nDiki : パブリックリレーションズ

パブリックリレーションズ (public relations, PR)

「PR」と「広報」を同義とする派としない派が存在する。

マーケティングにおけるパブリックリレーションズ

プロモーションの中の1領域。

digraph { graph [rankdir=LR]; node [shape = box]; Marketing -> Product; Marketing -> Price; Marketing -> Promotion; Marketing -> Place; PublicRelations [label = "Public Relations"]; SalesPromotion [label = "Sales Promotion"]; PersonalSelling [label = "Personal Selling"]; Promotion -> PublicRelations; Promotion -> Advertising; Promotion -> SalesPromotion; Promotion -> PersonalSelling; CustomerRelations [label = "Customer Relations"]; PublicRelations -> CustomerRelations; }

関連情報

2018年9月10日 (月)

和ラー【日記】

出勤したらオフィスの前の通りにも提灯が飾られていた。明々後日の9月13日から例大祭。提灯に名前を入れるのいくらぐらいかかるのかな。募集も数年に1度?

お昼は義兄お薦めの「サッポロ一番 和ラー 博多 鶏の水炊き風」を持参したので食べてみた。しっかり鍋っぽいし具もしっかりしているしで美味しかった。これならお昼ご飯としてでもいいね。

パブリックリレーションズについての「広報・PRの基本」読み終わり。初めて広報・PR 担当することになった人向けに基本的な心構えと必要な知識がまとまっていて参考になった。あとでまとめる。

スポンサード リンク
[ 9月10日全て ]

2018年9月17日 (月)

広報・PRの基本

広報・PRの基本

パブリックリレーションズについて学んだことが全くなかったので、基本的な考え方をまずは知っておきたいと思い「広報・PRの基本」を読んでみた。広報・PR の仕事に就くことになった人を想定してゼロから理解できるよう書かれているのが嬉しい。

記者からの問い合わせについて広報担当が業務中に割り込んできてちょっと面倒な事が起きたと思ってしまうこともあったのだけれど、

記者を顧客・社会の「代表者」として接することが肝要です。するとマスコミが味方になってくれましょう。

というのを読んで心を改めた。つい不利益な事を書かれるのではと身構えてしまうけど

メディアのお客様である「読者・視聴者」は、企業の「既存顧客か潜在顧客」なので「客様が共通」です。つまり両者は明らかに「協力かつ対等関係」にあるのです。

とある通り協力者だと思うべきなんだなと。

記事や情報に関して常に“私見”を述べる気概を持つことが大事です。この訓練を積んだ人とそうでない人との成長の差は歴然となります。

はグサッときた。みかけた記事をついそのままシェアしてしまうのだけれど、きちんと考えを添えないとなあと。

広報担当にならなくても広報・PR についての考え方が身につく読んで損のない1冊だった。

[ 読書ノート ]

[ 9月17日全て ]

About Me

Naney Naney

Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

About nDiki

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

#nNote タグがついている記事は他の記事に比べて、より断片的・未整理・不完全なちょっとしたノートです。まだ結論に至っていない考えなども含まれます。頻繁/大幅に更新したり削除したりすることがあります。

※本サイトの内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

Other Notes

ナレッジベースアプリケーション Obsidian で書いているノートの一部を notes.naney.org で 公開しています。

最近検索されている記事

月別インデックス
Process Time: 0.053146s / load averages: 0.52, 0.45, 0.47
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker