nDiki : デザイン

デザイン (design)

2017年12月6日 (水)

来年の高橋書店の月曜始まり卓上カレンダー No.E152 を買ったけれども

rimage:/nDiki/2017/12/06/2017-12-06-081157-nDiki-1200x800.jpg

オフィスのデスクで使っているカレンダーを月曜日始まりにしてから1年近くになりました。 Google カレンダーその他よく使っているデジタルカレンダーはだいたい月曜始まりにしていたのでそれに合わせてです。

しかし実はなかなかこの月曜始まりの卓上カレンダーは慣れませんでした。壁掛け・卓上カレンダーはやはり日曜始まりに慣れきっているのでしょうね。年の半ば頃は「来年は日曜始まりに戻すか」と思っていたのですが、秋を過ぎてようやく慣れてきたのでもう1年使ってみるかと来年も月曜日始まりの同じカレンダーにしてみました。

で買ってからちょっと考えたのですが、もしかしたら馴染めなかったのは月曜始まりだからではなくて、「月〜水と木〜日で最上段が1段ずれているデザイン」のせいではないかと思えてきました。ぱっと見の配色とデザインはいい感じなんですが、実は左上の月見出しが邪魔なだけだったのかも。

もしかしたら同じ月曜始まり B6 卓上カレンダーだと日本能率協会の C248 NOLTYカレンダーの方がいいのではと思えてきました。うーん、高橋書店の買っちゃったしなあ。

[ 製品レポート ]

スポンサード リンク
[ 12月6日全て ]

2017年12月27日 (水)

初めて宛名職人で年賀状作成

年末年始休暇初日は年賀状作り。

プリンタを買い替えて MacBook Pro から印刷できるようになったものの、昨年はソフトウェアを変える余裕までは無かったので ThinkPad X200 + 筆まめでの年賀状作りでした。

今年は Mac 用に宛名職人を買ったので、ようやくまともなスペックのマシンで年賀状を作成できるようになりました。2009年購入の ThinkPad X200 では遅くて大変だったので快適になりました。

筆まめ Ver.8 (1997年10月4日発売)からずっと筆まめだったので多少は手間取るかなと思いましたが、懸念するほどではなくスムーズに。初心者でもわかりやすいと定評のある筆まめに比べてあっさりとしたインタフェースの宛名職人ですが、 Mac アプリケーションらしい構成でほぼ迷うことなく作業できました。収録デザイン写真を入れるときに画像を背面に置くのではなくマスクに入れるというのが最初わからなかったぐらい。

これで ThinkPad X200 も退役させられそうです。

[ 12月27日全て ]

2018年1月19日 (金)

今日のさえずり: 2016年4月19日に「サッポロ バリキング」というのが新発売されていたんだ

2018年01月19日

[ 1月19日全て ]

2018年2月8日 (木)

気高いトイデジ写真展に行ってきた【日記】

今日から原宿デザインフェスタギャラリーで、いおり気高いさんが部長のサークル「気高いトイデジ部」の写真展が始まったので、早めに仕事を切り上げて観に行ってきました。

小さめのプリントがペタペタ貼ってある感じがトイデジらしさと相まって、らしい雰囲気を醸し出していました。

[ 2月8日全て ]

2018年2月28日 (水)

GitHub Flavored Markdown ファイルの Web ブラウザでのプレビューに Grip を使う

Markdown で書いているノートを Web ブラウザで見るのに MkDocs を使う」とつぶやいたら @bsdhack 氏が Grip を紹介してくれました。

さっそく試してみました。

 $pip2 install grip

インストールしたら Markdown ファイルを指定して Grip を起動します。

 grip index.md

Grip が http://localhost:6419/ で Web サーバとして立ち上がるので Web ブラウザでアクセスすると index.md の HTML 変換されたものを見ることができます。なお

 grip -b index.md

とすれば起動と同時に Web ブラウザで開いてくれます。URL でパスを指定すればそのまま同じ/サブディレクトリにある Markdown ファイルもプレビューできるので、ハイパーリンク付けをしておくことでドキュメント群をブラウジングすることもできます。なるほどお手軽で便利。 GitHub 上とほぼ同様の見慣れたデザインになるのがいいですね。

そもそも Grip は「GitHub Readme Instant Preview」で GitHub 上での表示確認のためのツールで、 GitHub の REST API を使ってレンダリング結果を生成しているので当然といえば当然だったりはします。

ただそのかわり GitHub の API を使うので

と場合によっては不便な部分があります。なお後者については GitHub Enterprise があるなら Grip でそちらを指定するとう手もあります。

GitHub に push する前にチェックしたい時はもちろん、それ以外でさっと Web ブラウザで見てみたい時にも便利なツールですね。

[ 2月28日全て ]

2018年7月7日 (土)

E 50mm F1.8 OSS SEL50F18 購入

image:/nDiki/2018/07/07/2018-07-07-142309-nDiki-1200x800.jpg

α6300 (APS-C サイズ Eマウント)用に明るいレンズが欲しいなと検討した結果、お手頃価格で評判の良い E 50mm F1.8 OSS SEL50F18 を買うことにしました。昨日注文・到着して本日開梱です。NEX-5N / α6300 をもっていてどうして今まで買ってなかったんだろうなというぐらい、安いのに評判の良いレンズです。

シグマ 30mm F1.4 DC DN と迷いましたが、より望遠よりの SEL50F18 の方がレンズの明るさを活かした写真が撮れるかなという判断です。また SEL50F18 はどのみちまたいつか欲しくなって買っちゃうんだろうなというのもありました。

「将来フルサイズに移行する可能性を考えると」で同じく純正の 35mm フルサイズ用の FE50mm F1.8 SEL50F18F も検討してみましたが APS-C サイズで使う限りは SEL50F18 の方がずっと良さそう(描写・最短撮影距離・AF・外装など)なので、SEL50F18F は却下となりました。

SEL50F182012年3月9日発売。 NEX 時代のストレートな筒型のデザインα6300 より NEX-5N の方がしっくりきそう。α6300 にももちろんマッチします。フードをつけると結構な長さになるので、50mm にしては存在感があります(例えば Nikon F3/T + Ai Nikkor 50mm F1.4S に比べて)。

これでというメインラインナップになりました。写真を撮るのがますます楽しくなりそうです。

[ 7月7日全て ]

2018年7月22日 (日)

写ルンです プレミアムキットIIを衝動買い

image:/nDiki/2018/07/22/2018-07-22-140844-nDiki-1200x800.jpg

KLASSE W デザインの写ルンです専用カバー(シルバー)と写ルンです シンプルエースがセットになった「写ルンです プレミアムキットII」が数量限定で7月20日発売されました。ショルダーストラップまでついていて「おっ」となったので衝動買い。

昨年 GIZMON Utulens を買ってその写りを楽しんだりしていますが、写ルンです自体はずっとご無沙汰でした。これを機会にまた遊ぼうと思います。

[ 7月22日全て ]

2018年8月19日 (日)

帰省 2018 3日目

image:/nDiki/2018/08/19/2018-08-19-121150-nDiki-1200x800.jpg

花輪2日目。日中は道の駅おおゆとファッションセンターしまむら。夕方からはいよいよ花輪ばやし

道の駅おおゆ

image-half:/nDiki/2018/08/19/2018-08-19-140206-nDiki-800x1200.jpg image-half:/nDiki/2018/08/19/2018-08-19-121337-nDiki-800x1200.jpg

義父さんの案内・運転で道の駅おおゆへ。4月にオープンしたばかりで真新しい道の駅だ。建築設計は新国立競技場の建築デザインを担当した隅研吾氏。広々とした広場があり穏やかな気持ちになれた。

image:/nDiki/2018/08/19/2018-08-19-130323-nDiki-1200x800.jpg

お昼は30分ほどならんで八幡平ポークの生姜焼き丼を外のパラソル席で。直接日が当たるとちょっと暑いけれど日陰は心地いい。

足湯に浸かって心も体もあたたまった。

昨晩予想外に寒く今日・明日も寒そうなので、暖かいものを探しにファッションセンターしまむらに帰りに立ち寄り。同じ事を考えていたのか、帰省してきていた親戚とばったり。

夜店の下見

image-half:/nDiki/2018/08/19/2018-08-19-163148-nDiki-800x1200.jpg image-half:/nDiki/2018/08/19/2018-08-19-164940-nDiki-800x1200.jpg

帰ってアイスコーヒーを飲んでまったりしたあと、夜店が並び始めている中央通りに行ってどんなのが出ているのかちょっと下見散歩。結構な数の夜店が出ていてなかなかすごい。

食べたそうなものなどに目星をつけたあと、御旅所をお参り。

image:/nDiki/2018/08/19/2018-08-19-164646-nDiki-1200x800.jpg

そして花輪ばやし

人生ゲームで人遊びしたあと、夕食のオードブルをいただいたあと、御旅所詰パレード・夜店・駅前行事から戻る屋台・朝詰パレードと花輪ばやし1日目を満喫して 27:00 過ぎに就寝。

[ 8月19日全て ]

2018年9月12日 (水)

もとまちユニオンの10号帆布バッグが素敵

image:/nDiki/2018/09/12/2018-09-13-073620-nDiki-1200x800.jpg

横浜へ向かう電車の中、前に立った女性が覚えのあるデザインのキャンパス地のミニトートバッグをもっているのに気がついた。よく見てみるともとまちユニオンのロゴ。好みのデザイン! 仕事で MacBook Pro をもって本社・各サテライト間を移動する時に手頃なバッグが欲しいと思っていたところなのでこれはいいなと。

元町でもとまちユニオンに行ってみたら1Fに専用のコーナーがあって、電車内でみかけたミニトートバッグ(オリジナル布バッグミニ)を含め何種類かバッグが販売されていた。

縦型でキャンパス地のオリジナル布バッグが形も白いロープの持ち手もいいかなと最初思ったんだけれど残念ながら肩に掛けるには持ち手が短くてちょっと不便そう。

もう少し横長の布バッグショルダーはサイズ(33cm x 42cm x 18cm)は十分(ノート PC を運ぶにはむしろマチがありすぎるぐらい)、持ち手も長くて肩から掛けられたのでこちらにすることにした。10号帆布を使っていてしっかりしていて長く使えそう。

ノート PC 用じゃなくて普段使い用にしちゃうかもな。

[ 製品レポート ]

[ 9月12日全て ]

2018年10月1日 (月)

21年ぶりに復活したカッパバッジ

image:/nDiki/2018/10/01/2018-10-01-080430-nDiki-1200x800.jpg

都民の日まであと3日という9月28日になって、今年は21年ぶりにカッパバッジが復活して販売されていると知った。出遅れた! しかも小島功氏デザインのものも出てるなんて! 「かっぱ黄 かっぱっぱ」*1ですよ!

すでにイトーヨーカドーなど多くの店頭販売場所では販売終了していて、買いに行くにはちょっと時間がかかるなということで「博品館.net」で注文しちゃった。30日に到着。やったー。

  • Old meets New 東京150年事業 カッパバッジ マグネット仕様 2個セット

マグネット式になり大きく立派になっちゃって。

子供の時は小学校で注文を取りまとめてくれて受け取っていたんだよね。紙の箱に入ってきたんじゃないかな。3年前の日記にも書いたけど、手元に残っているカッパのバッジは1979年ので39年前小学1年生の時のもの。

小学生の時はさすがに上野動物園までは子供だけで行けなかったので、世界貿易センタービルの展望台に上るのに使ってた。展望台にいたおっちゃんだったかが5個セットを見せてくれて「凄い!」ってなったの覚えてる。

全然関係ないけど、世界貿易センタービルの展望台には昔ムーンクレスタがあった。全然関係ない。

image:/nDiki/2018/10/01/2018-10-01-080826-nDiki-1200x800.jpg

*1かっぱの歌<黄>作詞・作曲 田中正史

[ 10月1日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.097226s / load averages: 1.30, 1.44, 1.35
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker