネージャーカンファレンス実行委員会主催で、プロダクトマネジメントをテーマにしたトークセッションイベントオンラインで開催されたので参加。今回は試験的な第0回目でテーマは「リモートワーク時代のプロダクトマネジメント」。

新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で急遽リモートワークを行うようになった人が多い状況ということもあり「リモートワーク時代のプロダクトマネジメント」という主題までは辿り着けず、リモートワークを始めて感じていることや工夫していること・使っているツールなどがまだまだ話題の中心という印象だった。

まずは組織・個人が新しい働き方に馴染みパフォーマンスが出るようになってから、その上でプロダクトマネジメントにフォーカスできるようになっていくのかなと。

オンラインでのディスカッションを進めるのに Miro (miro.com) が良いという声が多かった。今度触ってみたい。

cluster

今回はバーチャルイベントプラットフォーム cluster での開催。初 cluster。

あえて VR である必要も無いんじゃないかなと思っていたけれど、人けが感じられるという点やリアクションができるという点で参加している感が高まるし、登壇者も反応が感じられるしでこれはこれでアリかなと感じた。ネームプレート・フキダシ表示をオフにした方が見やすいけれど、そうするとデフォルトのアバター(ロボット)ばかりでただの群衆になっちゃうな。

アバターで登壇者の顔が見えないとノンバーバルな情報が希薄というのもちょっと感じた。まあラジオだと思えば問題ないか。

簡単な2択アンケートを出し、参加者を会場内で移動して2つに分かれてもらうというのを冒頭のアイスブレイクでしていたのはうまいなと思った。イベント開催慣れしていてさすが。

image:/nDiki/2020/04/27/2020-04-27-000002-PM-Meetup.png

Doorkeeper では 800人以上の参加申し込みがあったけれど、アバター数をみる限り結構少なめだった。オンライン + 無料なのでとりあえず申し込みの人がほとんどだったみたい。

システム的には MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports) でも結構重く感じた。ファンは回りっぱなしとして、 Web ブラウザで slido を開いて操作するのまでもっさり。もうちょっと軽いといいな。

[ COVID-19 ] [ WFH 2020 18回目 ]

[ 4月27日全て ]

2020年5月1日 (金)

Nintendo Switch 抽選販売当選!

4月中旬に欲しくなった Nintendo Switch がヨドバシ・ドット・コムの抽選販売で当選した!

2019年4月1日(月)〜2020年3月31日(火)の期間中にヨドバシ・ドット・コムにてご購入履歴のあるお客様、およびポイント共通化済みでヨドバシカメラ店舗にてご購入履歴のあるお客様

という転売目的の申し込み対策の抽選条件のお陰で、他の抽選販売より倍率が低めだったみたいだ。ヘビーユースしているお気に入りのヨドバシ・ドット・コムで当選して購入することができて良かった。

iPhone SE(第2世代)発表がきっかけで Nintendo Switch が欲しくなる

iPhone SE(第2世代)が発表されたのが4月16日。64GB モデルが44,800円(税別)と安価だったので、希望小売価格29,980円(税別)の Nintendo Switch と1万5千円ぐらいしか変わらないことに驚いた。 Nintendo Switch の値段を調べている中で、思った以上に品薄になっていて売り切れだったり転売価格になっていたりすることをこの時知ったのだった。

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が発出された4月7日(火)から1週間ちょっと経った頃。ゴールデンウィークに遊びに出掛けないことが確定しており、また状況的にゴールデンウィークが終わってもしばらくは外出自粛が続くだろうと感じていた頃で、家遊び充実のために今人気の Nintendo Switch が欲しくなってきてしまったのであった。

抽選販売獲得までの道

希望小売価格では販売しているところはどこも売り切れ。転売価格では買いたくないので、在庫復活のこまめなチェックと抽選販売申し込みでゲットを狙うしかない。どちらも他の一般消費者に加えて(bot も使っているだろう)転売狙いの人たちが多くいる中なのでなかなか狭き門である。

アクセス殺到でサーバがダウンしたりそのために販売/抽選延期せざるをえなかったりで販売者側も苦慮しているようだ。

運良くヨドバシ・ドット・コムで当選するまで頑張った道のりを記録として残しておこ。

イマココ。

[ COVID-19 ]

[ 5月1日全て ]

2020年5月2日 (土)

Zoom サインアップ

が明日 Zoom を使って開催されるお菓子作りのオンラインワークショップに参加するということで、準備がてら自分も一緒にミーティング用Zoomクライアントをインストール後サインアップして設定してみた。

4月上旬に妻が別のオンラインワークショップに参加した際には Zoom 以外も検討してはと話して結果 LINE のビデオ通話でやることになったのだけれど、今回は他の参加者もいて Zoom 指定。

セキュリティ上の問題が多く指摘されていることもあり、ちょっと注意して設定などをチェックした。過去指摘されていた点は Zoom もアップデートで機能変更したりデフォルトを変更したりして、気をつければクリティカルなやり取りをしなければ大丈夫そうかな。

Meet に無くて羨ましいと思っていたバーチャル背景機能は MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015) ではスペック不足で有効にできなかった。残念!

[ ビデオ会議 ]

[ 5月2日全て ]

2020年5月15日 (金)

今日のさえずり: 18:37 に「ご注文の確認」メールが来ていて「何だこれは!」と思ったら夕方に買ったKindle本のだった。買ったのもう忘却していた。

[ 5月15日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.070207s / load averages: 0.44, 0.71, 0.67
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker