nDiki : フルハルター

フルハルター

ペン先研磨職人・森山信彦氏の万年筆専門店。使い手ひとりひとりの手に合わせて万年筆を調整して販売してくれる。3B以上の極太ペン先から調整していく森山モデルで有名。ペリカン(スーベレーンなど)やパイロットなどの万年筆の扱いがある。

店舗は東京都品川区の大井町駅近くにある。

公式サイトは以下。

関連サイト:

2005年12月11日 (日)

フルハルターで頼んでいたスーベレーンM400がついにできた

1カ月ほど前フルハルタースーベレーン M400 を注文。 1カ月待ちぐらいと言われていたBからFへの研ぎ出しが終わって、待ちに待った電話がかかってきた。

電話に出たのは

「フルハルタ?から」

注文した話はしていたのだが、店の名前まではそういえば言っていなかった。 森山氏の発音をそのまま復唱したとのことだが、それが「古ハル太」と聞こえて思わずにんまり。

で、駅前で用事を済ませてから帰りにフルハルターと立ち寄る。 今回は他のお客さんはいなかった。

私「日曜日は空いているんですか?」

森山氏「それは日によりますねぇ。こればかりはお客様次第なので。隣(のテナント)に『いつもお客が入ってますね』と言われるのですけれども、顔を見てますかと聞きたくなりますね。同じお客様が5時間ぐらいいたりしますから」

と森山節で。

出された紫のインクがつけられた M400 で軽く試し書きしてから、包んでいただく。

前回来た時に、他のお客が買っていった時に受けていた説明を受けたし細かい質問は特にせず。

保証・修理・調整については

との事。

家でインクを入れるときに、試し書きのインクは洗ってからじゃないといけないなと思ってその事を聞いたら「洗っておきましたから、そのままいれていただいて結構です」。

そか、それはそうか。

ということで、ニコニコしながら帰宅。

帰ってまずは、胴軸のネジ部分に残っていたカスをひとおり落として、CRYSTAL COAT #1 でコーティング。

インクを入れるのはコーティングが落ちついてからにするか。

[ 12月11日全て ]

2005年12月12日 (月)

スーベレーン M400 にインクを入れる

コーティングが落ちついてきたと思うので、インクを入れて早速試し書き。 紙をすべる感蝕が心地よい。

B から F へ研ぎ出されたペン先は、今常用している無印良品のアルミ丸軸万年筆とほぼ同じがちょっと太いぐらい。

フルハルターの森山氏がおっしゃっていた通り「まずはじっくり使って」みよう。

[ 12月12日全て ]

2005年12月31日 (土)

ステーショナリーに手を出した - 私的10大ニュース2005 [ misc ]

ステーショナリー

rimage:/nDiki/Flickr/72970135.jpg 今年は手書き・紙への回帰の年であった。

Gクラッセパイプファイル(2005年5月20日)からはじまって、ネタ帳用のRHODIAほぼ日手帳を予約した後は、万年筆に興味が。 無印良品 アルミ丸軸万年筆ミニ檸檬を経て、フルハルターで研ぎ出してもらったペリカン スーベレーン M400。 ほぼ日手帳が到着した後、今度は手帳方面で MOLESKINE年末はA3ホワイトボードでフィニッシュ。

花粉症

rimage:/nDiki/Flickr/8087535.jpg 超立体マスク売り切れ時にはかなり焦った。

さすがに今年は辛かった……ように覚えているがもうこの時期になるとその記憶もあやしくなってくる。来年は花粉の量は少ないと言うがさて。

リラックマ

たれぱんだに加えてリラックマブーム。

パワーヨーガ

夏にDVDを買って始めたパワーヨーガがなかなか良かった。 当初は継続してやっていたのだが、いつしかほとんどやらなくなってしまった。

いつも「やろう、やろう」とは思っているのだが。食後2時間と入浴後30分はしない方が良いという縛りがかなりネック。

パフォーマンス・マネジメントなどを使って来年もう一度習慣化したい。

ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba

ヨドバシカメラ秋葉原に9月に遂にオープン。 何だかんだいって、週2〜3日立ち寄ったりすることもある。 ヤバイ。

三色方式

三色ボールペン情報活用術を読んでから、試しに実践してみている。 後で書評をまとめる際にポイントをピックアップするのに便利。 書評以外でも、後で読み返す際に非常にいい感じだ。

雑誌プリントアウト資料以外の普通の書籍の場合、貧乏性のため定規で線を引くことにしているので時間と場所の制約が出てしまうが、そのぶん「家」で本を読む時間を作るようになった気もする。

三色方式的には、定規など使わないでさくさく線を引いた方がきっと良いのだろうが。

[ 12月31日全て ]

2011年4月16日 (土)

モンテグラッパ ネロウーノ

rimage:/nDiki/Flickr/5621744778.jpg

最後の出社日である昨日、デスクに着いたらイスにそっと書斎館のペーパーバッグが。 社長からの餞別であった。書斎館と言えばもちろん……万年筆

ありがとうございます!

いただいたのは モンテグラッパ ネロウーノ(Montegrappa NeroUno)。 8角形の軸がシャープ。 普段使っているスーベレーン M400 より長く重くずしりとくる。

スーベレーン M 400(フルハルターで B から F へ研ぎ出してもらったもの)と比べて、M のネロウーノはちょとだけ太めだけれど、インクフローが多めなこともあって同じインクでも濃い文字が書けるという印象。 書き心地もいい感じ。 長く使える一本になりそう。

使う度に社長のことを思い出しつつ、精進して頑張ります。

[ 4月16日全て ]

2011年6月4日 (土)

今日のさえずり: ジオングFacebook 検索かけたら1アカウント存在しててとてもビックリした

2011年06月04日

  • 12:21 如蘭会会報届いてた。如蘭会大会 2011 明日か。 http://bit.ly/kFpk5a
  • 18:05 RT @mushikabu: 大家さんからメールが届いたんだケド、Ccに住居者全員の携帯アドレスが含まれちゃってるよ。笑えんわ。
  • 19:07 36.8℃。
  • 21:29 昨日インク入れたけど、結局洗浄した。 RT @Naney: スーベレーン M400 しばらく使ってなかったらインクづまりが……。
  • 21:58 @tatsuo_ishii 私もカラーは緑縞です。フルハルターで B から F へ研ぎ出してもらったものだったりします。
  • 22:04 @tatsuo_ishii いえいえ、このスーベレーンと頂き物の1本だけです。そんなに手書きの機会が多いわけではないので多くてもきっと使い分けられないです。
  • 22:26 Android のロック解除パターン初めて設定してみた。ここにも秘密の質問が!
  • 22:50 ジオングFacebook 検索かけたら1アカウント存在しててとてもビックリした。タイピングとか速いのかな。
  • 23:01 37.2℃。
[ 6月4日全て ]

2011年11月5日 (土)

フルハルターペリカンの万年筆スーベレーン M400 を分解清掃してもらいました

rimage:/nDiki/Flickr/6314248225.jpg

フルハルターで B から F に研ぎ出してもらったスーベレーン M400。 2005年の冬から愛用していたんだけれど、今年の春夏ぐらいの間ペーパーレススタイルで仕事をしていたこともあって、気がついたらインクの出が悪くなりかすれるようになってしまった。 何度か水洗いしたけど直らないし下手にいじって書き味悪くしても嫌なので、フルハルターに診てもらいに行くことにした。

ドアを開けると先客は無く、機械の音が鳴り止んで森山氏が出てきた。 状態を話して M400 を渡すと、さらさらと紙に試し書きをしたあと奥へ入られ5分ぐらいで戻ってきた。

分解清掃をしてくれたとのこと。

「インクを入れたまま使わないでおいておくのは万年筆にとって最悪。インクの吸引はクリーニングもかねてます。長期間使わない時はインクを出して何度も水を吸ったり出したりしてから水を抜いてしまってください。」とのこと。 スミマセン、スミマセン、以後気をつけます。

家に帰ってインクを入れて、書くとあの心地よいペンの走りが戻っていてほっと安心。

中村社長からもらったモンテグラッパ ネロウーノ(書き心地が良く常用してます)とともに、大切に使ってきます。

P.S.

そういえば一応買った時にもらった Guarantee Card 持っていったけど、予想通り提示を求められることなかった(そして自分のノートを見返したらペンだけ持ってくればよいって自分でメモってた)。

今日のさえずり: 早く妖怪になりたーい

2011年11月05日

rimage:/nDiki/Flickr/6304428879.jpg

[ 11月5日全て ]

2013年12月20日 (金)

4C 互換リフィルでミニボールペンをジェットストリーム化

rimage:/nDiki/Flickr/11465958843.jpg

「ジェットストリーム プライム」が10月15日に新発売されていて、そのリフィルがなんといわゆる 4C 互換リフィルだということを最近知ってしまったのでロフトに行って入手してきた。

このなめらかな書き味を 4C 互換ボールペンで得られるのはいいね。黒色の締まりもよく気持ちいい。ジェットストリームは主にボディ的な印象で手を出さないでいたので、4C 互換リフィルが出たのは嬉しい。さっそくロットリングエスプリムーブに入れておいた。ここしばらくゼブラの 4C-0.4 を入れていたいたのだけれど、0.4mm ということもあって最近ちょとカリカリ細々に感じるようになってうーんと思っていたので、いい塩梅。RHODIA の濃い方眼線にも負けない。ミニボールペンでジェットストリームが使えるのは嬉しい。

ちなみにここ最近の気にいって使っているのはパイロットのクーペ(Coupe、BCP-1SR)。メタリックボディなかなかの高級感ながら税込み定価1,050円とリーズナブルだし、ノック式なので普段使いしやすい。替え芯は BRFN-10F という油性(アクロインキ)で 0.7mm。2011年9月に買って以来、メインはこのボールペンフルハルターで B から F へ研ぎ出してもらったスーベレーン M400。


[ 製品レポート ] [ 文房具 ]

[ 12月20日全て ]

2021年3月9日 (火)

万年筆用にペンシースを注文する

考えていることを書き出すのにはタイピングよりも手書きの方が良いというのがあり、そんな時にはスラスラと書ける万年筆を使いたい。

フルハルターで調整してもらったお気に入りスーベレーン M400 はオフィス用にしている。自宅にも万年筆が欲しいなと思ったが、やはり使い慣れたものを自宅でも使いたい。 GIORGIO FEDON 1919 ペンケースが壊れてから持ち歩かなくなったので、またペンケースを買おう。

帰りに東急ハンズ渋谷スクランブルスクエア店に寄ってみたが、イメージしているようなフラップペンケースは見当たらず。帰ってリーズナブルなパイロットのペンシースを注文してみた。

[ 3月9日全て ]

2021年3月17日 (水)

レビュー】気軽に使えるリーズナブルな パイロット トレンダーレザー 08 シース1本差

image:/nDiki/2021/03/17/2021-03-18-074108-nDiki-1200x800.jpg

フルハルターで調整してもらったお気に入りスーベレーン M400 を会社・自宅の両方で使えるようにと先週注文したパイロットのペンシースが届いた。

(スムース仕上げ)でさらさらな触感。内生地は合皮。第一印象は「軽い」。高級感はないがメーカー価格2,000円(税別)を考えると妥当な品質だ。この値段ならウエストバッグに他の荷物と一緒に放り込んでも惜しくない。定番デザインのフラップペンケースで、金属部品を使っておらず万年筆を傷つける心配が無いのもいい。

M400 を奥まで入れるとキャップの先が少し見える程度の丁度良いサイズ感だ。

image:/nDiki/2021/03/17/2021-03-18-074732-nDiki-1200x800.jpg

[ 製品レポート ]

[ 3月17日全て ]

2021年10月21日 (木)

スーベレーン M400 のキャップの天冠がちょっと剝がれかけているのに気づいた

スーベレーン M400 のキャップの天冠がちょっと剝がれかけているのに気づいた。2005年12月に手に入れてから、もうすぐ16年か。

フルハルターは公式サイトによると残念ながら2018年2月28日に大井町の店舗を閉鎖されており、我孫子のマンションが作業場だそう。新型コロナウイルス感染防止で今は来訪は受けられていないとあるし遠方でもあるので、直接お願いするのは今は無さそうだ。郵送で修理をお願いできるか確認するか、どこかの店舗経由でメーカー修理に出すかどちらかかなあ。

今日のさえずり: フルハルター大井町の店舗を閉鎖されていたのね。残念。

[ 10月21日全て ]

About

Process Time: 0.059352s / load averages: 0.19, 0.29, 0.33